スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の海・北の端(2)

北の海・北の端(1)の続き

ふららは、山に登るという趣味も持っている。

大自然の中にいると、心がリセットされていいのだ。

今回の旅は、登山をメインにしようかと当初考えていた。

前回、チャレンジする予定だったんだけど天気に恵まれず

あきらめた百 名 山の中の一つである山形県の月 山(が っ さ ん)。

連休とETCが1000円ということで、大渋滞が見込まれるので

いつものように、前日の夜から出発。

東名ほどではないが、やはり交通量は多い。

駐車場も混雑していたよ。深夜なのにね。

二人で交代しながら近くのサービスエリアに駐車し

2時間ほど仮眠した。

それから、1時間ほど車を走らせ登山口へ到着。

(家から420km)

この山は、百 名 山 のなかでも楽なコース。

楽と言っても、往復5時間だけどね w

まずは、リフトに。

もう、山形県は涼しい。

朝、一番なので空気が澄んで景色がとてもきれい。

遠くの山もきれいにみえる。

リフトの終着し、少し歩くとびっくり、

もう紅葉が始まっていたのだ。

ピヨと「キレイキレイ、紅葉最高」ってご機嫌に歩き始めた。

時間が過ぎると、雲が現れて、雲の上。

自分が仙人になった気分。

最後40分、急な登山道を登り到着。

ピヨと一緒に、また山を制覇することができた。

頂上の雲海から景色を眺め食事。

とても気持ちが良い。

頂上は紅葉してるだけあって、寒かったよ。

天気は最高で2人ともとてもご機嫌。

無事に下山。

そして、この場所から340km離れた

いつも使用している岩手県のリゾートホテルへ到着。

普通で、あればこれで1日目は終了するはず、

でもパワフルなふららとピヨは、これだけでは終わらない。



北の海・北の端(3) へ続く
スポンサーサイト

ヤバイヨヤバイヨ(2)

ヤバイヨヤバイヨ(1)

待ち合わせ場所に、ふらら達はちょっと遅れて到着。

そして、ゴルフショップへ向かった。

売場の中をぜんじーに簡単に案内するとあっという間に

商品を決めていった。

ぜんじーブログでも、いってたが本当に買い物が早い。

ふららだったら、何件も何件もハシゴして

そして次の日に購入するパターンだ。

イッチーにシューズにキャディバッグをプレゼントしていた。

ぜんじー、カッケー。

練習場で、新品のクラブをかまえるぜんじーは

とてもうれしそう。

そして、打つと真っ直ぐに遠くへ飛んでいった。

おぉーー、すごーーーい

それと同時に、ふららの頭の中は

「ヤバイヨヤバイヨ、あっというまに抜かされてしまう」

ぜんじーもイッチーもとてもセンスが良いのだ。

先輩風を吹かすことができるのは、あとわずか w

練習後、移動して居酒屋へ

前回は、ピヨがはじめての参加だったし、

2人の家から少し遠い場所かなと思い早めの解散となってしまった。

ピヨも、「もっと話したかったなぁ」なんて言っていたので

今回は、ゆっくり話し合えればと思っていた。

そんなわけで、今回はたくさん話し合うことができて本当に良かった。

たくさん笑って、楽しい時間を過ごすことができた。

そして、ふららの知らないピヨの話を聞いてビックリ。

それだけ、心を開いて話せてうれしかった。

2人の心からあふれる、ラブパワーが幸せな気分になったよ。

先輩風を吹かせれるように、ふららとピヨは、がんばるぞぉー。

(もともと、そんな先輩風をもってないが・・・)

とりあえず、サングラスしとこうっと。



みんなも、ゴルフはじめようよっ!!

ヤバイヨヤバイヨ(1)

深夜、ピグで遊んでいたらぜんじーとオンラインで

会話する機会があったんだ。

深夜だったので、ピヨはぐっすり寝ていた。

ぜんじーが、「ゴルフショップに行くんだ」なんて言ってた。

そうなんだと、思ってゴルフの会話を続けていたら

ふらら、いつものようにヒラメイタ

あっ、そうだ、ふらら達は、明日ゴルフの練習場に行くだけで

旅行に行く予定も何もなかったんだ。

と、いうことで深夜に、おせっかいなふららは、

比較的品揃えの良いお店でふらら特別割引もをできるかもしれないので

ぜんじーに声をかけてみた。

急に深夜に声をかけてしまったので、次の朝、イッチーと相談してもらうことに。

大丈夫だと思うが、ピヨにも確認しないとね。

ふららは、8時頃目が覚めて、ゴロゴロしていた。

しばらくすると、ピヨが起きたので

ふらら:「ぜんじーが明日ゴルフショップに行くみたいだから
     声をかけてみたよ」

ピヨ:「いいよ、初めてだと何が良いかわからないからね」

ふらら:「もし、ぜんじーに良いクラブが見つかったら練習場に行こうね」

でも、一緒に行くかどうかは、2人が起きてからだからね。

なんて話していた。

ピヨは、運動不足だから今日はゴルフをするんだってはりきっていた。

朝食を食べるとピヨは、元気にお出かけの用意をはじめた。

ピヨの勢いにのまれ、車に乗って練習場に向かう。

その途中、ぜんじーからメールが届いた。

ピヨとドライブ中話をしていると、少々話がかみ合わなかったが

あまり気にせず会話を続けた。

ふらら:「後、数時間で待ち合わせ時間だね」

ピヨ: 「・・・・?」

    「??? ふららは、明日って言ってたよね」

ふらら:「???」

    「明日??」

    「あしたぁ??」

    「ちがう、ちがう今日だよ。」

ピヨ: 「えぇーーーー」


どうやら、ふららは深夜に決めたので、本当は「今日」なのに

「明日」って言い間違いをしていたようだ。    

ピヨを驚かせてしまった。

ふららって、ちょいちょいこんな感じのことをしちゃうんだよね。



北の海・北の端(1)

ふららは、日付や時間の観念がない。

仕事になると別だが、基本だいたいで生きている。

そのため、今回のシルバーウィークをすっかり忘れていた。

そろそろだとは、思っていたが

こんなにも休みがあったとは。

10日前くらいに、karacomaちんと食事をしていたときに

「ふららは、連休どこかに行くの?」なんて聞かれて

全く予定を入れていないことに気がついた。

家に帰ってカレンダーをみると5連休もあった。

連休は遊びに行こうとはなんとなくは思っていた。

うっすら、そろそろ連休なんだろうなとは思っていたが

油断しすぎて10日前となっていた。

仕事が忙しくバタバタしていたので、2日間ほど

何も考えずに過ごしていた。

一応、ネットで宿を調べると空いてる場所は

やはりどこもなかった。

GWもギリギリで宿の予約を大変な思いを

したいというのに全く学習されていない。

いつもの場所をダメもとで予約。

やっほーーい。

なんとかオッケー。

そして、もう一つひらめいたのでネットで予約。

そんなわけで、ギリギリで決まった

3泊4日の旅のはじまり。



北の海・北の端(2) へ続く

くり・くり

昨日、旅から帰ってきたよ。

遊びすぎて疲れたぁー

楽しかったなぁ。

今日は、疲れたのでゴロゴロして

寝てばっかりいるよ。

のほほんな一日。

昨日、山道をドライブしていると

車を路肩にとめて、座り込んでいる人たちを何人か見た。

何してるんだろうとピヨと話していた。

何してるかやっとわかった。

みんな、栗拾いをしているのだ。

ドライブしていると道路にイガ栗が転がっていた。

車を停車させてイガ栗を見ると中身がなくなっていた。

他のイガ栗をみると栗が入っていた。

それを素手で持つとチクチクと痛い。

手袋を車に取りに行き、イガ栗の中身を棒を使ってこじ開ける。

そうすると、栗が入っていた。

ふららは、栗拾いは初めて。

宝探しをしてるみたいでとても楽しい。

また車を走らせるとイガ栗があった。

ピヨとふららは、ドライブというより栗を見つけるのに必死だ。

イガ栗を見つけると、二人はテンションがあがり

道路は宝の道へと景色は変わっていた。

何度も車をとめて、楽しい栗拾いをしていると

100個ほどの栗を集めることができた。

野生の栗なので、とても小さくて食べるのは大変だなぁ

なんて思ってはいたが、楽しいのでたくさん栗を拾った。

そんなわけで、昨日収穫した、お昼ごろピヨが栗を茹でてくれた。

ふららは、爆睡中だった。

目を覚ますとピヨが1/3ほど剥いていてくれた。

その栗をパクリと食べる。

おいしーーーい。

お店で売っているものよりも、とても小さくて甘さも少ないが

自分たちで拾ってきたので美味しさは倍である。

楽しい楽しい栗拾いだったなぁ。



村をドライブしていると、おいしそうな栗を見つけ
ピヨに「あっ、栗だぁ」というと、人の庭に植えている栗だった。
もう少しで、栗泥棒をするところでした。

愛されすぎ

ほんまに、ほんまに、ふらら愛されてる。

なんで、こんなにも愛されてるんだろう。

そう





























に ねっ。

もう、夏は終わったちゅーねん。

夜、テレビを見ながらリビングでうとうとして、

目を開けるとカユイ。

とても、カユイ。

だって、だって、手のひらを刺されてるんだもん。

これは、足の指よりもカユイ。

ふららは、本当に蚊に愛されています。

ちなみに、顔もかまれました。

でも、手のひらのほうが、もっとカユイので

顔は、まったく気にならない。



蚊に刺されたら、十字をピヨにしてもらうよ。
最近は、保冷材を患部にくっつけて冷やすという
高度な対処方法を発見しました

ベア君おめでとう

ふららの仲良しのベア君

急な披露宴で出席できななかったふらら。

披露宴会場は、銀座

沖縄の旅の羽田帰りに寄ろうと思ったが、

なんせ、格好はバンバンバカンス。

荷物もいっぱい。

さすがに、この格好では顔を出しにくい。

最初、会場にいける洋服も持っていこうと思ったが

ちょっと大荷物になってしまうのでやめた。

いったん、家に帰り、それなりの格好に。

久しぶりにピアスをするが入らない。

大急ぎで電車に乗り、会場へ向かう。

披露宴が終わり時間がかなり過ぎてしまった。

あぁーー、間に合わない。

ふららがお祝いを言いたいだけの勝手な行動。

でも、とりあえず駅に到着。

とてもテンションの高いピヨから電話。

「今、どこ?もう、終わっちゃたよ」

今行くから、チョッと待ってて。

ビルを間違えて、隣のビルへ入ってしまった。

いそいで、エレベーターを降りて隣のビルへ w

エレベーターが開くとみんなか待っててくれた。

みんな:「ふらちゃーーん、待ってたよ。
   
     ひさしぶりぃー、わぁーーー」

みんなオシャレな格好をしている。

まずは、主役のベア君に挨拶。

「おめでとう」 そして握手。

みんなで記念写真。

遅く到着したため、奥様は衣装のお着替えのためあえず。

ベア君は、時間が押してるのに待っててくれた。

おめでとうが言えて、本当に良かった。


ふららは、その会社の中では一番後輩なのに全員を待たせてしまい

申し訳ございません。

と、いってもみんな仲良しなので、お友達。

ベア君は、色々と用事があるので参加できなかったが

待っててくれた仲間達と一緒に飲みに出かけた。

今回の披露宴は、有名シェフの高級イタリアンでとてもおいしかったらしい。

この仲間は、お酒が大好き。

ふららがどうだった?と聞くと みんな料理の話ばかり w

とっても、とっても おいしかったらしい。

グルメなYちゃんが言うのだから間違いない。

料理がおいしから飲み物もススム。

シャンパン、白ワイン、赤ワインと

ピヨは全部で8杯飲んだらしい。

料理がおいしっかったから、もっと飲みたかったと

とても高いテンションでふららに話していた。

このテーブルだけは、披露宴ではなく

宴会となっていたらしい。

そんな仲間と二次会にバーに行こうと思ったが

馴染みのお店はほとんど、この不景気でどこかに消えてしまった。

探し歩いているとみんなで働いていた会社の近くへ。

結局、昔から行っている居酒屋へ到着。

ベア君のことや昔のことをなつかしながら、色々話した。

ふららの少し年上の女子の先輩は、ここ最近ずっと

イタリアにはまっている。

イタリアにはまっているというより、

イタリア男子にハマッテいる。

今では、少し話せる。

写真を見せてもらうと、びっくりするくらい

男前で、かわいくてキュート。

これは、ハマッテも仕方ないが彼は22歳 w

彼に会いに、年に2度イタリアに行っている。

普段はメールもしている。

恋する彼女は、若々しい。

面食いな彼女。

現実を見てと思う。

早く目を覚まして欲しいが、楽しそうなのでヨシとしよう。


沖縄のエンちゃんに電話をかけてみんなと話す。

こういうの、なんかいいね。

一緒に仕事をしてるときは、多少のぶつかりもあったけど

そんなことは、すべて忘れてなつかしい仲間。

銀座は、この先輩達と一緒に働いていた場所。

とても懐かしくなる。

色々社会人として勉強させてもらった。

今のふららの人生の半分以上が、ここで作られたと

言っても過言ではない。

ピヨと出会った場所でもある。

そう、大切な場所。

だから、大好きな場所。

ここに来ると、落ち着くんだ。



ベア君、おめでとう。
2次会は、ベア君の話で大盛り上がり。
噂されたくなかったら、一緒に参加しないとね w

おめでとう

ふららは、沖縄から帰ったその日の夜に予定があった。

飛行機は夕方に到着。

ふららがはじめて仕事したときの男の先輩の結婚式。

ベア先輩と、ふららは仲が良い。

1ヶ月前の飲み会の時に、披露宴を急にすると言われた。

入籍は、ずっと前にすませていて一緒に住んでいる。

ふららは、もう旅行の手配済みで変更は不可能。




ベア君とは、仕事の先輩だけではなく、アウトドア仲間でもある。

最初は仕事の先輩と後輩

渓流釣の師匠と弟子

春から夏にかけてピヨも一緒に釣りに行っていた。

ベア君は、事務所を構え社長になり、

人手が足りないということでふららは従業員

ふららは、他にしたいことがあり別の職場へ

そして、ふららは、スキルを身につけた。 

ベア君はパソコンが苦手。

ベア君の元で働く社員のパソコンもしたことないN君に

図面をパソコンで1人でできるように10日間、先生となっていた。

ふらら先生、天才(笑) 10日間で覚えてもらえた。

ベア君は、ピヨとはもっと長い付き合い。

沖縄のエンちゃんもベア君の部下として働いていたので知っている。

ふららの今の職場からも近いので、たまに2人で居酒屋に行く仲である。

仲良くしているが、ふららには恋愛感情は全くない。

兄弟というか、師匠と弟子というような仲かな。

ベア君が結婚していないのに一軒家を購入したというので

ピヨとバイクでベア君の家におじゃますることにした。

ベア君はお母さんと一緒に住んでいる。

(とてもお母さん思いのベア君)

夜ゴハンの食材を買いにベア君の車に乗ってショッピングモールへ。

ベア君は、お料理が好き。

外食するとその味を覚えて、気に入ったものがあると自分で作ってしまう。

ベア君の家で、ママとピヨも一緒に食事して楽しくすごした。

「泊まっていけば」なんて、ママに言われたが帰ることにした。

まぁ、そんな感じ。

後日、居酒屋で話を聞いているとベアママは、

ふららをベア君の彼女と思っていたらしい。

聞いてビックリである。

ベア君、彼女とずっと長い間付き合ってるのに一度もママと

会わせていなかったらしい。 

とても長い前置きであるが、ベア君との関係のお話し。



最近は、全然一緒にアウトドアしなくなって、飲み友達
(ふらら、飲めないけどね)

なんで、君はこんなところに・・・・

あ、そうそう。

みんなは、「花 畑 牧 場 の 生 キ ャ ラ メ ル」

食べたことはあるだろうか?

ふららは、今まで食べたことがなかった。

あえて、さがしもとめたりもしなかったし、

お土産に、頂くチャンスもなかった。

テレビや噂に聞くと、大行列で買うことができない言っていた。

だから、ムリなんだろうなって。

そしたら、とんでもないところで見つけてしまった。


沖縄のエンちゃんが気が付いた。

沖縄の那覇の空港。

えっ

なんで、ここに?

誰も並んでいない。

誰も買い求めない。

本物?

どうやら、本物らしい。

ふららは、いそいで購入。

そんなにいそがなくても、ライバルはいない。

お土産なのに、その場で開けて

エンちゃんにプレゼント。

「うわぁーおいしいぃ」

そう、キャラメルのクセにちょっと高価。

でも、おいしいのだ。

甘いものが大好きな、エンちゃんは大喜び。

ふららは、A&Wのハンバーガーと少し移動して

朝の9時から本店のブルーシールアイス

たっぷり食べてしまったのでおなかいっぱいになっていた。

(バーガーとアイス沖縄では有名だよ)

それでも、生キャラメルは、おいしいのだ。





北海道は、混んでるよ

みんなぁー、生キャラメルは沖縄でね。




地元で

誰にも気付かれないように密かに

ブログにふららにメールできるようにしてみた。

すると一通のメールが届いた。


はじめて参加したオフ会で、二人でカチンコチンになって

隣に座っていたのがカラコマちんだ。

その日のオフ会の帰り道、方向が一緒で乗り換えの

場所まで一緒に帰ったんだ。

比較的近そうな場所に住んでいるので、機会があれば

地元で一緒に食事でもしたいなぁと思っていた。

と、言ってもヘタレなふららは、誘う勇気もない。


そして数ヶ月がすぎた。



すると、数週間前にカラコマちんからメールが届いた。

「食事しませんか?」

おぉーーー、届いた。

うれしいけど、どうしよう。

前回、強烈な人見知りをしてしまった。

少人数なら大丈夫だと思うけどちょっと自信がない。

でも、大丈夫な気もする。

喜んでOKの返信をする。

と、いうことで昨日待ち合わせをした。

ふららは、残業もなく無事に待ち合わせ場所に到着。

そして、カラコマちんの登場。

ふららは、緊張せずに話せた。(あー、よかった)

そして、カラコマちんの彼女のひーたんが登場。

心の声:スタイルのエエ綺麗なお姉ちゃんがやってきたなぁ。


二人が食べたい物を決めていてくれたので、

ふららの知っているもんじゃ屋へGO!!

注文して、カンパーーーイ。

ふららが1枚目?の もんじゃを作ろうとはりきって

鉄板に具財を流すとあっというまに焦げた。

あれれ?

あぁーーー、油をひきわすれていた。エヘヘ

その後は、ひーたんに全部おまかせして美味しく食べた。

二人のことや家族のことやそのほか色々聞かせてもらったよ。

とても楽しい時間を過ごすことができたんだ。

すてきな二人に会えて良かった。

うれしかったな。

どうもありがとう。

また、一緒に食事しようね。



実は、うれしすぎてテンションが上がってしまい
沖縄のお土産のちんすこうを用意していたのに
渡し忘れてしまった。 
ごめんね。ふららのお菓子となってしまったよ。

急でごめんね

ふららは、3泊4日で沖縄に行っていたんだ。

シーカヤックにのったり、スノーケリングしたり、花火みたり

おいしいもの食べたり、遺跡をみたり、水族館にいったり、

ドライブしたりしてたよ。

ピヨと一緒じゃなかったんだけどね。



沖縄には、ふららがはじめて仕事したときの同期が住んでるんだ。

最近は、離島の方にばっかり行ってたので全然会ってなかった。

いつも離島に行ったときにエンちゃんは、どうしてるかななんて思ってた。

ふららは、ボケボケしてたのでエンちゃんが本島の沖縄に

住んでいたことを忘れていた。

1日目、観光して夕方くらいにエンちゃんが沖縄にいたことを

急に思い出した。

「今、おきなわワールドから移動して

ぜんざい(沖縄カキ氷)に食べに行くところ」

ふららのまったく勝手なメールを送ってみた。

行く前に何も連絡していないし、5年ぶりだったのでエンちゃんがどんな仕事を

しているのか、どんな状況かもわからない。

10分すぎても何も返信がなかった。

やっぱり、急じゃムリだなと思っていたところ。

「会いたかったなぁ」とメールが届いた。

急いで電話してみると、エンちゃんは、スポーツジムに

行っていて着替えた時にメールをみたらふららからでびっくりしたといいう。

目印がないので、カーナビで検索できる5分くらいのスーパーで待ち合わせ。

すると、なつかしい友がスーパーから出てきた。

「わーーーい」

5年会っていないのに、出会ってしまうと時間はあっというまに縮まり、

当時のときのまんま。

車、2台なのでとりあえず市内に住んでいる彼女の家に車を置き

レンタカーで一緒に国際通りにある居酒屋に行くことにした。

ふららが到着した日は、沖縄の旧盆だった。

東京に住んでいるふらら達は、8/13くらいからお休みだけど

沖縄の人達は、9/3がお休みなんだ。

同じ日本人なのに、休みが違うとは・・・。

何度も沖縄に行ってたけど知らなかった。

琉球王国なんだなぁって思う。

とても、みんなが伝統儀式を大切にしているんだ。

だから、神秘的でステキな島なんだろうね。




おしゃれな琉球居酒屋に入り、色々な話をした。

エンちゃんは、ここ数年は色々あって大変で不安定だったけど

今回はとても輝いていた。

ふららの一言でエンちゃんは、海外で生活するようになり

全く違う人生を歩くことになったという。

地方から出てきて、東京のど真ん中の中央区で生活し

中央区で仕事していた彼女が今は沖縄で生活している。

今の生活にとても満足しているって。

あーー、よかった。

ちなみにエンちゃんは独身。

ふららと同じ年というのに、今頃クラブにハマッテいる。

毎日、フワフワ生活しているふららにとって

久しぶりに刺激をうけた。

もっと、ハジケテもいいかなって。

3時間ほど居酒屋で語り合いとても楽しい時間を過ごした。

最終日の4日目も公設市場を一緒に散策して、空港まで

一緒に来てくれたんだ。

昼ご飯のタコライスを一緒に食べた。

ふらら、タコライス好きなんだ。

仕事の仲間って、普通、顔も見たくなかったり会いたくないと

いう人の方が多いと思うんだけど、このときに出会った職場の人達は

同好会のノリで今でも仲が良いんだよね。

毎年みんなに会ってるわけではないけど

そんな仲間がいるって最近とても大切だなぁって。



やっぱり、OKINAWAサイコー!!
ピヨ、今度は一緒に行こうね。

山に行こうと思ったが・・・のながれで

ピヨの登山靴を購入して自転車でちゃりちゃりと

家に向かう途中にお肉屋さんがあった。

昼食がお蕎麦で、小腹が空いてきたので寄り道。

おばちゃんにチキン、ポテト、メンチカツ、うずらを注文。

ふららは、揚げあがるのを待った。

ピヨは、ビールを買いに目の前の酒屋へ。

そして、ピヨの家へ。

「あーーー、いっぱいチャリチャリしてつかれたねぇ。」

「カンパーーイ」

揚げ立てのチキンやポテトは、ホクホクしてとてもおいしい。

2人とも大満足。

アツアツの揚げ物に満足したので、シャワーしてさっぱり。

ふららは、疲れたので夕寝。

ピヨも30分ほど夕寝。

2人とも、映画に備えて睡眠をとっていたのだ。

のんびりしていたら、レイトショーの時間が近づいてきた。

ふらら達がみたのは、2○世紀少年の最終章。

この漫画を読んでいないので、映画しか知らないんだけど良かったよ。

時代背景もいいよね。

この時代に生まれ育ったわけではないけど、なんかワクワクする。

昭和っていいね。

23時頃に映画は終わり、家に到着したら ふららはzzzz・・・

この日は 24時間テレビ。

ピヨは、イ ッ テ Q の イ モ ト がどうやら気に入ってるらしい。

いつもは、この24テレビには無関心なのに。

ほかのテレビを見ながらイ モ トのマラソンをチェック。


次の日10時頃に目覚めた。

イ モ トのマラソンをチェックをするが、待ち構えると全然中継されない。

昼近く、天気が悪いが選挙なので、2人で投票に行くことにした。

体を動かしたいので、ピヨに「ゴルフにいこうかねぇ?」なんて

話しかけたので、ピヨはゴルフをする服装に着替えた。

ふららは、部屋着のまま。

ふららがゴルフに行こうとさそったのにしっくりこなかった。

テレビの影響か、ウォーキングして散策したくなった。

ちょうどピヨも山の靴を購入して、履き慣れないといけないということで

ゴルフは変更して登山靴で地元散策。

まず、選挙会場に行って投票。

次は近所のショッピングモールに行ってちょっと用事。

手作りのおにぎりを購入してベンチで食べる。

2人とも平地を歩いているのに、山登りしている気分にになっている。

そして、とても遠い場所の目標にして再び歩き始めた。

大きな道路は、歩いていてもつまらないので路地を歩く。

この路地道を歩く散歩が楽しいのだ。

大きな家や、とても薄っぺらい細い家、古い家、ゴミ屋敷、一般の家。

2人で色々な想像をしながらおしゃべりして歩く。

子供達が元気に走り回る。

ふららの住んでるところは、下町風情がまだまだ、たくさん残っている。

なんか、ほっこりする。

1時間ほど歩いてたら、ちょっと2人とも疲れてきた。

天気も悪くなって、雨もパラパラ。

と、いうことで 車で通るときに気になっていた店に行くことにした。

なんと、昨日に引き続き お蕎麦屋さん。

ふららは、関西人のため 蕎麦よりうどんが好きなのだ。

でも、最近残業が続いて、料理もせずに外食やお弁当ばっかりで

食生活が乱れてしまい、あっさりしたものが食べたいらしい。

そんな理由で蕎麦屋さんへ。

ピヨは、ビールが飲めれば良いので店はどこでも良い(笑)

2人ともこのお店に到着したことで、山の頂上へ行って帰ってきた気分。

登山靴だけでそんな気分になってしまった。

昨日とは違い、大きな敷地でファミリー向けの作りになっているが

なかなかおいしかったので、次回からも利用しようっと。

帰りは、路地裏ではなく大きな道路を2人でテクテク歩いた。

途中にお寺があるので、2人でお参り。

お正月や行事のある日はいつもたくさんの人で混みあっているが

その日は、屋台もイベントも何もないのでとても静か。

静かな日の参拝もいいね。

ふららは、甘いものが好き、ピヨは甘いものは興味がない。

でも、旅行に行くと必ず、

「ねぇ、ソフトクリーム食べようよ。」とピヨから誘ってくる。

今回、2人ともハイキング気分なので、ショッピングモールに寄って

お茶のソフトクリームを仲良く食べた。

お茶屋さんのソフトだったので、風味があって美味しかったよ。

外食ばかりして、飽きたのでふららが料理することにした。

最初は、トマト味のパスタを作ろうと思ったがバジルの葉を

購入してしまいたくさん入っていて残っても使わないので変更。

バジルペンネと白身魚のアクアパッツァを作ってみた。

ピヨは、白ワインを飲んでおいしいおいしいと喜んでくれた。

喜んでもらうと うれしいね。

まぁ、こんな感じで地元でぶらぶらしてたんだ。

なんてことない、休日のことをダラダラと書いちゃいました。


カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ふらら

Author:ふらら
♀x♀
ふらら、ピヨのことが大好き
*・;・^;・:\(o^▽^o)/:・;^・;・*
ふらら :年下
ピヨ  :年上

Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
カテゴリ展開メニュー
  • はじめまして(5)
  • ふらら年表(1)
  • ピヨとの出会い(6)
  • 出会いそれから(5)
  • 家族(24)
  • 思い出してみよう(24)
  • 日常(272)
  • おでかけ(179)
  • 山(9)
  • ひとりごと(50)
  • リアルタイム(18)
  • この指とまれ(100)
  • 趣味の一覧表(0)
  • 未分類(2)
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター アクセス
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
メール追加してみました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。