スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 ハイキングでルルル♪(9)

たーみーのおかげで、みんなで再び合流することができた。

あーー、ほっとした。

滝を見て、ケーブルカー乗り場へ。

さすが、紅葉の時期だね。

たくさん、並んでる。

その間に、茶屋で購入して豆腐ソフトなんかを食べたりする。

臨時運行してるので、たくさんの人がいるが

少し待ったら順番がきた。

たーみーに預かってもらった、切符を渡してもらい

無事にギュウギュウ詰めの車両に乗る。

みんなと一緒だ。

なんだか、うれしい。

無事に下山できた。

やったー、反省しなくちゃいけないことはいっぱいある。

予定時間よりもかなり遅くなっちゃった。

みんな、やさしいので笑ってくれたが

今度から、こういことのないように改善しなくちゃ。

ふらら、反省です。

バスグループは、車グループの車に分乗して

街中へ移動。

ふららが行きに見つけたお好み焼き屋さんへ。

みんなで二次会だぁ!!

たくさんいるから、いろんな種類のお好み焼きや

もんじゃを食べれたね。

いつまでも、いつまでもみんなで話していたかったな。

本当にみんなありがとう。



みんなに助けてもらって、
この部活があるんだと思います。
これからも、よろしくね。

やっぱり、ふららが一番体力がなかったね。
エヘヘ 

たーみー、本当にありがと。
がんばってもらいすぎたみたいで、
次の日、体調崩してたよね。
元気になったかな?
スポンサーサイト

第2回 ハイキングでルルル♪(8)

ワープの直線道を見つけて得意げな気分。

あれれ、もう、先頭グループのことを追い越しちゃったかな?

みんないないなぁ。

なんて、いいながら登山道を歩いている。

5分ほど過ぎてもいない。

どうしていないのだろう??

不思議だなぁ。

ふららは、あまり気になっていなかった。

だって、下るだけだから何も問題はない。

たぶんワープした10分ほど過ぎたときに

エモリンが声をかけてきた。

「ねぇ、もしかしたら、みんなで待ち合わせの約束を

していた見晴台をショートカットしたんじゃない?」

ふらら「???」

あれれ? そうだっけ?

見晴台って、そんなに近かったかな?

???

ふ~ん。

じゃあ、電話かけてみよう。

電話に気付いてくれそうなコモタンに

電話をしてみた。

ふららは、2週間前に下見に来たときに見晴台から

メールしようと思ったら圏外だったのを思い出した。

ゲゲゲ。

やっぱり、圏外。

どうしよう。

結構、下山してきた。

うーーーーん。

困ったなぁ。

あんまり、体力が残っていないふらら。

あーーー、やっちまった。

見晴台から、少し下山した場所から携帯が

つながる事は知っていたので、もう少し待ったほうがいいかな。

うーーーん。

ふららは、どうしていいか、わからなかった。

困り果ててしまっていた。

そしたら、たーみーが

「私が見晴台に行ってくるよ」ニコッ

まだまだ、元気だよ。

もう少し、待ってみようよ。

「いいよ、行ってくる」

大きな荷物を置いていかないで、

みんながいるであろう、見晴台へ向かってくれた。

しばらくして、たーみーから電話が。

「みんなと出会ったよ」

ふららは、ほっとしたと同時に

みんなに心配と迷惑かけてしまったことが

本当に申し訳なくって、みんなと目をあわせるのが

できなかった。

下山してきたみんなには、

「みんなおそいよぉ~」なんて言っちゃっうのが

精一杯だったよ。

もちろん、みんなには謝ったけどね。

今回の スーパーMVP → たーみー

そして スーパーAPT → ふらら

AnPonTan(あんぽんたん)なふららなのでありました。

本当に、ごめんね。




↓こちらのブログは、見晴台で待ってた仲間のブログです
【BYレイ】消えた4 人のあそぼおばけ

第2回 ハイキングでルルル♪(7)

後は、ケガをしないように下山するだけ。

登りは、苦手なふららだが

下山は大好き。

一気に元気になって、おしゃべりがとまらない。

そういえば、登山中に一度も

ピヨが横にいなかった。

あれれ。

ずっと、別行動だったね。

まぁ、いいや。

登山のときはいつもお互い無口で

お互い自然と向き合ってで歩いているだけだから。

途中途中で、お互いの存在の確認をしながら

おのおので歩いているだけだからね。

今日は、たーみーが横にいてくれてる。

たーみーとふららは、

イクラちゃんやピヨからみてると

どうやら二人は似てるらしい。

だから、下山しながらドングリや木の実や

きれいな落ち葉を見つけては

「こんなにもきれいなもの見つけたよ」

なんて見せ合いっこしながらのんびり下山。

たみふらタイムが流れている。

なので、お互いここちの良い時間がながれてる。

この二人の目の前には、エモQが歩いている。

コモ、レイ、コム、ピヨの4人の先頭グループが

かなり先に歩き、途中で後方グループを待ってくれて

確認したら、前に進むっていうような感じだった。

後方の4人は、のんびりと歩いているもんだから

先頭グループがすぐに見当たらなくような感じになっていた。

そんなところに、ナイスなことが。

おっしゃ、逆転のチャンス!!

ふららは、みっけた。

秘密の裏技。

蛇行している道に一本の直線のワープの道が。

ちょうど、家族連れの人々がそのワープ道を登ってきている。

見晴らしもよくて、元の登山道も見えるので安心。

これで、みんなから遅れた時間も取り戻せる。

さすが、部長!!

いいこと、ひらめいた。

ふら、たみ、エモ、Qの4人でこの道を降りた。




やっぱり、部長ってすごーーーい。
ひゅーひゅー

第2回 ハイキングでルルル♪(6)

湯豆腐を楽しみながら

3台のバーナーはフル活動。

エモリン、たみお、ふららこの3人が

バーナーを持っている。

もうひとつ、道具の名前を知らないが固形燃料の

ファイヤーをQさんが用意してくれた。

普通、みんな持ってないよね。

こんな仲間が出来たのはうれしいな。

こういうことを楽しいって思える仲間。

最高だね。

お湯が沸いたら、みんなでカップラーメンなど

各々の大好きなものを持ってきたおにぎりと

一緒に食べる。

体が、ポカポカだ。

たーみーにいたっては、必殺料理人のため

みんなとは違う。

生麺のうどんと生卵を持ってきて調理しはじめたのだ。

さきほど、湯豆腐のときに提供してくれた薬味を

入れて満足そうに食べていた。

たぶん、この部活は山登り倶楽部ではなく

「頂上で、いったいどんな料理がつくれるか部」に

変更するのは時間の問題だ。

ここで、またまた、たーみーが柿がおいしいのでと

頂上で、柿を剥きはじめみんなにふるまってくれた。

とってもおいしかった。

たーみーのリュックは、石のように重かった。

だって、こんなにも色々と食材や器具を持ってきたんだもんね。

たーみーは、重くても平気なんだって。

たーみーは、すごいのだ。

最後は、コーヒーを飲んで、チョコレートを食べたりして

頂上とは思えない楽しいランチを過ごせたよ。



第2回 ハイキングでルルル♪(5)

みんなが、たのしみにしてた

ランチだ。

わーーい。わーーい。

頂上は寒い。

ふららは、寒い寒いといいながら3枚服を着込んだ。

今回の目的は、山に登るというよりは

「頂上で湯豆腐するぞ」と

副部長のエモリンと盛り上がっていた。

きっと、これがしたいがために

頑張って道具を運んできたのだ。

この湯豆腐は、エモリンのアイデアなんだ。

この○山は、豆腐が有名だから湯豆腐。

エモリンお勧めのポン酢も持ってきてくれた。

おいしい、お豆腐を早めに到着したふららが

湧き水で作ったおいしい豆腐屋さんで購入。

エモリンがお鍋に湧き水を沸かして湯豆腐。

頂上で湯豆腐なんて粋だね。(バカだね)

これに、彩を添えてくれるのが

必殺料理人のたーみー。

1.なんだかタッパに青ねぎのみじん切りを持ってきていた。

2.しょうがまるごとを持ってきて薬味をおろす
  (先週かっぱの橋で購入した薬味おろしスプーン)


これを頂上ではじめる。

3.無人販売のようなところでゆずを購入
  頂上で千切りしてた。
  
本人は、湯豆腐のためだけに持ってきていたわけではないが

こんなにもたくさんの食材を用意してくれたのだ。

だから、とても豪華な湯豆腐が食べれたのだ。

周囲の人々は、この子達何を始めるのだろうと

興味津々になって見てたよ。

そりゃ、頂上で湯豆腐食べてたら見るよね。w

とても、記憶に残るランチが食べれたよ。



第2回 ハイキングでルルル♪(4)

今回登る山は、「ファミリー登山」というわりに

平らな場所がなくちょっと大変。

だから、今回参加したいなと思った人も

一緒に登山できなかったのがとっても残念。

他の楽しい、イベントがひらめいたとき一緒に遊ぼうね。

いきなり、すごい階段コースが2連続。

自分と階段だけの世界。

周囲のことは見えなくなる。

階段をじっと見て、一つ一つ上がっていく。

そうすると、はぁはぁいいながら、登り終わる。

少しづつ登ると、必ず上に登れるのだ。

この後も、けっこう急な斜面で

みんなのことを各ポイントで様子を伺いながら登る。

急な斜面なので、体がポカポカしてきたので

Tシャツになったよ。

こんなにも寒いのにね。

最初は、先頭グループで歩いていたのだが

後半から、後ろグループで歩き始めた。

前々から、言ってるがふららはあんまり体力がない。

っていうか、根性がない。

のんびりと歩いていたら、なんだかみんなと離れ気味に

なっていた。

たーみーが一緒に歩いてくれてた。

急な道なので、みんなあんまりお話して登れないので

第一回目とは違って黙々と歩いてたよ。

みんな、立派なハイカーさ。

ふらら、部長のくせにだんだん苦しくなった登山中に

発した言葉は、「なんで、こんなに大変なのに山に登るんだろう」

あーー、言っちゃった言っちゃった。

そう、ふららはヘタレなので、すぐに泣きごとを言い始めるのだ。

たーみーに「そんなこといわないの」

なんて励ましてもらいながらだんだんと頂上が近づいてきた。

はぁはぁ。

なんとか、みんなに迎えてもらい頂上に到着。

(あれっ?君、部長だよね。)

わーーーーい。

頂上でみんなで記念撮影。

やったね。

じゃあ、みんなで頂上でランチだ。

第2回 ハイキングでルルル♪(3)

今回、みんなで登る山は

豆腐で有名な山。

参加者は8名

ふらら&ピヨ
エモリン&Qさん
コモレイ
たみお
こむすびさん

ふらピヨ号は集合の2時間前に駐車場到着。

登山口に近い民間の駐車場。

そして、車の中で休憩。

駐車場が少ないので、バス停で1つ

下ったところぐらいしかない。

今回は、イベント中なので、たぶん1~2km下った

臨時の駐車場になってたかもしれないからね。

仲間の駐車場もおじさんと交渉して確保。

(よっ、部長。ナイス判断!!)

早めに到着した、コモ、レイ、コムちゃんに

混雑する、ケーブルカーに並んでもらい

切符も先に購入してもらうようにお願いする。

(よっ、部長。ナイス判断!!)

時間通り、みんながやって来た。

う~ん、今日もいい感じ。

楽しい一日が始まる。

コモちゃんに、往復の切符を購入してもらったもの

配布してもらう。

どうもありがとう。

みんなで、並んでおしゃべり。

改札口に近づいた。

みんなが次から次へと入っていく。

さっき配布してもらった切符を

ポケットから取り出す。

取り出す。

とりだす

とりだそうとしたが

ポッケに指を入れるが

あちこちさがすが

どんなにさがしても

もうちょっとさがしても

???

ぎゃーーーー

ない

ない

なーーーーい。

往復切符がなーーーーい。

みんなは、改札の中。

ふららの後ろの人が次から次へと

改札の中。

たらーーーん。

毛穴がひらく。

ない

ないないない。

駅員さんがゲートをしめる。

うぎゃーーー。

ふらら、チケットを買いに走ろうとするが

改札よりずーーーと後ろの小屋。

あーーー、間に合わない。

もう、ケーブルカーが到着した。

今度は、リュックの中を探し始める。

入れたつもりはないが。

あった。

あったよ。

さっき、全員集合したから

携帯電話は必要ないと思い

リュックにしまったんだった。

そう、そのときに一緒に切符も。

駅員さん入れておくれ。

チケットがあったんだから。

先に中に入っている仲間も

交渉してくれたのだが、

改札の中に入れてはくれなかった。

そして、ピヨも先に行ってしまった。

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

みんな行っちゃった。

みんなが行くのはいいのだが、

ケーブルカーの通常運転の間隔は20分。

みんなを待たせてしまうことになる。

あーーー。

なんてこった。

部長のくせにぃーーーー。

ふららは、かなりショック。

あーーーー。



でもね。

でもね。

ふららの横で

たみおがいてくれたんだ。

大丈夫だよ。

大丈夫だよって。

たーみー、やさしいなぁ。

ありがと。


そして、ふららの切符を回収してくれて

ふららの切符係さんとなってくれたんだ。

いつもは、ピヨに切符は管理してもらってるんだけどね。

もう、数メートルで改札だったからね。

ふららが自分の切符を持ってしまったんだ。

通常20分間隔の運転も今回は臨時で8分間隔と

なっていたので、待たせた時間は少しだけ短縮できた。

みんな待たせてごめんね。



ふららって、ぼけーーっとして結構しっかりしてるよね。
と油断してたでしょ。
ふららって、本当にこんなことをやらかすのです。
とんでもないことをやらかすのです。
なので、ふららのことは信用しないようにね。
エヘッ

第2回 ハイキングでルルル♪(2)

ふららの部活はアウトドア

だから、部活があるときは週間天気予報と

いつもにらめっこ。

毎回、ドキドキである。

でも、基本なんとかなると思ってる。

根拠のない自信があるだよね。

前日まで天気予報は、とっても微妙だったがけど。

良い天気。やったね。

今回は、車で来る人、電車+バスで来る人とそれぞれ。

有名な行楽地でイベント期間は、駐車場を確保するのが難しい。

早すぎるのは承知で2時間前に到着。

それでも、登山開始口の公共の駐車場はもう満車。

でも、ふららは大丈夫。

ふらピヨは、もうこの場所に1ヶ月で3回目だ(笑)

もう、下見に2回も来ている。

1度目は、富士山の麓の下見の帰りの通り道なので

ちょうどいいやということで、この場所に来た。

そのときに、副部長のエモリンに3通目の写メール

を送信したんだった。

その2週間後、土曜日にMちゃんとちょっとした、

山というか丘というか場所をなんちゃってハイキングを

しようとしたら、運動不足なMちゃんはバテバテになってしまい。

予定のコースを変更して少し歩いて、お買い物に変更して

夜遅くまで飲んでいた。

ピヨが帰り道の車の中「なんか、不完全燃焼だね」

「山に行きたいな」っていうので、ふららも賛成。

じゃあ、下見を兼ねて今度みんなで登る山に

行こうってことになった。

これを決めたのは、土曜日の夜11:00の車内。

東京から2県離れた土地。

山って言ったら、早起き。

でも、大丈夫、ふらピヨは遊ぶっていったら全力だ。

朝6時に出発して、ケーブルカーに乗らず

全コース、歩いた。

結構、大変な山だからケーブルカーに乗ってハイキングだね。

なんて、部長らしい考えをした。

なんちゃって、部長なのである。



第2回 ハイキングでルルル♪(1)

ふららが部長だって。

そんな、ハイキング。

集まるのかなぁ?

集まった。

では、みんなで山登り。

ルルル♪

街で飲んで、集まるだけの仲間が

自然の中で集まった。

昔は、夜のネオンが好き。

だけど、最近は太陽の下で遊んでる。

そんな、仲間が集まった。

うれしいね。

みんな、本当は外で遊ぶの好きなんだよね。

だって、たのしいもんね。

みんな、遊びの達人になってきてるもん。

最高だね。

そんな仲間ができて、ふららはしあわせです。




スカイツリーチャリンコツアー(4)

次は、浅草散策。

まずは、仲見世を歩く。

休みの日は、活気があっていいよね。

毎週お祭りみたい。

みんなで、食べ歩き楽しいな。

本堂にお参りして、パンパン。

ディープな裏道を歩き、下町な感じを楽しむ。

顔ハメ看板があればみんなで顔をつっこみ

写真撮影。

本当にバカバカしくて楽しい。

なんて、ステキングな仲間なんだ。

カラコマちんは、残念だが体調が悪かったため

ここでお別れ。またね。

まずは、エモリンが行ったことのある

オヤジ飲みのお店に入る。

安くておいしかったね。

夕方から、ずっと2階でみんなでワイワイ

飲んでいるとまわりの客もいなくなり

お店の人も1階へ降りてしまって貸しきり状態。

楽しいので、店を移動してもう一軒。

今日はじめて会った仲間も、一日一緒に遊んでたら

とっても仲良しで意気投合。

たのしいね。

なんでも、楽しめる仲間って最高!!

楽しすぎて、時間を忘れて

みんなダッシュで終電へ向かう。

朝10時に集合し、24時頃解散。

14時間もみんなで遊んでたね。

あーー、楽しかった。

みんな、ふららのテキトーツアーに

つきあってくれてありがとう。



楽しいので、また「チャリンコツアー第二弾」やっちゃうよ。
みんな自転車乗れるように練習しててね。
また、チャリ隊で会おう!!

スカイツリーチャリンコツアー(3)

清兄が名づけてくれた

「東京ス○イツリーチャリンコツアー隊」

略してスカチャリ隊

いいね、これっ。

7名で商店街や道路をチャリチャリ走る。

ふららは、みんなにどうしても見てもらいたかった。

やっと見てもらえたんだ。

しかもチャリンコで。

ふららは、これだけで大満足。

みんなも子供になって一緒に楽しんでくれたんだ。

なんて、最高な仲間なんだ。

ガチャガチャして、みんなでピンバッチをくっつけたり。

ゆるキャラの「おしなり君」にも会ったり。

えもりん、おすすめの「お蕎麦屋」で食べたよ。

そして、ふたたびチャリンコに乗って「かっぱの橋」

飲食店を自分でやりたいと思えば、ここにくれば

なんでもそろう。

すんばらしい。

料理好きな人のテーマパークなのだ。

料理好きな人は、ぜひココに遊びに来てね。

欲しいものはなんでもそろうよ。

ここの場所で、目をキラキラさせていたのは

たみおとCCさん

この二人は、なんでも手作りできちゃうのだ。

だから、「ものづくり部」の部活を結成してもらおう。

ふららは、みんなと話していたので

ピヨのことはあんまり観察していなかった。

ほったらかしていた。

ピヨは、グラスを2つ購入したらスイッチが入ったみたい。

そしたら、いろんな便利グッズを次から次へと

購入しはじめて、いったい何点購入したのだろうか。

3袋いっぱいに買っていた。

きっと、変なものを購入したんだろなと思ったら

家に帰って料理をしてみたら役に立つものばかり。

ステキな便利グッズがそろったのだ。

たみおやCCさんは、欲しいものが見つかったみたいで

よかったよかった。


スカイツリーチャリンコツアー(2)

ふららは、みんなで自転車に乗って

とっても遊んでみたかったんだ。

車や電車じゃなくて、ちゃりんこ。

なんか、学生みたいでしょ。

みんなで、体を使って共有したかったんだ。

だって、そういことしてると

めっちゃ楽しいんだもん。

ふらら、かっこいいことはできないど

みんなでバカになって遊ぶことならできる。

くだらないことが、いちばん楽しいのだ。

大人になっても子供の遊びがどんなことより楽しいのだ。

そんな、「あそぼあそぼおばけ」につかまった仲間。

ふらら&ピヨ  
エモリン     
たみお      
清兄      
karacomaちん
CCさん

エモリンとCCさんとは
10時間ぶりに再び会う。



約1名完全に、「あそぼおばけ」に変身。
ふららの目標は「あそぼおばけ」を増殖させることなのです。

スカイツリーチャリンコツアー(1)

毎週、ふららはどんだけ

L友と遊んでいるんだろうか。

楽しくって、しょうがない。

では、「スカイツリーチャリンコツアー」というのを

募集してみんなでチャリチャリしてきました。

朝から夜までめいいっぱい遊んだよ。

でも、その前日に遠方から仲間がやってきた。

そう、CCさん。

ふららは、一年前の

「PPP(プリプリパーティ) Vol.3」

一緒に参加した仲間だ。

おもてなしの心を持ってるやさしいエモリンが

空港まで迎えに行ってお店を用意してくれたのだ。

そこに参加したのは、

エモリン
CCさん
ふらら
コモタン
レイ姫
ピヨ

各々、仕事があったので遅れて

この順番で合流。

いつの間にか、こんなにも仲良くなってしまった。

コモレイ、エモリンと初めて会ったのは

PPPVOL.3の去年の10月のこと。

そう、出会ってまだ1年しか過ぎてないのだ。

こんなに、仲良くなれるなんて想像もしてなかった。

そこに、ピヨも一緒に参加して楽しんでるなんてね。

終電近くまで、一緒に楽しんだよ。

いいね、仕事帰りに飲むっていうのは。

第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(3)

shin、がんばっちゃったよ。
shinちゃん、決まっちゃったらがんばる子
気ぃちっちゃいshinちゃんの食材
でかした、エモリン!!
出発前
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(1)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(2)

お蕎麦を食べた後、ハニー、アンモ、ティラの3人と

再び合流して参道をみんなで少し歩く。

ピヨが、「あんずおやき」をどこかで見たらしく

それを食べるというので探すのだが見つからず。

ピヨはその食べ物に強い思いはないので

通りにあった、栗あんソフトクリームを食べるというので購入。

ほのかな、栗の味がしてピヨもふららも大満足。

ピヨは、ピヨ号の置いてある酒蔵に行こうという。

ふららは、もうちょっと見たいので、

「もう少し見るーーーーぅ」とダダをこねておりました。

そんなやりとりをみんなは見ておりました。ハイ。

ちょっと散策して満足したので、酒蔵へ。

ふらら、飲めないけど酒蔵って好き。

雰囲気があってその歴史ある建造物の空間にいると

なんだか現代からトリップして異空間の中に入った感じ。

うぅ~ん、うまく表現できないがとりあえず大好きなんだ。

今回の酒蔵は、一部だけしか古い建物が残ってなかったけどね。

ピヨの大好きなお酒。

試飲すると運転できないので、飲まないでいたつもり。

ふららが、「試飲していいよ」っていうと

お店のお姉さんが進めるお酒を片っ端からついでもらい

ガンガン飲んでいた。

ピヨの隣にエモリンがいて、

「この人どんだけ飲むんだろう」と見ていたよね。

ふららは、庭がきれいなのでふらふらと歩いてのんびりしていた。

ピヨは、仕事でお金をおろす時間がないとはいえ

自分の財布の中には3,000円しかないのに、

お酒を2本、5,000円分買ってたよね。

ピヨって、その場の雰囲気に流されやすいからねぇ。w

その後「清酒工場コース」を見学。

shin(マメちゃん)がハニー、アンモ、ティラの3人を

車で迎えにきたので、ふららはマメちゃんの車に

誘導されながら酒屋へ。

清兄号も到着していた。

ピヨは、後部座席でぐっすり。

コテージの近くには酒屋がないので

みんないつも以上に大量購入。

お酒なくなっちゃうと困っちゃうからね。

それから、ピヨ号は、shin号と清兄号にはさんでもらって

コテージへレッツゴーー。

まだ、この頃はあんまり雨降ってなかったね。




1泊2日のおとなの仲間入り(7)

2日目は、朝9時にshinがやってきたときからはじまり

終了は夕方の6:00頃。

みんなで、9時間くつろぎながらBBQして

飲んだり食べたりゲームしたり寝たりしてすごした。

BBQのことは、エモリンが書いてくれるので省略。

ふららは、この日ずっとパジャマジャージで過ごした。

ゆるゆるな一日だ。

ゆるゆるぅううう。

本当にたのしかったな。

台風で予定がいろいろ変更になって

結果最高な贅沢な時間を過ごすことができた。

ピヨなんて、ビル街から深夜に山の宿に到着して真っ暗で

どんな建物かもわからず荷物を持って部屋に入り。

みんなで宴会し。

朝方近くまで、飲み明かし先に布団に入ったふららの横に

真っ暗な部屋をハイハイしながら寝室に到着し。

いったいどんな部屋かもわからず布団をかぶり寝て

目が覚めれば、長野からshinが来てて。

BBQがはじまり、巨大スクリーンで映画をみて

またうたた寝。

富士山の麓に来たがずっと部屋の中でのんだくれ。

車の中で、ピヨが言ったこと

「いったいどこにいたのか自分でも、よくわからない」(笑)

夜に到着して、部屋にずっといて、また夜に出発したからね。

ピヨは、とっても楽しかったんだって。

そんなことを昨日も言ってた。

エモリン&Qさん
本当に楽しい時間をありがと。
ずっと、二人にはおいしい料理を作ってもらって。
ピヨが幸せそうなのでふららも幸せでした。

コモタン&レイ姫
おそろい風な山の格好がステキング。
この二人が一番体力がありました。
かっこいいーーー

shin
ふららのヒラメキは、おそすぎた。
次回は、午前中にヒラメクようにするね。
ちがうか(笑)
東京と長野って、だんだん近く感じてるのは
ふららだけなのかなぁ。



みんな遊んでくれてありがと。
また、あそぼあそぼ。

1泊2日のおとなの仲間入り(6)

早めに目が覚めたが、みんなが寝てるので

布団の中でごろごろしていた。

ごろごろして、しばらくするとゲストが近くに到着。

エモQが車で迎えに行った。

ふららは、ぼけーっとしながらリビングで座っていた。

ピヨは、寝ていた。

しばらくすると、大道具を持ってやってきた。

やっぱり、shinは来ると思ったよ。

shin、レイ姫とQさんに会いたかったでしょ。

だから、shinの願いを叶えてあげたんだよ。

shinは、ラッキーやね。

キャハハ。

ハニーごめんね。

次回は、余裕を持ってお誘いするね。

shinは、「あそぼおばけ」につかまちゃったのね。

shinってゲストなのに、働き者なんだよね。

そんなにがんばらなくていいのに。

ふららの「だらけ虫」を半分あげたいよ。

ふららは、BBQがうまいうまい、

shinの肉がうまいうまいと白飯を4杯食べてた。

ピヨといえば、しばらくして起きてきてみんなと

おしゃべりしたあとは、映画鑑賞。

ピヨが一番好きな環境。

巨大スクリーーンで「グラ○・ブルー」を見る。

ワインを飲んで、とても幸せそうな顔をしている。

ふららが「あそぼあそぼおばけ」だったら

レイ姫は、「クイズ&ゲームおばけ」なのだ。

このおばけ出現のおかげで、ずっと楽しかったね。

このおばけのエネルギーは赤ワイン。

みんなが、目が三角になってねむたくなっているのに

ゲームをはじめる。

とっても元気なのだ。

みんなとてもゆったりとした時間を過ごし、

ゲームしてる横で寝たり、映画みたり自然体。

ふららは、無理しないで穏やかにいる時間が好き。

こういう時間が一番贅沢だなぁって思う。




思い出しては、ニヤケテいるふららなのです。

1泊2日のおとなの仲間入り(5)

宿泊地にもどるとほんの少し、富士山が見えた。

ふららは一番風呂!!

冷えた体が温まる。

天気がよければ、富士見風呂も可能らしいよ。

エモQは、鍋の用意や色々してくれる。

ふららは、何してたんだろう。

たぶん、リビングで転がってた。

レイ姫のストレッチ教室を受けてた。

しばらくして、仮装して

みんなでカンパーーーイ!!

山に登って、その後乾杯ってなんて最高なんだ。

家に帰らなくっていい。

楽しいなぁ。

食べ物は、エモリンが書いてくれるので省略。

どれもこれもおいしかったな。

全部、用意してくれてありがと。

まぁ、ずーーーと笑いっぱなしで

たまに、ムズカシイお話したり

とっても楽しかったなぁ。

時計の針が日付を超えた頃ピヨが到着。

みんなとってもハイテンション。

赤ワインも2本あっというまになくなり、

ピヨが3本追加で購入して持ってきた(笑)

エモQ寒いのに、ピヨが到着すると駐車場にお出迎え。

そして、部屋に入るとレイ姫がピヨに抱きついてお出迎え。

ピヨ、大変な思いをしてきて良かったね。

無事に到着して、本当によかった。

ピヨも、このお宿に驚いて興奮してたね。

再び乾杯して、ピヨは宴会にそなえてお風呂に。

ふららは、もう一度ピヨと一緒にお風呂に。

これから、飲むぞぉとなったピヨは強い。

お仕事15時間してきたのも関係ない、

明日はお休み、しかもお泊り。

そして、ステキな仲間と一緒だ。

最高なのだ。

エモQは、ピヨのために料理の用意をしてくれる。

ピヨはとっても幸せそうだ。

みんなとおしゃべりって楽しいね。

楽しいからAM4:00に寝ちゃったよ。

目を覚めてもも、みんなでわーーいわーーい。




1泊2日のおとなの仲間入り(4)

運転手は、エモリン。

とんがり帽子をかぶったふららは、助手席。

Qさんは、後部座席に。

なんだか、おかしい席順だけど出発!!(笑)

(Qさんが、色々と用意があったので)


SAで、ふららは粒あんドーナツをほうばる。

※ふららは、こしあんより粒あんが大好きです。

みんな安心して、SAの後はふらら後部座席にいたよ。

道路は順調。

大きなスーパーで食材の購入。

ふららは、カートを押して一緒にくっついて歩いているだけ。

エモQは、食材を見ながら、材料をそろえていく。

ふららのお仕事は、ピヨのお酒を用意するだけ。

たくさんの材料を車に運ぶ。

エモリンは、山頂で食べるためのおにぎりを作ってくれた。

エモリン、ありがとう。

でも、ふららは12:00という時計を見ると

昼食を食べなければという脳が働く。

ふららは、登山の前にパクっと食べちゃった。

おいしかった。

早起きしたコモレイと合流。

コモレイは色々と観光してたよ。さすがぁ。

エモQの常宿に到着すると、レイ姫とふららは

リビングのすばらしさに、踊る踊る。

ワーーイワーーイ!!

二人で、テンションあがってジャンプジャンプ。

たくさんの食材を、冷蔵庫に詰め込んで

時間がないので山へ出発!!

ふららの中では、

第1.8回 ハイキングでルルル♪

第1回目より、みんなの服装や心意気が

ハイカーになっていたのがなんだかうれしい。

なんちゃって部長のふらら。

ピヨもみんなと登りたかったね。

ふららは、ごきげんなので、ハローウィンの三角帽子を

かぶって頂上へ向かう。

(みなさん、安心してください誰一人、
 登山人にはすれ違わなかったよ)

今回幹事のエモリンは、とってもはりきってた。

山頂で、カップラーメンを食べるんだと。

その為に、バーナーも購入。

気合入ってるなぁ。

ふららは、持っていたので家からバーナーから持参。

レイ姫は、重たいのに温めた湯をポットに入れて

ほとんどみんなのお湯を頂上まで運んでくれた。

なんせ、一番体力があるからね。

姫、ありがと。

山頂に到着すると一面「霧」(笑)

ポットに入れてあったので、沸騰したのはスグ。

みんなで、各々のカップラーメンやうどんなど

ほおばる。

うみゃぁーーー。

頂上で食べるとおいしいね。

うーーーん、しあわせ。

ふららは、ここでのおにぎりは、

Qさんのものを頂いちゃいました。

おいしかった。ごちそうさま。

時間があまりないので、次の山へ。

尾根を歩くので、楽チンと思ったけど

運動不足のふららには、きつかった。

途中で、仲良く各々手をつなぎながら

登ってた姿がみんなかわいかったな。

誰もいない山っていいね。

レイ姫は、山登り中色々なゲームを提案した。

だからみんな楽しく登ることができたよ。

それどころか、エモリンの知らない

Qさんの姿を見ることに。

楽しかったなぁ。

みんなで、無事ゴール!!

目標に向かってみんなで何かするって最高だね。




1泊2日のおとなの仲間入り(3)

ふららは、1日目の出発の日はピヨはお仕事で一緒にいけない。

エモリン号に同乗させてもらうことになっていた。

ピヨは、職場の近くに駐車しなければならない。

都内なので、駐車場の確保がかなり難しいのだ。

ピヨ一人じゃ、心配なのでふららも一緒に行くことに。

ふららが調べた駐車場、空いてるかなとドキドキしたが

余裕で大丈夫だった。

駐車したあと、ピヨの会社の近くのカフェで休憩して

朝食を食べて、ふららは電車の時間が迫ってきたので

ピヨとはお別れ、ふららはリュックをしょって

ビル街を歩いて駅に到着した。

ピヨとカフェでバイバイって、

なんか新鮮な気分だったな。

ふららは、エモリンと待ち合わせした駅に到着。

エモリンは早目に到着して待っててくれた。

それから、Qさんの家の付近まで移動。

ふららは、この車に乗ったときからお祭りが始まっていた。

そう、ハロウィン気分なので

今日は大きなとんがり帽子をかぶって過ごすことに。

ワクワクした気持ちで出発!!



1泊2日のおとなの仲間入り(2)

ピヨの仕事あいかわらず忙しかったのだが、

1ヶ月過ぎれば少しは落ち着くかなって思っていた。

ところが、ところが、もっと大変なことに。

とても、残念なことに1日目は出勤となった。

1泊2日の1日目が仕事なら旅行には参加しないだろう。

その仕事の終わり時間がよめなくて

終わったのが22時15分なら、行けないないだろう。

でもピヨは、仲間と約束したら絶対守るのだ。

ふららが一人で参加して淋しがる姿が目に浮かぶからだ。

だから、ピヨはやって来てくれる。


では、どうやって来てくれたかというと

会社の近くに早朝駐車して、それから真夜中に

高速をぶっとばして富士山の麓までやってきてくれたのだ。

ピヨ、ありがと。

ピヨが到着したのは時計の針が、日付を過ぎた頃かな。


実は、1週間前にふららとピヨは道の予行練習しているのだ。

宿泊場所が山の中でカーナビにも出てこない場所だったりするので。

ピヨが不安にならないように、ふららが前日提案したのだ。

ふららとピヨは、富士山の麓付近ならちょっとしたドライブ範囲なのだ。

だから、他の人が思ってるほど大そうなことではない。

1週間前に、いきなり宿泊場所前の看板前にいるふららの

写メールをAM10:00頃にエモリンに送信。

エモリンは、とっても良いリアクションで電話をくれた。

長野で2週間前、残念な蕎麦だったので

リベンジで蕎麦を食べることに。

そしたら、おいしかったのでリアクションの良い

エモリンにピヨがおいしそうに食べてる

蕎麦の姿を写メール。

「ウマウマ」とうらやましがらせるために

AM11:30送信。

その後、PM2:00にクイズの3通目メールを送信して終了。

そんな下見をしてまでも、ピヨは参加したかったんだ。

だって、みんなに会いたかったんだもん。



ピヨの予定が、ギリギリまで決まらなくって
幹事のエモリンとQさんには心配かけちゃいました。
色々、調べてくれてありがとう。

1泊2日のおとなの仲間入り(1)

声をかけてもらったのは、

第1.5回 ハイキングでルルル♪の打ち上げのとき。

「コモレイと富士山の麓でお泊り会があるんだけど、どうかな?」

ふららもピヨも、エモりんとQさんと一緒にいた時間がとっても

心地よかったので、即答で参加決定。

ピヨは、コモレイさんとも話したがっていた。

もちろん、ふららも。

ふららがいつも、ブログで見ていた大人な人達。

そんな人に、声をかけてもらったのだ。

ふららは、やっほーーーいなのだ。

大人の仲間入りなのだ。

この日から、エモリンとふららは

つきあってるのだ。(笑)



ねぇ、Qさん ふらら、エモリンとつきあってるの。
11月もデート、2回だよ。
えへへ。
エモリンは、妖怪「あそぼおばけ」
につかまったのであった。
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ふらら

Author:ふらら
♀x♀
ふらら、ピヨのことが大好き
*・;・^;・:\(o^▽^o)/:・;^・;・*
ふらら :年下
ピヨ  :年上

Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
カテゴリ展開メニュー
  • はじめまして(5)
  • ふらら年表(1)
  • ピヨとの出会い(6)
  • 出会いそれから(5)
  • 家族(24)
  • 思い出してみよう(24)
  • 日常(272)
  • おでかけ(179)
  • 山(9)
  • ひとりごと(50)
  • リアルタイム(18)
  • この指とまれ(100)
  • 趣味の一覧表(0)
  • 未分類(2)
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター アクセス
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
メール追加してみました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。