スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW大河ドラマの旅(5)

3日目は、ふららの用事にピヨは付き合ってくれた。

まずは、ずっと実家で一緒に住んでいた

おばあちゃんに会いに。


今年のお正月までおばあちゃんはきみかさんと

一緒に住んでいた。

正月頃、急に体調が悪くなり自分で何もできなくなってしまった。

介護の様子を見ていると本当に大変で

深夜2時頃、トイレに行きたいと起こされ

トイレに行ってもきちんとできない。

かかりっきりになってしまったのだ。

たまにおばあちゃんの部屋を見に行くと

体制をくずしてしまいすごい格好で倒れていた。

ふららは、倒れているおばあちゃんをみてびっくりした。

老いるということはそういうこと。

何にもできなくなってしまうのだ。

きみかさんは、考えていなかったのだが

ふららは、きみかさんにおばあちゃんを施設に入れるように説得した。

きみかさんは、亡くなった旦那の母親を一人で十数年面倒みてきた。

最後の最後まで旦那に報告するためにも自分で

なんとかしたかったんだと思う。

本当に今までがんばったよ。

だから、もうきみかさん頑張らなくていいよと言い聞かせた。

そんなことがあって、おばあちゃんは家の近くの施設に

無事に入ることができた。

少し離れたことでお互いやさしくなれて結果よかった。

時間が空いてるときは、きみかさんはほぼ毎日

自転車に乗って顔を出している。

こんなに通う人は、誰もいない。

きみかさんは、ほんとに義理堅い人だ。


ふららは、施設に入ったおばあちゃんに会いに行った。

そこに、ピヨもついて来てくれた。

思ってたよりもキレイな施設で広くてよかった。

ふらら、心配していたんだ。どんなところだろうって。

病院も同じ敷地に入っているので助かる。

おばあちゃんは、車椅子に座って寝ていた。

声をかけると目を覚ました。

私に会うと喜んでくれた。

自分のおばあちゃんなのに年を忘れてしまったのだが

90歳近くだったはずww

他のおばあちゃんに比べてしっかりしているがさすがに年なので

記憶も少しまだらになっている。

ピヨのことは、最初わからなかったのだが

ふららと話しているうちに少し記憶が戻ってきて

思い出してきたみたい「あ~ピヨちゃん」って思い出した。

東京にいるふららは、お話し相手にもなってあげれない。

おばあちゃんに会うと、「生きるということ年をとること」

そんなことをふと考えてしまう。



ちょっと旅とは違う寄り道ブログになっちゃった。
スポンサーサイト

GW大河ドラマの旅(4)

実家へ向かう前に、実家近くのいつものスーパー銭湯へ。

露天風呂、気持ちいいんだなぁ。

すっきりして、きみかさん(母親)のところに。

ただいまぁー。

ピヨは1年ぶりかな?

ニコニコして、きみかさんお出迎え。

ピヨは、ふららの実家に何回遊びにきたかな?

到着すると、すぐにきみかさんは

たくさん料理を並べてくれた。

ふららが好きな食べ物というよりか

ピヨが好きそうなものを想像しながら作ったらしい。

ピヨがおいしいおいしいと喜ぶので

きみかさんは、ピヨに料理を作るのが好きなのだ。

ピヨは、お酒を飲みながらご満悦。

ニコニコしていた。

だから、ふららもニコニコ。

3泊4日こんな感じで実家にいるのであった。

きみかさん、ピヨが遊びに来ても全然気を使わないので

楽なんだって。

だって、ふららのことの愚痴をピヨに言ってるもん。

「この子、帰ってきてもなんにも手伝わないだよ」なんてこと。

きみかさん、デパートに行ってきたのでケーキを買ってきてくれた。

ピヨちゃんは、甘いものに興味がないと思うが

とりあえず用意したよって。

そう、ピヨがスイーツに興味がないのも知っている。

ピヨは、ちょこっとだけ味見。

きみかさんとふららでわけっこしてケーキ食べる。

ピヨは酒を飲む。

筍の煮物を食べる。

そんな旅行2日目の夜でした。

GW大河ドラマの旅(3)

長浜から湖畔沿いにドライブする。

琵琶湖は本当にでっかい。

知らない人は、海だと思うよ。

ふららのはじめての海水浴

あっ、海じゃないや。

自然な環境で泳いだデビューは1歳か2歳のとき。

まだちっちゃいので、お肌に海は早いということで

琵琶湖で泳いだのがはじめてなのです。

2歳って早いようなな気がするが、アウトドア好きな家族は

ここに遊びに来たのである。

湖畔沿いのドライブは気持ちが良いのだが

この先には、彦根城があり、ガッチリ渋滞に巻き込まれた。

今回は、彦にゃんとはスルーとした。

次回、またやってくるのでその時ゆっくりとみたい。

秀吉君の次は、信長殿の安土。

本当に有名なお城がいっぱいだね。

今回、大河で演じていた、信長のトヨエツが

かっこよかったんだな。

だから、 「信長の館」 に行ったよ。

撮影もここでされてたんだ。

ここは、復元された5.6Fの安土城の天守閣があるんだ。

まぁ、派手だね。

本当にこんな建物があったんだね。

次は、「安土城跡」
まぁ、びっくり。

天守閣って、山の上にあるんだよね。

ハァハァいいながら、階段を登る。

こんな山の上に大きな石を運び、お城を建てる。

ほんとスゴイ。

天主台付近から見る景色は天下をとった気分。

琵琶湖を見渡すことができる。

夕方だったので、水面がオレンジ色にキラキラ光る。

きれいだったよ。

お城めぐりって、たのしいな。

ふららの実家にゴーーー。

高速へ乗って移動。



大河で有名になると、1年前に発行された本では
入場料や駐車場が無料だったのに、有料になってるんだなぁ。
それだけ、観光人数が違うんだろうね。

GW大河ドラマの旅(2)

2日目の朝、早起き

ホテルで朝、夜と簡単な食事がセットになっていたようだが

時間が合わないのでやめた。

昨日の夜見つけた、駅構内の立ち食い蕎麦。

楽しいだな。

おじさんと一緒にまざってピヨと並んで食べる。

福井は関西よりの味付けなのかな。

なんだかなつかしい味がする。

ふららはキツネ蕎麦、ピヨはかき揚蕎麦。

朝、食べて元気が出たら、次の場所は滋賀県。

お江巡りのメイン会場だ。

100名城でもあり、お江の生まれた場所の「小谷城」

ここは、ハイキングしなければ城址後を見れない。

今回、色々見学したい場所がたくさんあるので

山を見上げてそれで終了。

滋賀って、お城がいっぱいあったんだね。

みんなは、知ってるかww

歴史に興味がなかったふららは今からお勉強だす。

サルのお城にいってきました。

秀吉君の「長浜城」
大きな琵琶湖を眺める景色の良いお城だったよ。

長浜の城下町をゆっくりと散策。

9:30から3時間くらいいたよ。

まずは「豊国神社」で、出世祈願。

出世欲ゼロなふららだが・・・せっかくなので。

次は食べ歩きでもと、分福茶屋の「つぶら餅」

これ、一つ60円なんだけど、めっちゃ好き。

ふらら、こういういの大好き。

出来立て最高。

もっとたくさん食べたいが、そのほかも食べ歩きするので。

下を歩いて歩くのもたのしい。

マンホールって、その土地によって色々あるんだよ。

だから、旅したときはみんなマンホールを見てね。

長浜は、秀吉君なので「千成ひょうたん」

城下町を楽しみながら「大通寺」でお参り。

近江牛コロッケをほおばりながらテクテク

ちょっと微妙な「世界最大の万華鏡?」をみたり。

ふららは、関西なので湖鮎(稚魚)の佃煮なんかは

食べたりしてたんだけど関東のピヨは、

成魚の鮎の塩焼きしかしらない。

「魚三」というお店で、湖鮎(7cm)くらいの塩焼きと

湖鮎(5cm)くらいのてんぷらを食べたよ。

焼きたて、揚げたて、新鮮なのはおいしいね。

パクパクと食べているが、ランチへ

今まで知らなかったのだが、この地は

「焼鯖そうめん」というのが有名

本当はこっちのお店が有名店

やさしい味だったよ。

現存する最古の駅「旧長浜駅舎」「慶雲館」をながめながら

駐車場にもどり、まだまだ2日目の旅は続く。

GW大河ドラマの旅(1)

6連休楽しかったよ。

今回の旅は、ちょっとテーマを決めてみました。

最近、大河ドラマとお城が好き

になったピヨとふらら。

そんなもんで、「お江さん巡り」

0:00に出発

連休中の東名は、深夜2時でも大渋滞でも少し遠回りだが

今回は関越経由で福井へ出発。

高速は車の台数は多いが大渋滞になることもなく9:00到着。

福井へ来たのでまずは「東尋坊」景色いいね。

天気は良かったけど黄砂で曇ってたね。

次は日本100名城でもある「丸岡城」

城内の階段はとても急だったよ。

おなかがすいたので昼食。

「越前おろし蕎麦」と「ソースカツ丼」の福井県人セット

ゆるキャラ「城丸くん」と撮影。 

ネットで調べても出てこないレアなキャラ。

12:00 次はまた日本100名城の「一乗谷朝倉氏遺跡」

100名城といっても、お城が残っているわけではない。

遺跡なのでほとんどなんにもないんだけど、

この風景がまたいい。

興味がなかった1年前だと何にもないところに来ちゃった。

みたいになっているだろう。

ピヨは、100名城というこだわりがないので

なんにもないところに来ちゃったってなってたけどね。

次は、福井市内の「福井城址」

福井の語源となった「福の井」というところをみた。

15:00 ホテルにチェックインして、車を駐車。

歩いて街を散策しようとすると

無料でレンタル自転車をしてるの発見。

自転車で街中をブンブン走るのは

とっても楽しいんだなぁ。

大河の旅といいながら、ふららはあちこち寄り道。

ここでやっと、大河の旅 柴田勝家の地へ。

柴田神社(北ノ庄城)にまず到着。

川を渡ってチャリチャリ

柴田勝家とお市の方が眠る「西光寺」

その後、地元の毛谷神社でピヨがおみくじしたり

藤島神社でお祭りムードを楽しんだりしたよ。

自転車を返却して、ホテルに荷物を入れたら

地元におじさんに教えてもらった

17:00創作料理の居酒屋へ。

ピヨはニコニコだ。

日本海の海の幸はやっぱりいいね。

刺身の盛り合わせ
梅貝のうま煮
白魚のてんぷら
鰆の南蛮
永平寺の胡麻豆冨
加賀蓮根はす蒸し
鯖のカマ焼き
せいろ蕎麦

他にも何かたべたような。

おいしかったな。



こんな1日目でした。

最初のGW みのむし

今回のゴールデンウィークは、金曜日ピヨが休めたので

6連休となりました。

わーーーい。

最初の3連休は、ピヨが仕事に行ったりしてたので

とりあえず、ゴロゴロしておりました。

前から、寝袋が欲しかった。

でも使う用事もなくても困らなかったので持っていなかった。

今回の震災のことやGWで長旅なので持って行ってもいいかな。

と思ってお店の中でうろちょろ。

見てるとだんだん欲しくなってくる。

お店の人が機能を説明してくれるとだんだん欲しくなってくる。

今、特別必要とはしないが買ってみた。

3連休の中の2日間はピヨは実家に帰ってた。

ふららは、一人遊びができなくなっていたので

買ったばかりの寝袋に入ってゴロゴロしておりました。

3連休遊べないふららは、基本的にあそびたいよーーと

大暴れするところだったのだが、

寝袋とその後の6連休があったので、

比較的いい子にしておりました。

最近の寝袋っていいね。のびるし。

寝袋にすっぽり入ると包まれてなんだか

とても癒される。

ちょっとくせになりそう。

寝袋に入ると、ワクワクするよ。



あっそうだ、オープンしたてのアウトレットに
行ったんだった。
混んでたな。
なので、ちょっとお買い物してすぐに帰ってきました。
そんな3連休でした。
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ふらら

Author:ふらら
♀x♀
ふらら、ピヨのことが大好き
*・;・^;・:\(o^▽^o)/:・;^・;・*
ふらら :年下
ピヨ  :年上

Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
カテゴリ展開メニュー
  • はじめまして(5)
  • ふらら年表(1)
  • ピヨとの出会い(6)
  • 出会いそれから(5)
  • 家族(24)
  • 思い出してみよう(24)
  • 日常(272)
  • おでかけ(179)
  • 山(9)
  • ひとりごと(50)
  • リアルタイム(18)
  • この指とまれ(100)
  • 趣味の一覧表(0)
  • 未分類(2)
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター アクセス
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
メール追加してみました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。