スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『美味しいお魚をたらふく食べようツアー』(1)

遊んできたよ。

みんなで、遊んできたよ。

今回は、いろいろな流れでエモリンが幹事をしてくれました。

パチパチパチ。

今回、参加してくれたのは16人

【ハイキング参加者】

エモ&Q
ぜんじー&イッチー
たーみー&イクラ
karacomaちん
コバヤシ
コモ&レイ
ふらら&ピヨ

【釣り参加者】

清兄&サマンサ
きんちゃん&mamaさん

まずは、東京駅で待ち合わせして

ピヨ号で関西から早朝に到着したイクラちゃん。

たーみー、karacomaちんを乗せて5人で

次の待ち合わせの海ほたるPAへ。

天気は、良好。ドライブ日和。

海ほたるPAにはじめて来たイクラちゃんとkaracomaちん。

海ほたるから、東京タワーやスカイツリーを見るのが大好きなふらら。

ここに遊びに来るだけでもワクワクする。

朝食がまだだったのスタバで、ピヨはマフィンとカフェオレ。

ふららは、シナモンロールとカフェオレ。

たーみーは、イクラちゃんに愛情弁当を。

ふららは、おかずもらっちゃった。

karacomaちんは、体調不良のためおとなしくしてたね。

ピヨ薬を飲んでしばらくすると元気になってきてほんとによかった。

しばらくすると次から次へと仲間がやってきた。

ちょっと余裕をもっての集合だったので、各自ふらふらと

あっちへ行ったり、こっちへ行ったりと。

はじめましての挨拶が聞こえたりと。

こういうとき、やっと会えたて良かったねと

なんだかうれしくなるふららなのだ。

各々の車で出発しようと思ったが、

運転手のイッチーが興奮しすぎて寝てないというので

ピヨ号に一緒に乗ることに。

7人も乗るのは初めて。

ピヨもちょっと緊張したみたいだが

大きな車に買い換えてよかったなぁと。

みんなで、ドライブしているだけで楽しいね。

エモリン号にもコモ&レイが同乗して2台で出発。

高速道路は順調。

今回のハイキングは、鋸山

山登りにはじめて参加してくれたのは

karacomaちん、ぜんじー、イッチー、コバヤシ。

今回、何がうれしいかっていうと

山登りは絶対キライと言うタイプの

イッチーとコバヤシが 山登りに参加してくれたっていうのが

奇跡的なことなのでうれしいんだな。

ぜんじーがイッチーを山登りに口説いてくれたんだ。

コバヤシは、最初の参加確認のとき車で寝て待ってるような

感じになってたのにね。

いざ、出発すると先頭にイッチーとコバヤシが。

アレレ。

2人ともやれば一番できるんです。

距離は短いんだけど、結構急なコースなので

長い階段が続くと心臓をバクバクさせながら登頂。

あまり寄り道しないコースだったのであっというまに

山頂に到着してしまった。

ハイキングとしては、物足りない距離なのだが

無理しすぎるといけないので調度よかったかな。

良い天気もよく心地いい風が通り抜け気持ちよかった。

景色が良いので写真大会。

カップルの写真を撮り合うなんてステキングです。

これをきっかけに、山を好きになってくれる仲間が

増えるといいのになぁ。

下山コースは、飽きるくらいの階段(笑)

無事に下山したらみんなのヒザが笑ってた。

そういえば、ぜんじーの足バンビみたいにふるえてたねww

携帯電話のバイブの振動ともいうね。

コモ&レイは鍛えているので涼しい顔してた。

レイさんなんて、ヒールのあるブーツだったもんね。

さすがです。

ふらら、ピヨが10/1におもちゃのサッカーボールを

買ってきたので持って行き、ほんのちょっと遊んでみたりしました。

もっと広い場所があったらみんなで遊べたのになぁ。

さぁ、次はメインの昼食です。

ここから、釣り部&お昼寝部の合流。

本当は、予約しないで好きな料理を注文するスタイルを

したかったんだけど、なんせ開店1時間前から

並んじゃう有名店なのでお膳の予約。

お刺身3点盛り合わせ
旬の煮魚
新鮮ほくほくのアジフライ
酢の物
サラダ
つみれ汁
香の物
ご飯セット

運動したあとなので、みんなハラペコ。

宴会をしようというイメージだったのだが

テーブル席というのもあって宴会というより

合宿に集まった高校生。



11/8写真追加

みんなで乾杯した後は

無口で、料理をバクバク食べる。

なんせ、料理数が多いもんだから

料理とにらめっこ。

いつもきんちゃんは、気前が良い。

みんなのお父さん。

子供達に、おいしものを食べなとふるまってくれる。

いつもありがとう。


おなかが落ち着いた頃は、

朝、早くから出発したもんだから

満腹になった人から眠たそうな顔に。

あれれ、15:00位まで宴会するかなと思ってたのに。

13:00には、なんだかごちそうさまという雰囲気に。

うひょーー。



長くなったのでつづくぅ
スポンサーサイト

にゃごにゃの一歩手前(3)

2日目

10月10日(月)

朝食は名古屋を感じながらコメダ珈琲
モーニングメニューを注文
小倉あんをトッピングのトースト
コメダ名物 シロノワール
ピヨもMちゃんも大満足でふららも満足。






浜松城
このお城は100名城ではないが家康くんが17年もいたんだよ。
出世城といわれてるんだって。
このお城の見どころは石垣(野面積み)
他の城に比べて荒々しい石垣
すごーく適当な石垣に見えるが400年も耐えてるんだ。




このお城でも兜をかぶって刀を持って撮影。
コスプレに興味が全くなかったのに
なんだか戦国ごっこは楽しい。
めんどくさがるピヨにちょんまげをかぶらせてみたりした。




浜松市から静岡市まで70km移動

駿府城
100名城なのだが、現在 天守台の跡もない。
写真に写ってるのは「東御門櫓門」






静岡港の漁港まで行く予定だったが時間が微妙になったので断念。
街は渋谷みたいで、しかもおしゃれビルがオープンしたばっかりで
久し振りの都会でぐったりしてしまった。

ガイドブックに載ってた お寿司屋さん。
店員のおばちゃんがおしゃべりでかわいかった。

静岡ちらし 地元のネタを散りばめた宝石箱のようなちらし寿司






登呂遺跡
弥生時代の農耕集落
小学校の教科書で出てきたね。




トロベー
ゆるきゃらに会うとなんだかうれしい。






渋滞に巻き込まれながら20:30に到着
Mちゃんがイタリアンが良いというので
車の移動中にピザ屋さんにオーダー。
ピヨ宅に到着してすぐにやってきた。


すばらしいね、宅配っていうシステム。



急に決めた旅にしてはいっぱい遊んだなぁ。
まだまだ、見たいところがたくさん残ってるから
また、静岡に遊びに行こうっと。




その前に、にゃごにゃに行かねば。

にゃごにゃの一歩手前(2)

今回は写真を入れて旅をふりかえることに。

1日目  10月9日(日)

天神屋 東名日本坂PA下り店
静岡おでんの黒はんぺんを食べる
あれっ、いきなり写真がない。
お腹空いてるとわすれちゃうんだなぁ。


御前崎

灯台のところから海を眺めるんだけ地球ってまるいんだぁ。
って思えるようなすばらしい景色だったよ。







浜岡砂丘

あれっ?これって砂丘?っていう場所でした。

風力発電がならんでこれはこれで良い景色。




浜岡原子力館 に行ったんだけど
早く到着しすぎてはいれなかった。

原発の近くに普通に住宅がいっぱいあってびっくりした。

複雑な気持ちになっちゃった。


お茶屋さん
せっかく静岡にきたのでお茶専門店に寄り道。

パウンドケーキ、お茶のクッキー、お茶を買ったりしました。
お店で出してくれてお茶はやっぱりおいしかった。




掛川城は100名城だよ。

掛川城御殿の敷地から撮影したんだ。
江戸時代からの建物で現存してるのはとってもめずらしい。
だから、映画やテレビの撮影に使われてるみたいだよ。

ふららとピヨは足軽甲冑の装着してコスプレして見学してたんだ。
刀を持って撮影したらテンションあがったぁ。
武将じゃなくて、足軽だったけど。





掛川祭
この日はラッキーなことにお祭りだったんだ。
車で掛川城に到着するまでの間に
山車をひいている集団にたくさんであった。
掛川城に到着すると、もっとたくさんの山車が
あちこちいっぱい。
お祭りっていいね。
全国のお祭りを見たいが人ごみが苦手な二人だからなぁ。
でも、ピヨと一緒に見に行きたいなぁ。




軒花

ふららは、軒花というものをみたことがなかったんだ。



うな助

地元のおばちゃんとおしゃべりして教えてもらったお店。
おいしかったよ。







掛川城内「竹の丸」
この屋敷を観光案内の人におすすめされてやってきた。
係りのおじさんが、色々丁寧に付きっきりで説明してくれた。
大富豪の家なので一つ一つ説明されると、日本の伝統技術が
詰め込まれていて感心しっぱなし。
たまに、丁寧に話を聞くのはいいねぇ。







エアーパーク / 航空自衛隊浜松広報館

この施設は無料で見れるよ。
かこいい飛行機がいっぱい。
精密機械だね。
ミサイル見るとちょっとゾッとする。
どんなにすごいスピードか航空ショーを見たくなった。





春華堂
うなぎパイの工場見学にも行ってきたよ。
ふららは、工場見学が大好きなのです。
ワクワクするんだよね。
見学のおみやげに、うなぎパイもらっちゃった。

ふららは、この工場の目の前にある「豆屋」の工場
ここの豆は安くておいしかった。
煎りたてなので大変ピヨも気に入ったんだ。





真ん中吹き抜けのホテル
バブルな感じなのです。
写真ボケちゃった。







浜松に来たらやっぱり

浜松餃子 鍋貼強子 きよ(こうていぎょうざきよ)
もやしのトッピングが特徴
やっぱりおいしいね。






1日目はこれで終了。
イメージ通りの工程で色々満喫しちゃった。
たのしかったなぁ。


にゃごにゃの一歩手前(1)

10月の3連休ににゃごやに仲間が集まって

「ドリーム部地方巡業」をするのは知っていた。

それに参加したかったのだが返事をするとき、

ピヨの体調があまりにも悪かったためその後の経過が

わからなくって、断念したんだ。

体調が戻った頃、3連休だからのネットで調べると

宿泊施設の空室はなかった。

3連休なのになんの予定も考えていない状態で3日前となった。

土曜日は地元で楽しそうなイベントがあるので

いつも一緒にあそんでいるMちゃんを呼ぼうということになった。

次の日にでも3人でドライブに行くとたのしそうだね。

みたいなふわっとした感じでピヨとしゃべってた。

木曜日、ピヨがMちゃんを誘うと東京に遊びにくることに決定。

ふららの頭の中。

3連休遊びたいなぁ。

Mちゃんも、お城好きだから静岡あたりまでドライブしよう。

金曜日の朝6:30のふららの頭の中

せっかく静岡の端っこまで行くんだったら

宿泊しよっかなぁ。

ひらめいたので、ネットで調べてみる。

40㎡以上の広い部屋が格安価格。

これは、泊まるしかない。

朝7:00からMちゃんに電話をかけて宿泊していいか聞いてみる。

そしたら、オッケー。

そんなことで名古屋の近くまで旅に出たんだ。




なんで育ててるかというと。

ピヨは、めんどくさがりや。

だから、植物なんて育てない。

熱帯魚にも興味がない。

鳥も興味がない。

猫は、とっても大好き。

でも、自分で飼おうとはしない。

そんな、ピヨが「バジル」を育て始めた。

きっかけは、職場の近くで購入したお茶のペットボトルの景品。

景品に「バジルの種」がついていた。

だから、急に育てようと思ったらしい。

たまに、ピヨらしくないことをはじめることがある。

そういところが、おちゃめなのだ。

ふららは、知らなかったのだが

職場で育てていたようだ。

ピヨらしいのが、急に思いついたので

職場の近くのデパートの屋上へ「土」を買いに。

土の金額2000円 

ふらら、土の金額聞いてびっくり。

ちょっと育てるのに2000円。

ピヨらしい、割りにあわんがな。

土は1,2kg入っていたみたいだが、

必要な土の量はコーヒーカップ半分くらい。

残りの土は、どこに置いてるのだろうか・・・

のど飴ケースを鉢として育てはじめた。

ケースに土を入れて種を蒔き職場で育てたんだって。

職場の人たちは、芽がでると喜んでいた。

毎日忙しい仕事、そのバジルの成長にみんな癒されはじめた。

他のしゃべったことのない人までも声をかけられる。

みんな、小さな種の成長をとてもやさしい気持ちで

見守って、種に癒されてはじめた。

ピヨは、どうやら使命感に燃えはじめた。

なんとか、この種を立派なバジルにしなければ。

なので、金曜日になると紙袋に入れてバジル種の鉢を持って帰り

土、日曜日は、ピヨの家で育て、

そして月曜日に再び満員電車に乗って会社に持って行くという

愛情いっぱいにバジルちゃんを育てていたのです。

ふららがはじめてバジルちゃんにあったのは、小指くらいの高さで

1cmくらいの双葉。

4つくらい育ってたかな。

かわいい芽。

みんなが職場で癒されるのがわかる。

ふららとピヨが1週間ほど海外旅行に行ってる間は

職場の仲間がバジルちゃんをお世話してくれた。

愛情たっぷりのバジルちゃん。

少し大きくなって芽が伸びて5cmくらいになったときかな

また週末にバジルちゃんを持って帰ってきた。

そして、ピヨは実家に帰る用事があったので

車に乗せて実家に帰った。(ふららはお留守番)

芽も大きくなったので小さなのど飴ケース(深さ3cm)じゃ

かわいいそうだということで、普通の鉢へ移動。

きっとバジルちゃんも喜んでくれるだろう。

ピヨ、ピヨママに見守られながらバジルちゃん引越し。

空き箱から鉢に入って立派になってもどってきた。

????

あれ、なんだか元気がない。

ピヨもテンション下がってる。

バジルちゃん、くたぁ~。

ふにゃぁ。

職場のみんなの癒しバジルちゃん。

2日後、土と同化していた。

ピヨが落ち込む落ち込む。

みんなの期待にこたえることができなくて・・・


職場の女の子に瞳をキラキラさせながら聞かれる。

女の子:「バジルちゃんは?」

ピヨ :「バジルちゃんは、入院中」


バジルちゃんは、天に召されたというのに。

ピヨは、みんなに言えない・・・

言えない。言えない。

仲良くしてる隣の席のTさんに、

バジルちゃんが土になってしまったと本当のことを伝えた。

そしたら、そのTさんは、数日後

家で育てて成長したNEWバジルちゃんを

持ってきてくれたのだ。(やさしいなぁTさん)



そんなわけで、ピヨはNEWバジルちゃんを育てているのです。

Tさんから、プレゼントしてもらって3週間かな。

大きくなりました。

これから、寒い時期バジルちゃんが無事に成長してくれるか

ドキドキしているのです。



気になったので「バジルの育て方」を調べてみました。

やや、やばい。

あのぉ~、収穫時期は10月中旬で終了みたいですが。

今日は、10月21日。

成長するのだろうか・・・・

育てています

ピヨはなんだか育てています。



大きさがわかるようにって

『美味しいお魚をたらふく食べようツアー』

さぁ、みんな。

エモリン幹事が楽しい企画を考えてくれたよ。↓(10月某日)

『美味しいお魚をたらふく食べようツアー』

みんなで、一緒においしいもの食べてワイワイしようよ。

いいねぇ。

ワイワーーイ!!

ちょっと東京から離れてるから旅気分。

車、レンタカー、電車に乗っておでかけしよっ。

楽しそうだね。

各々観光したり、魚釣りしたり、色々楽しんでから

「食事」のみ参加でもオッケー。

せっかく、みんなが集まるんだからと登山の企画も考えてくれたよ。

スニーカーでも参加できるくらいの山です。

裏技の簡単コースもあるよ。

みんな、あつまれー。

大人はもっと遊ばなくっちゃね。

連絡まってます。




尚、予約の関係上、定員になり次第締め切らせていただきます。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ふらら

Author:ふらら
♀x♀
ふらら、ピヨのことが大好き
*・;・^;・:\(o^▽^o)/:・;^・;・*
ふらら :年下
ピヨ  :年上

Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
カテゴリ展開メニュー
  • はじめまして(5)
  • ふらら年表(1)
  • ピヨとの出会い(6)
  • 出会いそれから(5)
  • 家族(24)
  • 思い出してみよう(24)
  • 日常(272)
  • おでかけ(179)
  • 山(9)
  • ひとりごと(50)
  • リアルタイム(18)
  • この指とまれ(100)
  • 趣味の一覧表(0)
  • 未分類(2)
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター アクセス
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
メール追加してみました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。