スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ころころ

土曜日は、ピヨのお勉強DAYだったので、日曜日はおでかけ。

ふららとピヨは、いつも予定を急に決める。

天気や前日の体調、食べたい物などのテンションによって変わるからね。

日曜日は、どこかに出かけたいのだが行き先がなかなか定まらなかった。

なんとなく、おいしいフルーツが食べたくなった。

なんとなく、山梨が良いような気がしてきた。

じゃあ、ネットで調べてみた。

ネットで紅葉の良さそうな山梨県の通仙峡に行こうということになった。

山に登るときは、とてもとても早起きするのだが、

軽くハイキングということで、いつもより1時間ほど遅く出発。

遅いといっても、みんながドン引きしてしまうが朝6時過ぎである(笑)

3連休なので、高速道路は少し渋滞した。

2時間半くらいの予定が3時間半くらいかな。

目的地の近くの道の駅でパンフレットを配布しているインフォメーションの

おばさんに、オススメのハイキングコースを聞いてみた。

最初は、通仙峡にしようと思っていたがおばさんのオススメする場所にした。

車を20分ほど走らせていると、パンフレットの端っこに百名山の

瑞牆山(ミズガキヤマ)が2時間で頂上まで行けると書いてあるのをみつけた。

おばさんのオススメはスルーして、瑞牆山に登ることにした。

山を登るには、出発時間(11:00)が遅いので少し気になったが2時間と

パンフレットの端っこに書いてあったので大丈夫かなと思い登り始めた。

15分くらい登っていると、頂上を目指していた人が戻ってきて

こんにちはと挨拶する。

(山では、すれ違った人に挨拶するルールのようなものがある)

「今から登るの?まぁ、若いから大丈夫か」などと会話をする。

(山は、年配の人が多いので、ふららはピチピチのギャルである(笑))

30分くらい登ってると、分岐のところで下ってきた人に出会い、

ふららたちは、真っ直ぐ登ろうと思っていたコースだが、

「左側の林道コース」が景色がきれいだからオススメだよ。」

そして、「写真のスポットは、少し小高いところにポイントがあるよ。」

山の人たちは、みんな親切で声をかけてくれる。

教えてももらった通り、とても景色が美しくとても感動した。

登り始めてから1時間くらいしたところに、ポイントの小屋があった。

小屋の近くで、ピヨが朝に作ってくれたおにぎりをパクパク食べる。

うーーーん、おいしい。ありがとう。

寄り道した場所においしそうな作り立ての「野沢菜のおやき」も購入したので

それもおいしく完食。

パンフレットでは、この場所から頂上まで1時間と書いていたが、

この場所に書いてある立て札には、1時間40分と書いてあった。

頂上まで行って、下山するのも可能だが日が暮れるのが早いので

真っ暗にになると危険なので、今回は無理するのはやめようということになった。

登っているときは、体がポカポカしていたのに座って休憩していると

体がとても冷えてきた。

真冬の寒さだ。 手も冷たくなってきた。

じゃあ、下山しようねということになった。

ふららは、少し気になることがあった。

さっきお弁当を食べた場所の景色を見たような気がする。

下山してるときに、ピヨに声をかけてみた。

ふらら:「ねぇねぇ、さっきの小屋、なんか見覚えがあるんだけど」

ピヨ: 「なんか、見覚えがある。駐車したときの近くのお店も見覚えがあるんだよね」

二人とも、記憶が曖昧になってきた。

似ている、小屋はたくさんあるからねぇ。

まぁ、今日はお散歩感覚で紅葉を見に来たからね。

頂上を目指さずに途中で下山したので、早めに駐車場に到着した。

じゃあ、 最初に行こうと決めてた通仙峡に行ってみようということになった。

途中に増富泉(ラジウム含有量世界一)があったので、行ってみたが

駐車場が満車でいっぱいだったのでUターン。

色々、遠回りしたが最初の目的の通仙峡を少し歩き

川と崖と紅葉のきれいな景色を楽しんだ。

楽しんだので、行きとは違う道路を進み、別の道の駅に入った。

おいしそうな野菜があったので、今日は鍋にしようということになった。

巨峰ミックスソフトを食べたが味は、普通だった。

高速道路に乗り、無事に家の近くまで帰ってきた。

鍋の材料の鶏肉等がないので、スーパーに寄って材料購入。

ふららとピヨは、旅行から戻ってくるとおつかれ会という名の宴会をはじめる。

ただ、ピヨが飲みたいだけのこと(笑)

じゃあ、山梨県産のおいしい食材を使って鍋をつくろうと意気込むと・・・・

あれ?あれれれ?あらららら?

「なんで、青森産やねん、なんで北海道産やねん」

「地元の食材とちがうぅーーー」とつっこんでしまった。

普通道の駅は、産地直売が当たり前なのに・・・・・

やっちまった。こんなところに、ワナがあったとは・・・(笑)

でも、ごぼうも白菜も新鮮でとてもおいしかったので鍋はおいしかったよ。

ふららと、ピヨが気になっていたことを思い出し、

パソコンに保存している写真を振り返って見てみた。

そしたら、瑞牆山に行った写真が出てきた。

それも、去年の夏に行ったばかり。

山頂でピースもしている。

写真をみたら色々思い出した。

二人で大笑い。

ふららとピヨは、おっちょこちょいである。

二人で色々なところに行き過ぎて思い出がいっぱい。

おでかけ、しすぎである。

次の日の朝、昨日近くのスーパーで購入した柿を食べた。

ふららとピヨは、いつもその場の雰囲気で楽しんでいる。

とても気合の入れた旅行の時は、ふららは、色々な下調べをするんだけど

ゆるいときは、こんな感じ。

フルーツを食べたいとお出かけのイメージをし、

近所のスーパーで柿を購入してるけど、だいたいの目的は達成。

いい加減で良い加減な二人でしょ(笑)

今度は、どこに行こうかなぁー。

関連記事

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふらら

Author:ふらら
♀x♀
ふらら、ピヨのことが大好き
*・;・^;・:\(o^▽^o)/:・;^・;・*
ふらら :年下
ピヨ  :年上

Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
カテゴリ展開メニュー
  • はじめまして(5)
  • ふらら年表(1)
  • ピヨとの出会い(6)
  • 出会いそれから(5)
  • 家族(24)
  • 思い出してみよう(24)
  • 日常(272)
  • おでかけ(179)
  • 山(9)
  • ひとりごと(50)
  • リアルタイム(18)
  • この指とまれ(100)
  • 趣味の一覧表(0)
  • 未分類(2)
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター アクセス
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
メール追加してみました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。