スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の海・北の端(3)

北の海・北の端(2) の続き

夕方、ホテルへ到着。

登山で、体はぐったり。

とりあえず、乾杯。

大浴場は混雑してそうだったので、

部屋のお風呂に入ってスッキリ。

しばらくすると、ゲレンデは1000発の大きな花火が

打ちあがった。

花火は、やっぱりいいねぇ。

連休になると、このリゾートホテルは花火を打ち上げる。

この花火を見に、地元の人もたくさん集まってくる。

ふららたちは、何度も見ているのでホテルの窓から眺めた。

そして、目覚しをセットして睡眠。

この目覚しは、無情にも2時間後に鳴り響いた。

そう、ふららは夜の10時に目覚しをセットしたのだ。

なぜならば、これから出かけなければならない。

出かける場所は、 「函 館」

ふららたち、めちゃくちゃでしょ w

出発前に、大浴場の温泉に入って癒され。

そして、140km先の青森港へ出発。


ふららたちは、最近連休があると、すぐに東北方面へ行っていた。

いつも青森から北海道が見える。

近いのに遠いなぁと思っていた。

行きたいなぁといつも思っていたが、

陸続きではないので、簡単に北海道には行けない。

出発の約1週間前に急にヒラメイた

ネットでフェリーの予約をしたのだ。

北海道は、車がないと遊べないと思っていたが

色々調べると、函館は車がなくても遊べることがわかった。

フェリーで車で渡航すると金額もかかってしまうが、

それ以前に、連休の車の渡航は人気なのであっという間に

予約でいっぱいになってしまうんだ。

だから、急に行きたいと思っても満車で諦めてたんだ。

でも、今回は小さなバックを持って船に乗ればオッケー。

人間だけなら、ギリギリの予約でも空席はある。

はじめての青森港での出発、ドキドキワクワク。

手続きをすませて深夜2時40分 フェリーは出航した。



ミニ情報
青森港→函館港
約3時間30分 片道2,430円

北の海・北の端(4)へ続く
関連記事

comment

Secret

No title

ここで函館がでてきたかー!!
毎回ハードな旅をひらめいちゃうふららんもすごいけど
ついてくピヨさんもすごいねー。
ピヨさんは何も言わずについてくのかな?
私もひーたんに振り回されるのは好きだけど
とりあえず、一言なんか言っちゃうよ。
それでもついてくけど^^

○karacomaちん

そう、ここで函館が出てきたよぉ w
出会った頃のピヨはお出かけするとすぐに喫茶店で休憩。
「面倒だから、ここで待ってる」っていうタイプだったんだよ。
ふららと長い間一緒にいて、ふららのペースに慣れてきたというか。
めちゃくちゃな提案にも、すぐに乗っかってくれるんだ。
ハードなんだけどそれ以上に楽しい体験がまってるからね。
この提案は、ムリだろうなと思っていたら、ふらら以上にピョのほうがノリノリのことも多くなってるときもあるよ。
ピヨがついてきてくれるので、いつも楽しい旅だよ。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ふらら

Author:ふらら
♀x♀
ふらら、ピヨのことが大好き
*・;・^;・:\(o^▽^o)/:・;^・;・*
ふらら :年下
ピヨ  :年上

Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
カテゴリ展開メニュー
  • はじめまして(5)
  • ふらら年表(1)
  • ピヨとの出会い(6)
  • 出会いそれから(5)
  • 家族(24)
  • 思い出してみよう(24)
  • 日常(272)
  • おでかけ(179)
  • 山(9)
  • ひとりごと(50)
  • リアルタイム(18)
  • この指とまれ(100)
  • 趣味の一覧表(0)
  • 未分類(2)
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター アクセス
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
メール追加してみました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。