スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかんだで端っこ(7)

なんだかんだで端っこ(6)の続き

宮島の鹿とお別れした後は、広島市内へ。

旅行は、いつもふららがコースを適当に決めるので

ピヨからココへ行きたいという指定の場所はあまりない。

めずらしくピヨが昔からゆっくり見たいと言っていた場所。

その場所は、原爆ドーム  (負の世界遺産) と 原爆資料館

ふららは、小学生の時、修学旅行で訪れるにあたって

原爆というものがどういうものか授業の中でグループにわかれて

資料を作り、発表もしたのでよく覚えている。

大人になって、再び資料館に入ることに。

ピヨとMちゃんは、 「吉永小○合さん」の音声ガイド

レンタルして各々のペースで資料館の中をまわった。

(ふららは、音声ガイドを聞いてしまうと大泣きして
 動けなくなりそうだったので)

学生の頃に訪れたときと、大人になってから感じるものはまた違った。

資料館の中のものを一つ見るたび、涙があふれてきた。

胸が苦しかった。

資料館の中には有名な、 「石段に残った人の影」というものがある。

ふららが小学生のときに見たときは、石段にくっきり影が残っていた。

今回みると、ほとんど見えなくなっていた。

時間の流れを感じた。

こんなにも恐ろしい戦争は二度と起こらないよう

次の世代に伝えるということはとても大切なこと。

今、ふららとピヨがこうやって一緒に楽しくすごせるのは

当たり前だけど、戦争がないから。

悲しいけど地球のどこかで、いつも争いが起きている。

感謝の気持ちを忘れない人間でありたい。




なんだかんだで端っこ(8)へ続く
関連記事

comment

Secret

No title

私も、中学に上がる前だったかな、資料館を見て、ものすごい衝撃を受けたのを覚えてるよ。
展示物は勿論だけど、一人の外国人(白人)女性の、
ずっと動かずに、うなだれて立ちすくんでいた姿が
やけに鮮明に記憶に残っています。
感受性の強いその年ごろに見れて本当によかったと思っているので、
時期を見て、息子も絶対引っ張って行こうと思う。
私も大人になって、あらためてどう感じるか、興味あるな。

続き、楽しみにしてるね。

○麗さん

麗さんも見学に行ったんだね。
小学生の時、資料館は衝撃だった。
旅行なのに、戦争はダメとわかっているのに、
「なんで、こんなにも怖いものを見なくちゃいけないんだ」と思ってた。
大人になると資料館に行く意味がわかる。
自分の大切な人がこんなにもひどい目にあったらと
想像すると資料館で失神してしまいそうだった。
大切な息子さんと見学すると感じるものが、違うと思いますよ。

恋愛ブログではなく、完全にただの旅ブログですが(笑)読んでもらってうれしいです。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ふらら

Author:ふらら
♀x♀
ふらら、ピヨのことが大好き
*・;・^;・:\(o^▽^o)/:・;^・;・*
ふらら :年下
ピヨ  :年上

Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
カテゴリ展開メニュー
  • はじめまして(5)
  • ふらら年表(1)
  • ピヨとの出会い(6)
  • 出会いそれから(5)
  • 家族(24)
  • 思い出してみよう(24)
  • 日常(272)
  • おでかけ(179)
  • 山(9)
  • ひとりごと(50)
  • リアルタイム(18)
  • この指とまれ(100)
  • 趣味の一覧表(0)
  • 未分類(2)
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター アクセス
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
メール追加してみました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。