スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンコオヤジのばかっ

平日の夜7時頃、電話がかかってきた。

関東に住むいとこのお兄ちゃんからだ。

「おとうさんが体調が悪くなり、病院にお母さんと行った」

という電話が母親から入ったという。

「おしゃべりもできたし、自分でも歩けたという。

だから、大丈夫と思うんだけど。

一応、報告。」

今から、病院に行ってくる。

そんな連絡をくれた。

ちょっと前におでかけしたのでおじさん疲れちゃったのかな?と

軽く考えていた。

大丈夫って言ってたし。

ふららは、いつものようにのんびりと過ごした。

夜になっても連絡がなかったし。



すると、深夜にメールが届いた。

「今、集中治療室にいて危険な状態。

病院に到着したすぐに悪化したという。」

ふららは、病院に行こうとしたが

その病院は、面会ができないので行っても

会えないので仕事に行ってとのこと。

心配になりながらも、何の手助けもできないので

いつものように職場へ向かった。

仕事が溜まっていたので午前中に急ぎの物件を終わらせ

残りは引き継いでもらい、午後から向かった。

ふららは、車を走らせた。

病院に入れないので、おじさんの家で待機している

というのでその場所へ。

一時間半ほどで到着した。

駐車場に到着したので電話したら、

医者から呼び出されて、病院に来てるという。

「もう、ダメかもしれない・・・」

そんな、言葉がでてきた。

ふららは、急いで10分ほど離れた病院へ向かった。

お兄ちゃんに聞くと、先生が色々話をしてくれたが

親戚の人に報告するなら「危篤」と伝えてください。

といわれたという。



ふららは、病院が嫌いだ。

自分の父親が運ばれて、昨日まで元気だったお父さんが

管につながられ、なんの返事もしてくれない。

19歳のときの記憶がよみがえる。

あんなにも悲しいことは、もういやなのに。


今、ふららが味わった19歳のときと一緒の状況が

今、この場所で・・・・・


おじさんの家族構成は、

おじさん、奥さん、お兄ちゃん、妹。

おばさんと妹は、地獄をみているような顔をしている。

おばさんは

「お父さん、私を一人にしないで・・・・」

「やだやだやだ」

とりみだしている。

結婚している、妹さんも

「遠くをみて、真っ白な顔をしている」

自分も同じ体験をしているので

一生懸命、おばさんと妹さんを励ました。

ふららは、心の底から祈った。

「おじさん、お願いだから 家族を残して

 天国に逝かないで!!」

「本当にお願い」

「お願いだから、大切な家族を・・・」

「お願い・・・・」

「残された家族は、どうしていいかわからないんだから・・・」

病院の廊下で祈り続けた。



先生に呼び出されて、おじさんの状況説明を受けた。

その説明では、とりあえず最善は尽くすが

今できる最大の処置をしているのでこれ以上方法がないという。

そして、その後説明されたのが、「電気ショックはやり続けますか?」

この説明は、命が終わりの説明でもあった。

この説明はキツかった。

おじさんの家族は、頭の中が真っ白になっていた。



ふららも悲しいが

一緒に生活してきた家族とは意味が違う。

ふららは、一生懸命この家族を励まし続けた。

それぐらいしかできない。


おじさんは、心臓の調子が悪いと言っていた。

病院にも行っていた。

だから、大丈夫って言ってた。

だから、ふららは安心していた。


おばさんから病院の廊下で話を聞いてびっくりした。

おじさんは、病院が大嫌い。

風邪をひいても、薬も飲まないという。

心臓が痛いのに、近所の診療所に行っていただけという。

ふららは、心臓なので大きな病院で

きちんと検査をしてたと思っていた。

診療所の先生に紹介されて大きな病院に一度行ったのだけど

大病院の先生のことが嫌いで、それから一度も大きな病院に

行ってないのだ。

その後も、診療所の先生に行けと言われてたのに。

ガンコオヤジのばかっ!!

本当に、大バカだ!!

大切な奥さんを、こんな目にあわすなんて。

バカバカバカ!!!!!

病院に行ってれば・・・・


オジサンは、ガンコ。

この家族では、オジサンが決めたことは絶対。

亭主関白!!

だから、家族はおじさんが大病院に行かないと

言い出したら、もう誰もどうにもできないのだ。


こんなおじさんだがふららとはこのおじさんと話があう。

奥さん、お兄ちゃん、妹よりもふららと話があうのだ。

おじさんは建築のデザインの仕事をしていて

英語もしゃべれないのに海外にも行ってたらしい。

ふららにセンスがあるなら、おじさんのような

仕事がしたかったなぁ。

ゴルフの話をしたりして。

まだまだ、聞いてない話がたくさんあるのに・・・

だめだよ、天国はまだ早いよ。


ふららは、病院の廊下で待っているだけで、

集中治療室のおじさんとまだ会ってもいない。

おじさんの状況が悪化する一方で、

透析をしなかればいけないという。

この透析をしないと命が危ない、

でも、この透析をすると心臓に負担がかかるので

かなり危険。

おじさんは、大病院に行っていなかったため

心臓がかなり壊死しているという。

先生は最善を尽くすというだけだが、話の内容からいうと

雰囲気としては、生存率は3%というような感じだ。

望みは捨てないが、黒い服の用意もしなければ・・・と

頭の隅をよぎる。

ふららは、一緒に生活していた家族ではない

だから、この家族より冷静でいなければならない。

混乱している、家族のサポートをしなければ。


しばらく廊下で待機していると先生が来て透析は

とりあえずうまくいっているといわれた。

ほっとした。

しばらくして、ふららは

入院したおじさんとはじめて面会した。

ベットの周りには、テレビのドラマでみるような機器が

たくさんあり、おじさんの体中に管や配線がくっついている。

口にも鼻にも右手も左手もありとあらゆる場所に・・・

本当にヤダヤダ

なんで、こんなことになってるの。

自分の父親のときと一緒だ。

ふららは、眠っているおじさんに

声をかけて魂にうったえた。

涙がとまらない。

どうしちゃったんだよぉ・・・

たまらなかった。

ほんとうにたまらなかった。

胸が苦しくて苦しくて。

透析はうまくいったがその後どうなるかは

先生もまったくわからないような状況。

その後、色々な親戚の人々が到着。

家族を励ます人が来てくれた。

祈りながら数日がすぎた。

奇跡が起きたのだ。

おじさんは、山を越えたのだ。

そう、山を越えたのだ。

家族が声をかけると、ほんの少しまぶたが動いた気がした。

次の日は、足を動かしていた。

そして、話しかけると首を少し動かしている。

たぶん反応している。

このとき、家族の人たちから笑顔が生まれた。

かすかな光が見えたのだ。

おばさんと妹が、ほっとした姿をみて本当にうれしかった。

おじさんは、次々と奇跡をおこす。

たくさんくっついていた、管が少しずつ取れていくのだ。

昨日、ふららが会ったときは人工呼吸器がはずされていた。

そして、話しかけると目を開けて少し話した。

ずっと、声をだしていなかったのと睡眠薬?

のせいなのかわからないがあまり声が出ていなかった。

意識がもうろうとしているようで、

現実と夢がまじったような会話をしていた。

あんまり、聞き取れなかった。

いま、おじさんは戦っている最中。

この話は倒れて一週間くらいのお話。

今後は、いったいどうなるかはわからない。

ふららは、回復を祈るしかできない。



ブログを書いている途中にも日々おじさんの病状は

変わっている、また人工呼吸器をつけて後退してしまった。

愛する人のためにもおじさんにはがんばってもらわないと。




みんなにも大切な人がいると思う。
だから、健康診断と病院には絶対行ってね。
愛している人を残していくなんて
本当にバカヤロウなのだ。
バカヤロウではすまないのだ。
愛する人のためと思って ねっ。
関連記事

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

○匿名さん

そうだったんですね。
病院って、嫌いな人がほとんどですもんね。
最近の医療は進歩してるので、早期発見だとだいたい治っちゃうんですよね。
私も病院嫌いなので、行きたくない気持ちがわかります。
病院嫌いなガンコ者が、病院に行きたくなるような場所だったらいいのになぁなんて思ったりします。
コメントありがとうございました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふらら

Author:ふらら
♀x♀
ふらら、ピヨのことが大好き
*・;・^;・:\(o^▽^o)/:・;^・;・*
ふらら :年下
ピヨ  :年上

Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
カテゴリ展開メニュー
  • はじめまして(5)
  • ふらら年表(1)
  • ピヨとの出会い(6)
  • 出会いそれから(5)
  • 家族(24)
  • 思い出してみよう(24)
  • 日常(272)
  • おでかけ(179)
  • 山(9)
  • ひとりごと(50)
  • リアルタイム(18)
  • この指とまれ(100)
  • 趣味の一覧表(0)
  • 未分類(2)
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター アクセス
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
メール追加してみました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。