スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠いけど近い(3)

カフェを出たら街を散策。

ふららは、キョロキョロしながらイクラちゃんに

街を案内してもらう。

おいしいそうなお店がいっぱいだ。

あー、ここの店来たことがある。

昔、職場の先輩4人と遊びに来たことがあった。

この4人はふららの実家に泊まってた。

京都、奈良、神戸の観光をして楽しんだ。

そのときにピヨもいたので一緒に

神戸を観光したことを思い出した。

普通、職場の先輩達って嫌なイメージだろうが

みんな仲が良かったんだよね。

ふららは年下なのに仕事が終わると

みんな友達でタメ口だったもん。

そんな出来事を思い出した。

いくらちゃんに洋服のお店から招待状が届いていたので

洋服のお買い物に行くことに。

とってもおしゃれなお店だ。

たーみーがお気に入りの洋服屋さんでもある。

いくらちゃんとたーみーは、

距離が離れていても、いつもつながっている。

距離は遠いかもしれないがふららにはそう見えない。

なんだか近くにも感じる。

いくらちゃんは、離れた関西にいるというのに

半年で4回も会っている。

たみおと一緒に遊んでるときは、いくらちゃんと電話している

たーみーと交代してお話したりしてたからね。

ふららには、いくらちゃんは遠い場所にいるとは

感じないんだよね。

たみおといくらちゃんと一緒にいるとふららは、

学生時代のときのノリでいられる。

ピヨは、ふららより年上で年代も離れているので

知らない音楽や漫画や野球の話で、キョトンとなることがある。

キョトンだが、それも楽しい。

ふららの好きだった音楽はピヨにはキョトンである。

関西、関東っていう差っていうのもあったりもする。

そういう部分をいくらちゃんとたみお達といると

ワイワイと騒げて楽しいんだよね。

また、今度も会えるし。

近所に住んでる友達より、近く感じることのできる友達が

できてふららは、しあわせもんです。


遠いけど近い(2)

昼頃に到着したので、まずはランチ。

たーみーも行ったことのあるステキなカフェ。

ソファでゆっくりくつろぐ。

イクラちゃんと色々と話をする。

そういえば、1対1でお店で

彼女の話を聞いたり、自分の話をしたことなかったなぁ。

イクラちゃんの話を聞いてフムフム。

心のの奥にしまっていた金庫の中を久しぶりに開けてみた。

ブログをはじめたいらいかな。

文字ではうまく言い表せなかった部分を

イクラちゃんに話して聞いてもらった。

ふららとピヨのことはとっても長い期間での出来事なので、

ちょっと短い時間で話すには、ふららのこともピヨのことも

相手に誤解をあたえる内容となってしまう。

なので、ふららはお話ベタなのも含めて

聞かれなければ話すことはない。

もともと、自分のことはあんまり話さないし

いつも友達の話を聞いていることのほうが多かったからね。

一番大切なピヨにだけはきちんと

理解してもらっているのでいいかなって。

十数年も人に相談することなくピヨと二人だけで

乗り越えてきたし。

そんな、ふららだったが、心の底は色々聞いて欲しいんだろうね。

だから話し始めたらとまらない。

いろんなことがあふれて出てくる。

ふららは、たみおと立場などが似ていたりするので

たみおのことはなんとなくわかる。

だから、イクラちゃんが「???」たみおのことは

ふららはなんとなく答えることができる。

ピヨとイクラちゃんは色々と似ていないのだが

イクラちゃんの話を聞いてフムフム、なるほど。

と色々と胸に感じることや勉強になることがいっぱいあった。

ちょっとランチの予定が、居心地の良いソファーで

おしゃべりしていたら結構長い時間いたね。


遠いけど近い(1)

お正月ボケのふららです。

万年ボケております。

年末年始は、ピヨと全く遊ぶことなく

実家ですごしておりました。

ふららもピヨもお互い寝正月。

ピヨはひたすら寝るという生活。

去年は、本当にピヨは大変だったので体のためには

ちょうど良かったんじゃないかな。

ふららは、1週間のんびりとしておりました。

仕事納めの次の日から実家へ。

ピヨと会えなくなるので、ピヨの家に朝早く行って

一緒に出勤しようと思ったが、新幹線の振り替えの

空席がなかったので行けなくなった。

ピヨを玄関でギューーってして見送ってバイバイ。

ピヨ宅でゴロゴロしてしばらくして、

ピヨの香水をつけてやっと出発。

新幹線に乗って少しメールをしたらすぐに眠たくなった。

なので、寝てた。

富士山の山頂は雲に隠れて見えなかった。

岐阜や滋賀付近になると雪が積もっていた。

今回は、関東よりも関西のほうが寒かった。

新幹線到着。

今回は楽しいことが待っている。

ワクワク。

それは、関西でイクラちゃんと遊ぶっていうこと。

イクラちゃんとは、たみおの彼女だ。

たーみーは、予定があったので残念。

荷物を預けていくらちゃんと神戸散策。

旅は続くよ(3)

shin、がんばっちゃったよ。
shinちゃん、決まっちゃったらがんばる子
気ぃちっちゃいshinちゃんの食材
でかした、エモリン!!
出発前
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(1)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(2)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(3)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(4)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(5)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(6)
旅は続くよ(1)
旅は続くよ(2)

夕食の時間なので街にでかけよう。

街にでかけようとはりきったが、ガイドブックがない。

よくわからないので、とりあえず歩いてみよう。

ホテルのすぐ横に、なんだかよさげなお店。

お店に入ってみると満席だ。

他の店にしようと思ったが、このお店が

なんだかおいしそうな雰囲気なので待つことにした。

40分くらい待つようなことを言っていたので

部屋にもどってのんびりしようと思ったが

携帯番号を伝えて街をぶらぶらすることに。

少し歩くと富山城があった。

ふららは、城マニアではないが結構好き。

最近宿泊する地方都市にはたいていお城がある。

今回は、夜のお散歩となってしまったが

朝、早く起きて朝食前に

お城の中を散歩するととても気持ちがいい。

これは、ふららよりもピヨのほうが気に入っている。

朝早いので、天守閣は開いていないがお城の門まで

たいてい行けるんだ。

空気の澄んだところを二人で歩くととても気持ちがいいよ。

今回は、夜のお散歩でお堀の周りをくるっとまわって

お城を眺めながら歩き、敷地内に入るとちょっと暗いので

びびりのふららはピヨにくっついて歩いていた。

お城をぐるっと歩いてお店の近くに戻ると

ちょうど良いタイミングで電話がなった。

雰囲気のいいお店。

では、まずは日本海のおいしいお刺身を

氷見のぶり、たこ、白身

うひゃー、うまいうまい。

ピヨの日本酒がススムススム。

白えびの唐揚げ 甘くておいしーーー。

氷見のぶり大根

こんなにおいしいぶり大根は食べたことがない。

白えびのお刺身もとろけそうでたまらん。

そのほか、注文した食べ物も全ておいしい。

富山って、おいしい。

また、来なくっちゃ。

大満足な夜なのでありました。

みんな、富山っておいしいよ。

ぜひぜひ遊びに行ってね。

ホテルにもどり、温泉に入ってリラックス。

大きなお風呂は気持ちがいいね。

仲良く就寝。

3連休の3日目、本当ならゆっくり観光したいのだが

今回は、ピヨの体の方が大切。 

家でゆっくり休ませてあげたい。

三連休、渋滞になったら何時になるかわからない。

早起きは大変だがたぶん、これが一番ベストな選択。

目指す東京は、430Km先

ってなことで、寝ぼけながら4:30にチェックアウト

ここのホテル、昼すぎまで大丈夫だったのに w

数年前に長野の同じ時期に旅行して

すごい渋滞にはまった過去があるからね。

この時間に日本海の道路を走る人はだれもいない、

スイスイだぁ。

いつもは、ピヨにいっぱい運転してもらっているが

このときは多分ふららがんばっていつもより運転してたよ。

ピヨは、後部座席でスヤスヤ。

途中でピヨにかわってもらいながら7:40に

横川サービスエリアで休憩。

横川っていったら、おぎのやの釜飯(125年の歴史がある)

このサービスエリアのステキなところは当時の車両が店内に展示

なんと その車両の中で食べることができる

ステキングすぎる。

ピヨと車両の中で釜飯を食べる。

うーーーん、ステキング。

おいしかったよ。

高速道路は順調。

順調すぎて、ピヨの家に到着したのはAM9:30

げっ、はやすぎる。

富山から帰ってきたのに、朝の9:30だって

430kmも離れてるのにね。

渋滞じゃなきゃ、どこでも行けちゃうね。

とってもいい場所だったので、

また富山に遊びに行こうっと。



ただいま12月ですが10月の出来事でした。
2ヶ月前のお話です。

旅は続くよ(2)

shin、がんばっちゃったよ。
shinちゃん、決まっちゃったらがんばる子
気ぃちっちゃいshinちゃんの食材
でかした、エモリン!!
出発前
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(1)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(2)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(3)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(4)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(5)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(6)
旅は続くよ(1)

ふららの密かな目標であった

富山県でマス寿司を食べるということできて満足。

本当は、市内でのんびり食べたかったが

色々予定があるので次回ということで。

目指すは、白川郷!!

長野から260kmだが、高速だし渋滞がないので

あんまり大変じゃなかったよ。

インターの出口からも近かったからね。

さすが人気観光地、人と車がいっぱい。

まずは展望台から合掌集落を見渡す。

あーーー、やっと来れた。

うれしいな。

雪のときに来るともっと神秘的なんだろうな。

冬にピヨと行ってみたいな。

展望台から集落にもどり駐車場へ。

そしたら、雨がやんできた。

そらを見上げると、とっても低い位置に大きなレインボー。

雨も悪くない、きれいな虹が見えたから。

合掌集落を歩く。

昔話に出てくるような集落。

その中で有名な和田家を見学してきた。

集落を歩いてほっこりした気持ちになった。

昔の日本人ってこうやって暮らしてたんだ。

フムフムとなっていた。

16:30に集落から富山県の宿泊地へ

85km移動したら富山市内。

さぁ、ホテルはどこだっけ地図でも見よう。

あれっ、ふららは富山のガイドブックを家に忘れてしまった。

(カーナビはないよ)(パケもないよ)

富山の地図をまったく持ってないふらら。

ネットで予約したときに見た地図の記憶だけで向かう。

ふらら、すばらしい。

気合と念力だけでミスなく到着。

ホテルの住所と電話番号だけは知っていたから

なんとかなるだろうって思ってるし。

18:00頃にホテルに無事到着できた。

てきとうなプランなのに、予定通りうまくいってる。

旅は続くよ(1)

shin、がんばっちゃったよ。
shinちゃん、決まっちゃったらがんばる子
気ぃちっちゃいshinちゃんの食材
でかした、エモリン!!
出発前
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(1)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(2)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(3)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(4)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(5)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(6)

みんなに見送ってもらい次の旅がはじまる。

ピヨは、仕事でこのBBQに参加できるのかどうかも

わからないぐらいギリギリまで仕事に追われていた。

普段ワガママ言ってるお出かけ好きなのふららも

今からお出かけしたい場所は遠いので

「今回は行かなくてもいいよ。」

「のんびり、近場の観光にする?」

って聞いてみたが

ピヨは「行く」

遊びの疲れは、ベツモノだから大丈夫だよ。

脳をリフレッシュしたいし。

では、お言葉に甘えて260km先の場所へ向かう。

その場所は岐阜県の「世界遺産の白川郷」

ふららは、前から行きたかったのだが

もう白川郷に行っしまった友達が多く、

却下になってしまいなかなか訪れることができなかった。

ピヨも昔に行ったことがあるんだ。

山々なので、日本海を回ってぐるっと行かなくてはならないので

東京から結構遠いんだよね。

長野からもぐるっとまわって岐阜へgo!!

連休なので、東京方面の車は少し混みはじめていた。

ふららたちは、まず目指すは日本海方面!!

小布施パーキングで栗どら焼きを購入。

昨日とは違って晴れてたよ。

日本海へ向かうと雲が多くなってきた。

富山県のサービスエリアで昼食を食べよう。

13時頃だったかな。

富山っていったら、やっぱり「マス寿司」

どこのお店のがおいしいのかわからないが

とりあえず「幻」ってついてるので。

テラスでマス寿司を頂く。

すごーーーい、りっぱな樽?木の箱?に入って

笹に包まれている。

ワーーイってしてたら、びっくりするくらい雨が降ってきた。

えっ。

でも、大丈夫、ちゃんと屋根があったから。

おいしく頂きました。

この日の宿泊場所は、富山県なんだ。

富山にしたのは「ぴっ○んこかんかん」で

放送していたのをすっごく覚えていて

あーーー、富山に行ってマス寿司たべたいなぁ

ステキな町で行ってみたいなってインプットされていたんだよね。

ふらららしいところは、なんとなくイメージだけで先行。

気が向かなければ前もって資料も調べたりしない。

「現地に到着してから考えよう」なところ。

(本当に旅行に行けるかわからなかったし)

(ピヨは、どっちにしろ全く調べない w )



この映像みてたら、どのお寿司が人気だったかとかわかったね。


ぴったんこ  故郷富山の旅 2
        故郷富山の旅 3
        故郷富山の旅 4
        故郷富山の旅 5
        故郷富山の旅 6

第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(6)

shin、がんばっちゃったよ。
shinちゃん、決まっちゃったらがんばる子
気ぃちっちゃいshinちゃんの食材
でかした、エモリン!!
出発前
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(1)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(2)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(3)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(4)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(5)

みんなでワイワイして昼から夜まで

まったりと楽しんで、寝て起きたら

朝食が準備されていた。

「長野づくし」朝食のメニューはコチラ

朝食の写真は、shinのブログでどうぞ。

昨日の夜、20人いたが目が覚めると15人。

こんなにもおいしい朝食を食べないなんてもったいない。

あーーー、また、食べたい。

食べたいよぉーー。

エモリン、また食べたいよぉー。

みんなに大好評だったもんね。

ほんと、みんな楽しい合宿だったね。

ふららとピヨは、旅に出るため

みんなより早くコテージを出発。

お片づけもしないでごめんね。

みんなに見送ってもらい

いってきまーーす。

13人に見送ってもらうことなんてないよね。

車の中で、ピヨと「楽しかったね、楽しかったねっ」って

ずっと言ってたよ。



みんなありがとう!!
楽しかったのでまた遠征BBQしようね。

第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(5)

shin、がんばっちゃったよ。
shinちゃん、決まっちゃったらがんばる子
気ぃちっちゃいshinちゃんの食材
でかした、エモリン!!
出発前
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(1)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(2)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(3)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(4)

決まっちゃったらshinちゃんやれる子。

shinの楽しいパチンコ店員さんのものまねの挨拶で

第3回BBQ大会は開催された。

乾杯したら、みんなで自由に楽しむ。

お料理係のみなさんどうもありがとう。

とってもおいしかったよ。

BBQメニューを思い出したらヨダレがでてきます。

チャンチャン焼きの写真は、shinのブログでどうぞ。

ピヨは、家に帰って寝るだけの生活をずっと

していたのでみんなでワイワイしながら

おいしい手作り料理を食べて、大好きなお酒を

飲めてとっても楽しいって言ってたね。

ピヨがうれしいとふららは、もっとうれしい。

あーー、なんて楽しいんだろう。

ワーーイワーーイ!!


集まったメンバーは14時頃に集合した17名と

突撃!隣の晩ごはんで遊びに来てくれた3名

瞬間20名になったんだよね。

shin&ハニー

清兄&サマンサ

ふらら&ピヨ

きんちゃん&ママさん

エモりん

あんもちゃん&ティラちゃん

カラコマちん&ひーたん

あるまさん&ピンクヒッポさん

イオちゃん&パンちゃん

虹たんHIROちゃん&2号くん

みんなでBBQしたり
お酒飲んだり
料理を作ってもらったり
みんなの口の中にお肉を餌付けしたり
布団でごろごろしてお話したり
マッサージ合戦がはじまったり
シップを介の字貼りしたり
お風呂入ったり
地図を寝転びながら見たり
電気ショック蚊取りラケットをふりまわしたり
ハチマキしたり
ビンゴ大会(ヘタクソを連発)したり
夜にラーメン食べたり

このほかにもいっぱい「たりたり」したよ。
楽しかったなぁ。

そういえば、雨降ってたんだね。

雨を感じないくらい楽しかったんだ。 




東京でもないのに、長野に20人も集まったよね。

第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(4)

shin、がんばっちゃったよ。
shinちゃん、決まっちゃったらがんばる子
気ぃちっちゃいshinちゃんの食材
でかした、エモリン!!
出発前
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(1)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(2)
第3回BBQ大会 in 長野 キャッチボールしたかった(3)

shinの家に、荷物がいっぱいということで寄った。

到着したが、ピヨは後部座席でグーグー寝ている。

とっても、疲れてたからね。

ふららは、荷物を運ぶのを手伝ったのか

邪魔をしにいったのかよくわからないが

玄関のピンポン♪ピンポン♪ならして、楽しんでみた。

夜逃げかのように、みんなでたくさんの荷物を運び出す。

3台の車の後部座席にはたくさん荷物が積まれていた。

山道を30分ほど移動してコテージに到着。

広ーーーーい。

下調べや手配、どうもありがとうね。

いっぱい、人がいるのに狭く感じない。

まぁ、雨降るねぇ。

誰だ、雨を運んできたのは。

コラーーー。

テラスにタープを張って、焼き場所を確保。

まぁー、雨が降る降る。

あのぉーーー、グローブの用意してきたのに・・・

花火も用意してくれてたのにぃ・・・

ピヨは、コテージに到着するなりお布団を引いて

すみっこで、睡眠。

おやすみ、ピヨ。

この時期本当に仕事がいそがしくて、休日出勤をずっとしてて

久しぶりの休日でゆっくりできたんだよね。

みんなが楽しんでる声を聞きながら

気持ちよく寝れてよかったね。

休日でうれしいぃーーって、言ってたね。




えーーっと、長野って10月に行ったんだよね。
サンタさんがもう少しでやってくるというのに・・・
みんながレポートを書いてくれたから
のんびりしちゃった。
思い出しながらニタニタしております。

第2回 ハイキングでルルル♪(9)

たーみーのおかげで、みんなで再び合流することができた。

あーー、ほっとした。

滝を見て、ケーブルカー乗り場へ。

さすが、紅葉の時期だね。

たくさん、並んでる。

その間に、茶屋で購入して豆腐ソフトなんかを食べたりする。

臨時運行してるので、たくさんの人がいるが

少し待ったら順番がきた。

たーみーに預かってもらった、切符を渡してもらい

無事にギュウギュウ詰めの車両に乗る。

みんなと一緒だ。

なんだか、うれしい。

無事に下山できた。

やったー、反省しなくちゃいけないことはいっぱいある。

予定時間よりもかなり遅くなっちゃった。

みんな、やさしいので笑ってくれたが

今度から、こういことのないように改善しなくちゃ。

ふらら、反省です。

バスグループは、車グループの車に分乗して

街中へ移動。

ふららが行きに見つけたお好み焼き屋さんへ。

みんなで二次会だぁ!!

たくさんいるから、いろんな種類のお好み焼きや

もんじゃを食べれたね。

いつまでも、いつまでもみんなで話していたかったな。

本当にみんなありがとう。



みんなに助けてもらって、
この部活があるんだと思います。
これからも、よろしくね。

やっぱり、ふららが一番体力がなかったね。
エヘヘ 

たーみー、本当にありがと。
がんばってもらいすぎたみたいで、
次の日、体調崩してたよね。
元気になったかな?

第2回 ハイキングでルルル♪(8)

ワープの直線道を見つけて得意げな気分。

あれれ、もう、先頭グループのことを追い越しちゃったかな?

みんないないなぁ。

なんて、いいながら登山道を歩いている。

5分ほど過ぎてもいない。

どうしていないのだろう??

不思議だなぁ。

ふららは、あまり気になっていなかった。

だって、下るだけだから何も問題はない。

たぶんワープした10分ほど過ぎたときに

エモリンが声をかけてきた。

「ねぇ、もしかしたら、みんなで待ち合わせの約束を

していた見晴台をショートカットしたんじゃない?」

ふらら「???」

あれれ? そうだっけ?

見晴台って、そんなに近かったかな?

???

ふ~ん。

じゃあ、電話かけてみよう。

電話に気付いてくれそうなコモタンに

電話をしてみた。

ふららは、2週間前に下見に来たときに見晴台から

メールしようと思ったら圏外だったのを思い出した。

ゲゲゲ。

やっぱり、圏外。

どうしよう。

結構、下山してきた。

うーーーーん。

困ったなぁ。

あんまり、体力が残っていないふらら。

あーーー、やっちまった。

見晴台から、少し下山した場所から携帯が

つながる事は知っていたので、もう少し待ったほうがいいかな。

うーーーん。

ふららは、どうしていいか、わからなかった。

困り果ててしまっていた。

そしたら、たーみーが

「私が見晴台に行ってくるよ」ニコッ

まだまだ、元気だよ。

もう少し、待ってみようよ。

「いいよ、行ってくる」

大きな荷物を置いていかないで、

みんながいるであろう、見晴台へ向かってくれた。

しばらくして、たーみーから電話が。

「みんなと出会ったよ」

ふららは、ほっとしたと同時に

みんなに心配と迷惑かけてしまったことが

本当に申し訳なくって、みんなと目をあわせるのが

できなかった。

下山してきたみんなには、

「みんなおそいよぉ~」なんて言っちゃっうのが

精一杯だったよ。

もちろん、みんなには謝ったけどね。

今回の スーパーMVP → たーみー

そして スーパーAPT → ふらら

AnPonTan(あんぽんたん)なふららなのでありました。

本当に、ごめんね。




↓こちらのブログは、見晴台で待ってた仲間のブログです
【BYレイ】消えた4 人のあそぼおばけ

第2回 ハイキングでルルル♪(7)

後は、ケガをしないように下山するだけ。

登りは、苦手なふららだが

下山は大好き。

一気に元気になって、おしゃべりがとまらない。

そういえば、登山中に一度も

ピヨが横にいなかった。

あれれ。

ずっと、別行動だったね。

まぁ、いいや。

登山のときはいつもお互い無口で

お互い自然と向き合ってで歩いているだけだから。

途中途中で、お互いの存在の確認をしながら

おのおので歩いているだけだからね。

今日は、たーみーが横にいてくれてる。

たーみーとふららは、

イクラちゃんやピヨからみてると

どうやら二人は似てるらしい。

だから、下山しながらドングリや木の実や

きれいな落ち葉を見つけては

「こんなにもきれいなもの見つけたよ」

なんて見せ合いっこしながらのんびり下山。

たみふらタイムが流れている。

なので、お互いここちの良い時間がながれてる。

この二人の目の前には、エモQが歩いている。

コモ、レイ、コム、ピヨの4人の先頭グループが

かなり先に歩き、途中で後方グループを待ってくれて

確認したら、前に進むっていうような感じだった。

後方の4人は、のんびりと歩いているもんだから

先頭グループがすぐに見当たらなくような感じになっていた。

そんなところに、ナイスなことが。

おっしゃ、逆転のチャンス!!

ふららは、みっけた。

秘密の裏技。

蛇行している道に一本の直線のワープの道が。

ちょうど、家族連れの人々がそのワープ道を登ってきている。

見晴らしもよくて、元の登山道も見えるので安心。

これで、みんなから遅れた時間も取り戻せる。

さすが、部長!!

いいこと、ひらめいた。

ふら、たみ、エモ、Qの4人でこの道を降りた。




やっぱり、部長ってすごーーーい。
ひゅーひゅー

第2回 ハイキングでルルル♪(6)

湯豆腐を楽しみながら

3台のバーナーはフル活動。

エモリン、たみお、ふららこの3人が

バーナーを持っている。

もうひとつ、道具の名前を知らないが固形燃料の

ファイヤーをQさんが用意してくれた。

普通、みんな持ってないよね。

こんな仲間が出来たのはうれしいな。

こういうことを楽しいって思える仲間。

最高だね。

お湯が沸いたら、みんなでカップラーメンなど

各々の大好きなものを持ってきたおにぎりと

一緒に食べる。

体が、ポカポカだ。

たーみーにいたっては、必殺料理人のため

みんなとは違う。

生麺のうどんと生卵を持ってきて調理しはじめたのだ。

さきほど、湯豆腐のときに提供してくれた薬味を

入れて満足そうに食べていた。

たぶん、この部活は山登り倶楽部ではなく

「頂上で、いったいどんな料理がつくれるか部」に

変更するのは時間の問題だ。

ここで、またまた、たーみーが柿がおいしいのでと

頂上で、柿を剥きはじめみんなにふるまってくれた。

とってもおいしかった。

たーみーのリュックは、石のように重かった。

だって、こんなにも色々と食材や器具を持ってきたんだもんね。

たーみーは、重くても平気なんだって。

たーみーは、すごいのだ。

最後は、コーヒーを飲んで、チョコレートを食べたりして

頂上とは思えない楽しいランチを過ごせたよ。



第2回 ハイキングでルルル♪(5)

みんなが、たのしみにしてた

ランチだ。

わーーい。わーーい。

頂上は寒い。

ふららは、寒い寒いといいながら3枚服を着込んだ。

今回の目的は、山に登るというよりは

「頂上で湯豆腐するぞ」と

副部長のエモリンと盛り上がっていた。

きっと、これがしたいがために

頑張って道具を運んできたのだ。

この湯豆腐は、エモリンのアイデアなんだ。

この○山は、豆腐が有名だから湯豆腐。

エモリンお勧めのポン酢も持ってきてくれた。

おいしい、お豆腐を早めに到着したふららが

湧き水で作ったおいしい豆腐屋さんで購入。

エモリンがお鍋に湧き水を沸かして湯豆腐。

頂上で湯豆腐なんて粋だね。(バカだね)

これに、彩を添えてくれるのが

必殺料理人のたーみー。

1.なんだかタッパに青ねぎのみじん切りを持ってきていた。

2.しょうがまるごとを持ってきて薬味をおろす
  (先週かっぱの橋で購入した薬味おろしスプーン)


これを頂上ではじめる。

3.無人販売のようなところでゆずを購入
  頂上で千切りしてた。
  
本人は、湯豆腐のためだけに持ってきていたわけではないが

こんなにもたくさんの食材を用意してくれたのだ。

だから、とても豪華な湯豆腐が食べれたのだ。

周囲の人々は、この子達何を始めるのだろうと

興味津々になって見てたよ。

そりゃ、頂上で湯豆腐食べてたら見るよね。w

とても、記憶に残るランチが食べれたよ。



第2回 ハイキングでルルル♪(4)

今回登る山は、「ファミリー登山」というわりに

平らな場所がなくちょっと大変。

だから、今回参加したいなと思った人も

一緒に登山できなかったのがとっても残念。

他の楽しい、イベントがひらめいたとき一緒に遊ぼうね。

いきなり、すごい階段コースが2連続。

自分と階段だけの世界。

周囲のことは見えなくなる。

階段をじっと見て、一つ一つ上がっていく。

そうすると、はぁはぁいいながら、登り終わる。

少しづつ登ると、必ず上に登れるのだ。

この後も、けっこう急な斜面で

みんなのことを各ポイントで様子を伺いながら登る。

急な斜面なので、体がポカポカしてきたので

Tシャツになったよ。

こんなにも寒いのにね。

最初は、先頭グループで歩いていたのだが

後半から、後ろグループで歩き始めた。

前々から、言ってるがふららはあんまり体力がない。

っていうか、根性がない。

のんびりと歩いていたら、なんだかみんなと離れ気味に

なっていた。

たーみーが一緒に歩いてくれてた。

急な道なので、みんなあんまりお話して登れないので

第一回目とは違って黙々と歩いてたよ。

みんな、立派なハイカーさ。

ふらら、部長のくせにだんだん苦しくなった登山中に

発した言葉は、「なんで、こんなに大変なのに山に登るんだろう」

あーー、言っちゃった言っちゃった。

そう、ふららはヘタレなので、すぐに泣きごとを言い始めるのだ。

たーみーに「そんなこといわないの」

なんて励ましてもらいながらだんだんと頂上が近づいてきた。

はぁはぁ。

なんとか、みんなに迎えてもらい頂上に到着。

(あれっ?君、部長だよね。)

わーーーーい。

頂上でみんなで記念撮影。

やったね。

じゃあ、みんなで頂上でランチだ。

第2回 ハイキングでルルル♪(3)

今回、みんなで登る山は

豆腐で有名な山。

参加者は8名

ふらら&ピヨ
エモリン&Qさん
コモレイ
たみお
こむすびさん

ふらピヨ号は集合の2時間前に駐車場到着。

登山口に近い民間の駐車場。

そして、車の中で休憩。

駐車場が少ないので、バス停で1つ

下ったところぐらいしかない。

今回は、イベント中なので、たぶん1~2km下った

臨時の駐車場になってたかもしれないからね。

仲間の駐車場もおじさんと交渉して確保。

(よっ、部長。ナイス判断!!)

早めに到着した、コモ、レイ、コムちゃんに

混雑する、ケーブルカーに並んでもらい

切符も先に購入してもらうようにお願いする。

(よっ、部長。ナイス判断!!)

時間通り、みんながやって来た。

う~ん、今日もいい感じ。

楽しい一日が始まる。

コモちゃんに、往復の切符を購入してもらったもの

配布してもらう。

どうもありがとう。

みんなで、並んでおしゃべり。

改札口に近づいた。

みんなが次から次へと入っていく。

さっき配布してもらった切符を

ポケットから取り出す。

取り出す。

とりだす

とりだそうとしたが

ポッケに指を入れるが

あちこちさがすが

どんなにさがしても

もうちょっとさがしても

???

ぎゃーーーー

ない

ない

なーーーーい。

往復切符がなーーーーい。

みんなは、改札の中。

ふららの後ろの人が次から次へと

改札の中。

たらーーーん。

毛穴がひらく。

ない

ないないない。

駅員さんがゲートをしめる。

うぎゃーーー。

ふらら、チケットを買いに走ろうとするが

改札よりずーーーと後ろの小屋。

あーーー、間に合わない。

もう、ケーブルカーが到着した。

今度は、リュックの中を探し始める。

入れたつもりはないが。

あった。

あったよ。

さっき、全員集合したから

携帯電話は必要ないと思い

リュックにしまったんだった。

そう、そのときに一緒に切符も。

駅員さん入れておくれ。

チケットがあったんだから。

先に中に入っている仲間も

交渉してくれたのだが、

改札の中に入れてはくれなかった。

そして、ピヨも先に行ってしまった。

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

みんな行っちゃった。

みんなが行くのはいいのだが、

ケーブルカーの通常運転の間隔は20分。

みんなを待たせてしまうことになる。

あーーー。

なんてこった。

部長のくせにぃーーーー。

ふららは、かなりショック。

あーーーー。



でもね。

でもね。

ふららの横で

たみおがいてくれたんだ。

大丈夫だよ。

大丈夫だよって。

たーみー、やさしいなぁ。

ありがと。


そして、ふららの切符を回収してくれて

ふららの切符係さんとなってくれたんだ。

いつもは、ピヨに切符は管理してもらってるんだけどね。

もう、数メートルで改札だったからね。

ふららが自分の切符を持ってしまったんだ。

通常20分間隔の運転も今回は臨時で8分間隔と

なっていたので、待たせた時間は少しだけ短縮できた。

みんな待たせてごめんね。



ふららって、ぼけーーっとして結構しっかりしてるよね。
と油断してたでしょ。
ふららって、本当にこんなことをやらかすのです。
とんでもないことをやらかすのです。
なので、ふららのことは信用しないようにね。
エヘッ

第2回 ハイキングでルルル♪(2)

ふららの部活はアウトドア

だから、部活があるときは週間天気予報と

いつもにらめっこ。

毎回、ドキドキである。

でも、基本なんとかなると思ってる。

根拠のない自信があるだよね。

前日まで天気予報は、とっても微妙だったがけど。

良い天気。やったね。

今回は、車で来る人、電車+バスで来る人とそれぞれ。

有名な行楽地でイベント期間は、駐車場を確保するのが難しい。

早すぎるのは承知で2時間前に到着。

それでも、登山開始口の公共の駐車場はもう満車。

でも、ふららは大丈夫。

ふらピヨは、もうこの場所に1ヶ月で3回目だ(笑)

もう、下見に2回も来ている。

1度目は、富士山の麓の下見の帰りの通り道なので

ちょうどいいやということで、この場所に来た。

そのときに、副部長のエモリンに3通目の写メール

を送信したんだった。

その2週間後、土曜日にMちゃんとちょっとした、

山というか丘というか場所をなんちゃってハイキングを

しようとしたら、運動不足なMちゃんはバテバテになってしまい。

予定のコースを変更して少し歩いて、お買い物に変更して

夜遅くまで飲んでいた。

ピヨが帰り道の車の中「なんか、不完全燃焼だね」

「山に行きたいな」っていうので、ふららも賛成。

じゃあ、下見を兼ねて今度みんなで登る山に

行こうってことになった。

これを決めたのは、土曜日の夜11:00の車内。

東京から2県離れた土地。

山って言ったら、早起き。

でも、大丈夫、ふらピヨは遊ぶっていったら全力だ。

朝6時に出発して、ケーブルカーに乗らず

全コース、歩いた。

結構、大変な山だからケーブルカーに乗ってハイキングだね。

なんて、部長らしい考えをした。

なんちゃって、部長なのである。



第2回 ハイキングでルルル♪(1)

ふららが部長だって。

そんな、ハイキング。

集まるのかなぁ?

集まった。

では、みんなで山登り。

ルルル♪

街で飲んで、集まるだけの仲間が

自然の中で集まった。

昔は、夜のネオンが好き。

だけど、最近は太陽の下で遊んでる。

そんな、仲間が集まった。

うれしいね。

みんな、本当は外で遊ぶの好きなんだよね。

だって、たのしいもんね。

みんな、遊びの達人になってきてるもん。

最高だね。

そんな仲間ができて、ふららはしあわせです。




スカイツリーチャリンコツアー(4)

次は、浅草散策。

まずは、仲見世を歩く。

休みの日は、活気があっていいよね。

毎週お祭りみたい。

みんなで、食べ歩き楽しいな。

本堂にお参りして、パンパン。

ディープな裏道を歩き、下町な感じを楽しむ。

顔ハメ看板があればみんなで顔をつっこみ

写真撮影。

本当にバカバカしくて楽しい。

なんて、ステキングな仲間なんだ。

カラコマちんは、残念だが体調が悪かったため

ここでお別れ。またね。

まずは、エモリンが行ったことのある

オヤジ飲みのお店に入る。

安くておいしかったね。

夕方から、ずっと2階でみんなでワイワイ

飲んでいるとまわりの客もいなくなり

お店の人も1階へ降りてしまって貸しきり状態。

楽しいので、店を移動してもう一軒。

今日はじめて会った仲間も、一日一緒に遊んでたら

とっても仲良しで意気投合。

たのしいね。

なんでも、楽しめる仲間って最高!!

楽しすぎて、時間を忘れて

みんなダッシュで終電へ向かう。

朝10時に集合し、24時頃解散。

14時間もみんなで遊んでたね。

あーー、楽しかった。

みんな、ふららのテキトーツアーに

つきあってくれてありがとう。



楽しいので、また「チャリンコツアー第二弾」やっちゃうよ。
みんな自転車乗れるように練習しててね。
また、チャリ隊で会おう!!

スカイツリーチャリンコツアー(3)

清兄が名づけてくれた

「東京ス○イツリーチャリンコツアー隊」

略してスカチャリ隊

いいね、これっ。

7名で商店街や道路をチャリチャリ走る。

ふららは、みんなにどうしても見てもらいたかった。

やっと見てもらえたんだ。

しかもチャリンコで。

ふららは、これだけで大満足。

みんなも子供になって一緒に楽しんでくれたんだ。

なんて、最高な仲間なんだ。

ガチャガチャして、みんなでピンバッチをくっつけたり。

ゆるキャラの「おしなり君」にも会ったり。

えもりん、おすすめの「お蕎麦屋」で食べたよ。

そして、ふたたびチャリンコに乗って「かっぱの橋」

飲食店を自分でやりたいと思えば、ここにくれば

なんでもそろう。

すんばらしい。

料理好きな人のテーマパークなのだ。

料理好きな人は、ぜひココに遊びに来てね。

欲しいものはなんでもそろうよ。

ここの場所で、目をキラキラさせていたのは

たみおとCCさん

この二人は、なんでも手作りできちゃうのだ。

だから、「ものづくり部」の部活を結成してもらおう。

ふららは、みんなと話していたので

ピヨのことはあんまり観察していなかった。

ほったらかしていた。

ピヨは、グラスを2つ購入したらスイッチが入ったみたい。

そしたら、いろんな便利グッズを次から次へと

購入しはじめて、いったい何点購入したのだろうか。

3袋いっぱいに買っていた。

きっと、変なものを購入したんだろなと思ったら

家に帰って料理をしてみたら役に立つものばかり。

ステキな便利グッズがそろったのだ。

たみおやCCさんは、欲しいものが見つかったみたいで

よかったよかった。


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ふらら

Author:ふらら
♀x♀
ふらら、ピヨのことが大好き
*・;・^;・:\(o^▽^o)/:・;^・;・*
ふらら :年下
ピヨ  :年上

Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
カテゴリ展開メニュー
  • はじめまして(5)
  • ふらら年表(1)
  • ピヨとの出会い(6)
  • 出会いそれから(5)
  • 家族(24)
  • 思い出してみよう(24)
  • 日常(272)
  • おでかけ(179)
  • 山(9)
  • ひとりごと(50)
  • リアルタイム(18)
  • この指とまれ(100)
  • 趣味の一覧表(0)
  • 未分類(2)
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター アクセス
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
メール追加してみました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。