スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼ・ぼ・ぼ・ぼんで牛タンたん♪(7)

朝、目覚めると広いベットで

気持ちがいいったらありゃしない。

右や左にゴロゴロ。

2日間、雨の予報で行動していたのに

晴れはしないが一度も傘は必要なかったなぁ。

お城巡り部としては、

仙台城の歴史をお勉強ということで

仙台歴史博物館へ。





車で向かうが、あら、びっくり。

本日、休館。

まじっすか。

まぁ、いい。

また、何度でも仙台に遊びにいくからね。

何もしないで帰るのも、あれなんで

仙台城の政宗さんにご挨拶。





(こちらのお城は何度も来てるので)

七夕のイベントは数日前に終わったが

ちょっと飾ってあったのでカシャリ。






ずずんだちゃん(やなせ先生作)

ずんだもちを食べる。




ピヨは、ずんだは大好きなのだ。(枝豆だからね)

仙台の街とはお別れして次の場所へ。

1泊2日だが、遠いので帰らなくては。

行きが、9時間30分もかかったからね。

でも、帰路に寄り道を。

白石市へ。

「白石うーめん」を食べるために来たのだが

カーナビ設定で店に到着したのだが、空き地。

????

小さな立て札があった。

やっぱり、影響がいろいろあるんだよね。

震災で解体したんだって。

でも、大丈夫、駅前に移動して再開。



「うーめん」って何だ?

「温面」って漢字で書くんだ。

そーめんと何が違う?

って、ツイッターで聞かれたのに返事してなかった。

とりあえず、「麺が短いのが特徴かも」

っていうのが、ふららの感想。

温麺ってかいてるのに

並んで待ってて、暑くて、2人ともというか

お客はたぶんみんな、冷やしうーめんを注文してたね。



ご当地料理を食べるとうれしいね。




お城巡り部 3つ目は。

100名城ではないが白石城へ。

災害復旧工事だったため、お城はシートに囲まれておりました。





入館できないのかな?と思っていたら、ヘルメットをかぶって入場無料で

復旧現場を見る貴重な体験ができたよ。

ピヨはなんだか、ヘルメットがとってもよく似合う。

その後、少し離れた武家屋敷




お土産に白石温麺を購入し家に帰ったよ。



青森、秋田、岩手も大好きなのに最近行ってないなぁ。

ピヨ、もっと上の東北にも行こうね。

自然がいっぱい、東北が大好きな2人。

しばらくしたら、紅葉がはじまるもんね。

きれいだろうなぁ。

次は、どこに行こうかな。

ぼ・ぼ・ぼ・ぼんで牛タンたん♪(6)

では、tちゃんに教えてもらった

おいしいお菓子をみなさんにも

勝手に教えちゃおう。

★仙台

●榮太郎
極上なまどら焼き

●ふじや千舟
支倉焼き(はせくら)

●お茶の井ケ田 喜久水庵
喜久福

●伊達あられ本舗
ごまがき




●鐘崎 笹かま
 大漁旗




★福島
柏屋
檸檬(れも)



さすがグルメちゃん。
全部おいしかった。
このリストを持ってまた買いに行かなくっちゃ。

他にもおしえてもらったけど、全部はクリアできなかった。


途中の食べ歩き





●もち処木乃幡
凍天



ケンミンshowでも紹介されたらしい。
福島県の相馬の餅菓子なんだけど 
これ、おいしかったよ。



ぼ・ぼ・ぼ・ぼんで牛タンたん♪(5)

ホテルに満足して。

ニコニコな2人。

tちゃんに教えてもらった

おいしいお菓子探し。

期限が短いものばかりなので

数日にわけて食べれないのが残念だが

ふららなので大丈夫。

おいしいものが全部そろってる場所は

仙台駅のS-PAL

とりあえず、下見して後で購入することに。

夕食は、どこか足をのばしてどこかに行こうかと

思ったが二人とも昼の牛タンで満足したので

移動は面倒ということで、駅ビルでお食事。

宮城県の日本酒とお刺身を食べてご満悦。





ふららは、さばの味噌煮を食べたよ。



仙台に関係あったけ?ww

おいしいのでいいよね。

だだ茶豆ってほんと甘くておいしい。

明日、にゅうめんを食べに行こうとなんとなく

思っていたのに、ふららのセットに

にゅうめんがセットになって出てきてびっくり。

ほろ酔いのピヨと店を出て

気になるお菓子を次から次へと購入。

たのしい時間だ。

ピヨは、甘いものに興味がないっていうのがポイント。

でも、大丈夫。

教えてもらった、おいしい笹かまを購入してた。

それを、つまみにホテルで2次会イメージ。

仙台もこの日は暑かったなぁ。

街を歩いてると標識が。

国道4号線

東京の日本橋からずーーっとつながってる。

つながってるのは知ってるけど

東京で見ている標識が東北にふと目に留まる





「つなっがってるぜ、東北!!」

そんな、気持ちになった夜だったなぁ。

ぼ・ぼ・ぼ・ぼんで牛タンたん♪(4)

お城巡り部 開始。

100名城の多賀城

えっ、なんにもないって。

そう、なんにもない。

ちょっとした広場ぐらい。

ピヨと2人で、お城の敷地跡。

平安時代だって。

その後、東北歴史博物館へ移動

お城のお勉強をして、土器なんかをみたよ。

立派な博物館でかっこよかったよ。

建物好きなもんで。

崩れている場所が何箇所もあったよ。

次は、伊達な政宗さんの町へ移動。

瑞鳳殿(政宗さんのお墓)

日光東照宮と宝飾がにてたよ。

なので、華やかだよね。

関西人のふららは、最初日光の建物の装飾を見たとき

朱色に白に青に緑とカラフル

衝撃的だったんだよね。

神社仏閣は京都の茶色の柱みたいな感じが

イメージにあったからね。

深夜から移動して遊びっぱなしで疲れたので

早目のチェックイン。


今回も調子にのって" target="_blank" title="ステキングなホテル">ステキングなホテル

高さは約180m東北・北海道で最も高いビル

で2010年4月にオープンしたんだって。

天井が高くて、曇りだが眺めがいい。









ぼ・ぼ・ぼ・ぼんで牛タンたん♪(3)

あーー松島や・・・・

には、何度も2人で遊びにきてるので

いつもの角度とは違う場所から松島を見てみようってことで

松島四大観 「多門山」 へ



本当はふららは牡鹿半島(石巻、女川の近く)に行きたかったんだ。

自分の目できちんと確認して、感じたかった。

福島までは、何度か遊びに行ってたんだけどね。

テレビの情報だけじゃだめなんだよね。

自分の心の中できちんと感じて受け止めないと・・・ って


渋滞しすぎて予定が変更して、

塩釜に近い多門山と言う場所から松島を眺めた。

遠めで見ると、震災の爪あとはあまり感じなかった。

多門山の半島をぐるっと回ると漁港があり

景色が広がっていた。

すっきりしてるなぁと思っていたら

近くにいくと、更地になって区画が残っていた。

門扉の柱だけがポツンの残っていた。



胸が苦しくなった。

家があって、各々の家族が住んでた場所。

1年以上過ぎたから、きれいに片付けられてはいたが

この場所だけ時間が止まっていた。

ふららは、すごいことはできないけど

きちんとこの出来事は心の中に刻む。

自然いっぱいの東北が大好きだよっていうこと。

だから、東北にいっぱい遊びに行くよ。

みんなも東北で遊ぼうよ。


ぼ・ぼ・ぼ・ぼんで牛タンたん♪(2)

ネットって調べるれば何でもわかるんだけど

具体的な内容が決ってないとネットじゃ

イメージしにくいんだよね。

14:00頃に、友達tちゃんが仙台に詳しいことを

思い出して連絡してみた。

そしたら、おいしいお店をたくさん教えてくれて

そのおかげで、旅のイメージがふくらんで

ふららは、ワクワクしてきた。

おいしいお菓子をいっぱい教えてもらった。

いっぱい、教えてくれてありがとう。

夕食の時間になってきた。

旅のときって地図があるともっと楽しくなる。

図書館に行ってガイドブックを借りた。

地図を眺め、旅行ルートを考える。

頭をフル回転してたので、ピヨが仕事から

帰ってきたときには、ふららはぐったりしていた。

これは、連日のオリンピック観戦疲れでもある。

この日は、女子バレーボール 銅メダルが獲れるか

どうかの緊迫した試合。

アドレナリンでまくり。

仕事をしてきたピヨより疲れ果てたふらら。

簡単な夕食を作って一緒に食べて、バレーを応援したあとは

お風呂に入ったあとはまたプランニング。

ピヨは、疲れて寝てしまった。

今日は連休で渋滞するので24:00出発予定なんだけどね。

ふたりとも、オリンピック観戦でつかれちゃった。

ふららも寝て体力温存しなくちゃいけないのに

オリンピック見ちゃってるし。

結局だらだらしちゃって、AM1:30の出発となりました。

一日中休みだったのに、役立たずのふららは後部座席で

ぐっすり寝て、お仕事してきたピヨが運転してくれたよ。

ピヨがたくさん運転してくれたあと、ふららも運転したよ。

そしたら、途中、まったく動かない。

????

その後も交代しながらの運転。

東北自動車道の渋滞をなめてました。

目的地付近にAM6:00頃には到着する予定だったのに・・・・

出発が少し遅れたとはいえ・・・

遅くなったので、予定を変更して

到着したのはAM11:00

えっ、9時間30分もかかってしまいました。

本当は、釜石の漁港の朝市に行って

新鮮刺身定食を食べるイメージにをしてたんだけどね。

もう、お昼前になっちゃったよ。


さ~て、tちゃんに教えてもらったお店。

まずは、牛たん炭焼 利久

実は、ふららもピヨも牛タンに興味がない。

焼肉屋さんに行っても2人とも食べない。

友達と行っても、ふららは牛タンの良さがまったく

わからないので食べなくてもいいのだ。

だから、おしいと感じる友達に食べてもらいたい。

なので、ふららはカルビをたくさん食べる。

興味がないが、せっかく仙台に来て食べないのはもったいない

グルメなtちゃんのおすすめだから

きっとおいしいはずだ。

ピヨは、分厚い肉が苦手だが、牛たんシチュー定食には

とても興味を示したので行くことに。

11:00に店に到着したが、開店は11:30からだった。

30分前に到着したので、ふららは車の中でガイドブックをみながら

ゴロゴロしていた。

ピヨは、外にでてぶらぶらしていた。

途中で、ピヨが車の窓のたたき「並んでるね」と。

???

利休は、仙台に10数店舗あるし、そんなに急がなくてもと

思って車から降りるとびっくりするくらい並んでいた。

えっ、開店前からそんなに並んじゃってるの。

どうやら、牛タンって大人気なんだね。

少し待つと店内に通された。

カウンターに座ると、バケツいっぱいぐらいに積まれた牛タンが

ナナメの前にあった。

炭火で次から次へと職人技で焼いていく。

ふららは、ノーマルな牛タン定食を注文した。

焼かれた分厚い牛タンがたくさん並んでる。

ふららは、本当においしく食べれるか不安だった。

口の中に入れる、

「うひゃ~、うめぇ~」

「うますぎる」

味付けと焼き加減が最強である。

あーーびっくりした。

牛タン定食ってこんなにおいしいんだね。




これは、クセになる。

また、仙台に食べに来よう。

あっ、東京にもたくさん進出してるよ。

ヒカリエにも東京駅にも他にもいっぱい進出中。

焼肉の牛タンは、食べなくて良いが

利休の牛タン定食はまた食べたい。

仙台だとランチは1200円でお安くてびっくり

ピヨのシチューもおいしかったよ。





今回は市内から離れた多賀店で食べたよ。

ぼ・ぼ・ぼ・ぼんで牛タンたん♪(1)

お盆休みは5連休なふらら。

ピヨは、お盆なんて関係なく通常のお仕事。

でも、連続2日間だけ通常のお休みが入っていた。

前々から、「お盆は一緒に遊べないからね」と言われていた。

ピヨは本当はお墓参りに親をつれていって

実家にお泊り予定だったんだけどね。

ふららが、「5連休なのに、つまんない、つまんない。

どうしたら、いいんだ この休みの期間 ぶーぶー」と

騒ぐもんだから、ふららのご機嫌取りをしてくれ

ふららのための2日間としてくれました。

さわいで、ごめんなさい。

ピヨ家のお墓参りは、数日後に変更してもらい

日帰りだけど、ピヨの親孝行は大丈夫です。

ピヨは、わがまま、ふららを飼っているいるので大変なのですww

急遽、ふららのために遊んでくれるピヨ。

どれぐらい、急かというと8/11(土)のピヨの出勤前に


ピヨ:  遊んであげる 

ふらら: やったー、じゃあ明日のどっかホテルの手配しとく

ピヨ:  自然がある場所がいいなぁ

ふらら: じゃあ、上の方面で探しとく

     では、お仕事いってらっしゃーーい

     そんで、いつものハグしてチューしてお見送り 


ご機嫌なふららは、お洗濯してゴロンっとして

パソコンに向かって、1泊2日どこに遊びに行くかイメージする。

とても天気がよければ、

伊豆で熱帯魚をおいかけるスノーケリング 

でも、ピヨは山をイメージ

福島付近の山をイメージしてたピヨ。

ふららも最近、自然の山から離れてたので

軽く散策してマイナスイオンを感じたかった。

残念ながら、この日から3日間とても不安定で

山で大雨だとなんにも遊べない。

う~ん。

遊びたいのに~

どこ行こうかな。行こうかなぁ。

ひらめいた!!

そうだ、お城に行こう!!

お城巡り部 活動

ここなら、雨でも大丈夫。

そんなわけで、宮城県の多賀城。

東京から370kmくらい。

ふらピヨなら、このくらいの距離は大丈夫。

1泊2日っていうのは、ちょっときびしいが、まぁいっか。

じゃあ、仙台のホテルを予約しようっと。

雨でも楽しく遊べそうな感じだし。

(ふらぴよは、東北方面は大好きで何度も遊びに行ってるので
仙台城、松島などの有名観光地は行ってるんだ)

ネットで仙台のホテルを予約するためアチコチ見る。

うーーーん。

直前っていうか1日前だと、けっこうホテル空いてるね。

割引率も高い。

ぼーーっと眺めてると、あっという間に次から次へと

手配されていき、気になってるホテルがなくなってしまった。

それでも、まだホテルはたくさんある。

ふららは、ぼけーーっとしながら、クリックして手配。

あーーーーー。


あれっ、自分が思っていたホテルと違うホテルを手配しちゃった。

さっき、一番上の画面にあったからさぁ。

ふらら、ショック。

けっこう良いホテルだけど、ミスってしまいショック。

あーーーあー。

途方にくれて画面を見てると、もっともっと良いホテルが

割引になってあらわれた。

このホテルに泊まりたいよぉーーー。

さっきのホテルキャンセルしたい。

キャンセルしたいよ。

前日だからなぁ~ キャンセル手数料何%かな。

覗いてみると、あれっ?

当日のみキャンセル手数料発生。

前日なのに無料でキャンセルできちゃうのだ。

ごめんなさい、最初のホテルさんキャンセルさせてい頂きました。

ちょっと、金額はアップしちゃうけど

またまた、ラグジュアリーなホテルに

お泊りできることになりました。

パチパチパチ。



最近、ふららのくせに良いホテルで調子にのってるなぁ~と

自分で思っております。


最高だねOKINAWA(8)

ふららが最後に行きたいところは

やちむん

(焼き物、陶器)


沖縄弁って読み方むずかしいよね。

やちむん通りに行きたかった。

ピヨの行きたいところっていうのは

基本的にない。

その場所で楽しければ良いのだ。

ちょうど、この日は7月8日(ナハの日)と

いうことで壺屋焼物博物館の開放日だった。




館内をふらっと見学。

石畳通りの通りを歩き 色々陶器を見て歩いた。

やっと気に入った陶器を見つけることができた。



ピヨは飽きていたので、座って

さんぴん茶と黒砂糖を頂いて休憩。

ふららは、スイッチが入りもっと色々欲しくなったので

お店の人に色々聞いて

ふららが欲しそうなものを持ってきてもらったりした。

2店舗で6点お買い上げ。

ピヨと一緒に行った旅先で購入した陶器で

家に帰ってから普段の食卓で使うと

その時の旅の事を思い出して幸せな時間を感じることが

できるんだよね。

だから、最近はステキな陶器を見つけると旅先で

購入することが多くなったよ。

買ったはいいが、とても重い。

ここは沖縄。

それでも、ステキな陶器に出会えてルンルンなので

足取りも軽い。

最後に前々から気になってた不思議な飲み物。

ぶくぶく茶 のお店に

さっき、陶器屋さんでたくさんお茶頂いちゃったんだけどね。

ぶくぶく茶をこの目で見て確かめて

飲んでみないとね。

自分で感じないとふららは納得しないのだ。

古民家を改築したようなカフェで

頂いてふららは大満足。



焼きたて手作りちんすこうはおいしかった。

ふららの今回したかったことは全て終了。

モノレールに乗って、ホテルで預かってもらった荷物を取りに行き

そしてモノレールに乗って空港へ向かった。

一日乗車券は大活躍。

18:30に空港に到着して荷物を預けて

空港のレストランで食事。

タコス、ゴーヤちゃんぷる、フライシュリンプ



那覇空港 20:10出発

ちょっとその前に、売店で購入できる 

おきなわぜんざい(カキ氷)



待合室でこの沖縄ぜんざいを食べて

心の中で沖縄にお別れをする。

今回は時間がなくなったので機内で食べて

ひとりニタニタしていた。

そして、機内でぐっすり寝て

羽田に到着したのは22:35

荷物を受け取り、車で家に無事帰った。

たった2泊3日の旅だったけど

かなり充実した時間を過ごすことができた。

このプランくせになりそう。

週末に1日休みを追加すればいつでも行けちゃう。

ステキング。

こうやってブログを書いてると

またすぐに沖縄に行きたくなってきた。


ねぇ、ぴよ 今度 いつ 行こうかね。



ほんと、沖縄はバカンス気分を味わえるステキな場所で
ふららとピヨは大好きなのです。
時間があったら、離島にも行きたいなぁ。

毎週、山登り

ぼけぇ~っと、してないふららです。

だって、毎週山登りに行ってるんだもん。

「週末ピヨが休みじゃなくてつまんなーーーい」と

4月からふてくされて、部屋でゴロゴロばかりして

たまに、お友達に声かけてもらってお食事したり、

ウクレレのイベントに一緒に連れて行ってもらったりと

みんなに助けられ春、夏を過ごしました。

去年は、ゴルフの練習をして体を少しは動かしていたのに

今年は部屋でテレビを見てこもりっぱなし、もともとない筋肉は

もっとダルンダルンになるばかり。

やる気も何にもなくなってたところ。

山に行くお誘いを受けました。

ゲッゲッ、筋肉ゼロ

行きたいけど、やばい。無理かも。

ピヨは、お仕事だから一緒に行けない。

ふらら、1人じゃ無理かも。

みんなに迷惑かけちゃう・・・

山なんて登れない。

ふららは、努力ができない。

がんばれないときたもんだ。

楽しそうなことしか、できないのだ。

ピヨとは、山に行こうねと何度かその気には

なったんだけど、天気が悪くて何度も断念。

みんなと行く、本番の山の前にピヨと山の練習がしたかった。

ちょうど1週間前にピヨがお休み。

そんなわけで、楽しそうな場所を見つけたのでピヨと山登り。

山梨県の清里付近っていうとイメージできやすいかな。

尾白川渓谷 に行ってきたよ。




ここは、水が本当にきれい「南アルプス天然水」

練習というには、ちょっと長いコースだったけど

日陰のコースで、滝が何箇所もあってきれいな場所だったよ。

危険な箇所もいっぱいあったので始めての登山の人には

おすすめできないが、渓谷の入口付近の水遊びは最高だと思うよ。



寄道したお土産屋 信玄餅
金精軒↓



酒蔵 七賢
アイスクリームを食べた




ふららもピヨも運動不足で体力はなくなってたね。

特に、ピヨがとても弱ってた。

職場の通勤時間が短くて、いつの間にか筋力が落ちてたみたい。

家に帰ると2人とも筋肉痛がひどくて

5日間、ロボットみたいな感じになってしまい

お互いの弱っている、ふとももをバンバンってたたいて、

「やったなーー」「いたいいたい」「おりゃ」

なんて、いいながら筋肉痛をいじめあいっこして遊んでたよ。

本番の山をみんなで行くというのに

筋肉痛がギリギリまで治らないのでドキドキ。

直前になんとか復活できて、みんなと山に登ろることができたよ。

その山は、棒の山。

エモQと途中で合流して山まで車で連れて行ってもらったんだ。

コモレイがブログでアップしてたときに

魅力的なコースでふららはとても行きたかったんだよね。




一人参加での登山は、ふららはとても不安だった。

でも、大丈夫だった、先頭のレイ姫がペースを合わせてくれて

山のつらさを感じさせないように色々と声かけてくれてたから。

そして、一番後ろには、コモちゃんが見ててくれたからね。

自分が思ってた以上に、楽しく登頂できた。

レイ姫マジック。

頂上では、エモリンの冷やしパスタ



食べかけのパスタとトンボと山並み


頂上でこんなに贅沢なものが食べれるなんてね。

めっちゃおいしーーーーーー。

ふららは、何にもせずに何にも用意もせずに

何にも持たずにみんなにお世話になっちゃった。

どうもありがと。

この次の日、ゴルフの打ち放しにも行っちゃった。

急に活動的。

この登山コースが良いもんだから、

ピヨと一緒に行きたかった。

行きたいと思ったらすぐにということで、

1週間後、再び同じ山にピヨと一緒に登った。

1週間前とは違って、今度はふららがリーダー。

途中、気象の変化により大雨になって引き返そうとも

考えたが木々が生い茂ってたので

雨にはほとんど濡れなかったよ。




少し、待つと雨はおとなしくなり大丈夫。

ピヨを案内しながら無事に登頂。

1週間しか変わらないのに、山頂は秋になっていた。

ススキの穂がひらき始めていた。



先週はとんぼがいっぱいだったのに

この日は、蝶々がいっぱい。

下山後、山をみながら露天風呂に入って




ごきげんなピヨがエビ料理をご馳走してくれた。



デザートもいっぱい。



ふららが良いと感じた山にピヨと一緒に行けて

大満足なんだ。

今週末も天気が良ければ山に登る予定。

毎週、山登りって。

いったい、どうなってるんだろう。

4週連続って・・・・

そして、平均週4日筋肉痛。

あんぽんたんなふらら。

でも、楽しいのだ。

最高だねOKINAWA(7)

最終日3日目

沖縄なのに3日間だけなんて。

いつもなら、早起きして早朝出発しちゃうんだけどね。

ピヨは、お仕事に疲れてたから。

ゆっくり起きることに。

たぶん9:00くらいに起きてお風呂入って

ゆっくり朝食を食べたよ。




だって、ここの朝食色々あって楽しいんだもん。

デザートもたっぷりあるし。

ジャムも手作りでおいしゅうございます。

おなかいっぱいになったらまたゴロンと

大きなベットでごろん。



気持ちいいね。

いつもの旅行と違うスケジュールに

ピヨは困惑気味。

ふららと旅行してるのに早朝出発じゃない。

ぴ:「もう、出発しないの?」

ふ:「大丈夫、大丈夫」

時間の管理ができない適当ふららの大丈夫、大丈夫は

あてにならない。

11時のチェックアウトの時間が近づいてきた

のんびりふららの荷物はまだまとまっておらず。

ピヨに見守られながら急いで荷造り。

バタバタバタと11:00チェックアウト。

ホテルに荷物を預けて身軽に散策。

モノレール一日乗車券で移動だよん。

電車の旅って、自分で調べて乗るから思い出も増えて

楽しいよね。


モノレールを降りて、今日は暑いのでバテルといけないので

タクシーで移動 初乗りは450円 ありがたいね。

東京って710円だったよね。


今回ふららが行きたい場所は

「たまうどぅん」

?????

食べ物?


って思うよね。

世界遺産の場所なんだよ。




ピヨが言うには、行ったことあるって言うんだけど

ふららには記憶がない。

行ったとしても覚えてないのでまた行きたい。

ふららっていつも新鮮な記憶で

旅ができるので幸せな脳をしているのです。

玉陵(たまうどぅん)

簡単に説明すると 

琉球王国の王家、尚氏一族のお墓 です。

行ったことあるような、ないような・・・

ってな感じだったけど


静かな場所で琉球時代にトリップして神聖な気持ちになって

歴史を感じることができてよかった。



首里城は何度も行ってるけど玉陵のスグ横なので

少し寄り道した。

守礼門(2000円札どうなったんだっけ?)の



付近にカマキリがいた。

ふららは、カマキリの不思議な動きにトリコに

なってしましい5分くらいずっと座って見入ってたよ。






首里城の周囲を歩いて駅方面へ。

撮影して通り過ぎようとしたら

おじさんに声をかけられ

「お参りしないの?お金たまるよ」と言われ

天女橋の弁財天堂に急いで手を合わせてきた。



沖縄そばを食べてなかったので、調べていた駅前の人気なお店でと

思ってたら見事に定休日でした。



首里城の敷地は広いし、太陽ギラギラで

2人ともぐったり。

もう1件調べていたお店は、国際通り方面なので

モノレールに乗って移動。

混んでて入れないかなぁと思ったらすんなり入れた。



昼食の混雑時間じゃなかったからね。

ピヨは、のどはカラカラ

「まずは、オリオンビールの生!!」

・・・

売り切れちゃいました。

げぇーーーー


ピヨに店チェンジする?って聞いたら

この店でいいというのこの場所で。

あまりにも、ピヨがかわいそうなので

お店の人に 「缶ビール買ってきて

持ち込んでも良いか」とふららが訊ねると

良いというのでピヨが店から出かけたが

近くに見つからずあきらめて戻ってきた。

しばらくして、注文した

沖縄そば(今回は大東そば)と沖縄焼きそばがやってきた。





半分くらい食べ終わったころ

酒屋さんがビール樽を持ってやってきた。

ピヨは大喜び。

お店で涼んでくつろいでエネルギー補給もばっちり。

次は牧志公設市場をふらり。

ふららは「サーターアンダギー」が好き。

お目当ては 「歩」のお店

ここは、売れ切れたらお店は閉店してしまう。

らっきーなことにまだ、販売していた。

ピヨはお菓子にまったく興味がない。 

ふららは、心の中でガッツポーズ。



735円で9つ入ってる ドーナッツを東京に帰ってから

毎日一づつ、ニコニコしながら食べてたよ。

最高だねOKINAWA(6)

2日目は、たっぷり海の中プラン

朝からたっぷり朝食にデザートも食べて

ご機嫌なふらら。

いつもだったら、レンタカーで好きな海岸に行って

泳いでみたいな感じだけど今回はおまかせプラン。

8:00頃にホテルまで迎えにきてもらい船に乗ってケラマ諸島へ。

風を感じながら船が海上を突き抜ける。

やっほーーい。



青い海青い空が永遠に広がり

テンション上がるなぁ。

バケーション。

那覇の港から約40分ぐらいかな。

ポイントへ到着。



ふららもピヨもダイビングの免許は持ってるが

潜ると耳が痛くなるので今はやってない。

ダイビングメインのポイントなので

スノーケリングには向いていない。

分かっているけど、景色が良くって

のんびりしたかったので申し込んだ。

海に潜るとひんやりして気持ちいい。

船から見える範囲でふららとピヨは自由に泳ぎ。

お魚を観察して、海でぷかーーんと浮かぶ。



この何にもしない感じが癒される。

お昼は船の上でお弁当と味噌汁。

ただのお弁当なのに

泳いだ後のお弁当ってなんておいしいんだろう。

休憩したあと、また別のポイントに移動してと

いう繰り返しをして、全部で3ポイント移動でぷかぷか。

ダイビングじゃないので、ただただぷかぷかしてるだけ。

気持ちよかったなぁ海の風。

遊びつかれて船に揺られながらお昼寝。



港に向かい、ホテルにはPM4:00頃到着。

シャワーを浴び洗い流しバスタブに入って気持ちいい。

少しお昼寝して、ラウンジに向かい

景色を眺めながらシャンパーンなんか飲んじゃったりして。



夕食をどうするか考えていなかったので

ピヨとどこに行こうかと相談して

ガイドブックに乗ってる場所に移動することに。

最南端の乗り物、ゆいレール(モノレール)に乗って移動。




たった一駅なんだけどね。

ずっと乗りたかったのでワクワクしてたんだ。





お店に入って注文すると

おいしい料理が色々カウンターから出てきた。

どうやらとても人気店だったらしく

次から次へとお客がくるのだが全て断わられいた。

予約で満席だったみたい。

ピヨは沖縄焼酎方式でおいしくたくさん飲んでたよ。




夜の国際通りをぶらりと歩いて1時間ほどのお散歩。

また、シャワーを浴びたら

ホテルに帰ってきてお部屋のソファーで二次会。

ふららはブルーシールアイスの紅いもを食べ。


ピヨはオリオンビールを飲んで るるる♪

2人とも疲れて途中で寝てたっけ。

きっと2人とも良い夢だったはず。




最高だねOKINAWA(5)

今回の予約はネットで手配というのに

旅行会社の手配ミスでホテルが満室。

ホテルの変更が3日前というハプニング。

手配ミスが飛行機じゃなくて本当に良かった。


ホテルの変更は結果すごくよかった。

だって、ピヨが大喜びなんだもん。

ロービーはこんな感じ











お部屋は広いしきれいだし。

お風呂場からは、景色が見渡せ

朝風呂は特に気持ちがいい。





ウォークインクローゼットもあるし。

眺望の良い14階で食べる朝食は気持ちがいい。






オープンしてまだ1ヶ月というきれいなホテル。

ラグジュアリーだねぇ。




旅行会社さんのこのような手配ミスなら大歓迎

最高だねOKINAWA(4)

もう、だらだらと色々いっぱい書いているが

これは、まだ沖縄滞在1日目のお話。

沖縄でも、ふららの「○○ちゃん、あーそーぼー」が始まった。

早朝、羽田の飛行場の待合室で

ピヨに「2日目の夜の予定が空いてるるんだけど、
    Nちゃんを誘っていい?」

    (ピヨと同じ職場で働いていたふららの同期)

って聞いたら。

いいよ。っていうので

朝の6:10頃羽田からお誘いのメールを送信。

「今日、那覇に到着するんだけど明日は空いてる?」

まぁ、早朝から迷惑なメールだねぇww

飛行機に乗ってるので返事は受けられない。

レンタカーを借りて助手席のふららがメールを確認すると

(基本メールをを確認するクセがないので到着してすぐ見てない)

N:「その日は、予定が入ってるの。」

そりゃそうだ。

何せ、急なお誘いだ。

そしたら、2通目のメールが到着して

N:「今日はだったら大丈夫なんだけど・・・」

ということで、飲み会決定!!


カヤックから帰ってくる道路は渋滞。

ホテルのチェックインはしなくちゃいけないし

海あがりなので、シャワーしなくちゃいけないし

水着の洗わなくちゃいけないし

レンタカーの返却しなくちゃいけないしと

バタバタバタ。

大慌てで用意して、待ち合わせした居酒屋へ。

ちょっとわかりにくい道で迷子になりながら到着。

久しぶりにNちゃんと再開!!

昔話や色んな話をして3人で大盛り上がり。

それから、焼酎が大好きな人は是非沖縄へ。

沖縄の焼酎のシステムがすばらしい。

焼酎1杯は500円~1,000円

この金額だけだと普通だよね。

何が違うかというと1杯は1合なのだ。

これを注文するだけで、氷、水、湯は無料。

1回の注文の金額で4~5杯楽しめるのだ。

そして、お店の人もだいたいなので今回は通常の一合より多く

ピヨさんはお安く飲めて大満足






定番のゴーヤちゃんぷるは、東京で食べてもあんまりおいしく感じないのに

沖縄で食べるとなんだかおいしい。

ふらら、苦いの苦手だし。

沖縄の季候や風土やらが全部ひっくるめて

良いんだろうね。








もずくなんて、野菜と炒めちゃう。
もずく揚げっていうのもあるんだよ。
もずくは普通、酢の物しか思い浮かばないよね。





沖縄でふららが大好きな食べ物は

「じーまみー豆腐」

沖縄の居酒屋に行ったら絶対注文しちゃう。

ピーナッツで作ったお豆腐。
(焼酎の氷の下に写ってる)

お店によって味や触感が違うので

当たり外れもある。

ふららはこのジーマミーが好きすぎて

家で作ったこともあった。

今なら物産展の沖縄ショップなら東京でも売ってるよ。

冷蔵庫で保存してるのでちょっと硬めタイプが多いかも。

沖縄料理は、沖縄で食べるのが一番おいしい。

だから、沖縄に行っちゃおう。

おいしい沖縄料理を食べながら友達と楽しい時間を過ごす。

幸せなひととき。


いつもこうやって、ふららの急な「あそーぼ」に

つきあってくれる友達のNちゃん。

ありがとう。

お互いとても遠い距離に住んでるのにね。

定期的に会えるっていいね。

また、急に誘っちゃうよ。

遊んでね~。



あなたの街にも「あそぼー」ってあらわれちゃうから
びっくりしないでね

きんぴかトマト

スカイツリーがオープンする数日前


きんちゃんが入院して2週間くらいだったかな

ふららは、何か願掛けみたいなことをしたかったみたい。

なのでトマトを育てることにした。






育てる鉢の大きさが小さすぎたので1週間後

プランターを購入しにピヨに車を出してもらった。

最初の苗を購入狭い場所でトマトさんに1週間待ってもらった。

なので、ちょっと成長している。






これがトマト栽培セット

実はバジルも栽培している





植え替え終了

このときは、まだまだチビッコ



そして、しばらくしたら空にむかって

グングン伸びて花が咲いた。




そして、ちっちゃな実ができた。

しぼんだ花が枯れてぷっくり実がなってるでしょ。
わかるかな?





そして大きなが6つ並んでる。






そして、今日真っ赤になったよ。



もう少ししたらもっとおいしく食べれるね。




ふららの予想を大きく裏切り

きんちゃんはトマトの成長より

もっともっと早く元気になって退院しちゃった。


トマトの実がなるころにきんちゃんは元気になってるんだと

ふららは、意気込んだのにね。

おいおい、きんちゃん。

やってくれるなぁ~。


きんぴかトマトのできあがり。





実は、ふらら 生トマトが苦手だったりする。

最高だねOKINAWA(3)

東京は雨で、まだ 夏って感じじゃないところから

いきなり常夏南国

だから、この太陽ギラギラになじめるかちょっと心配。

マブシィ~

久しぶりの運動だ。

ふららが一番楽しみにしていた。

シーカヤックで青の洞窟に行く

やっほーーい。

防水カメラは持って行ってないので写真は撮ってないんだ。

金曜日の午後ということで参加は

ふららとピヨだけ。

ウエットスーツに着替えて用意OK

前方にピヨ、ふららは後方で出発進行!!

スタッフは1人別のカヤックでアドバイスしながら

海を渡る。

ちょっと良いカヤックだったらしく、舵がついていて

上手だったら便利なのかもしれないが難しい。

片道2km、往復4kmの道のり。

最初は楽しかったんだけど、片道1/3くらいで

だんだん2人とも疲れてきた。

慣れないオール漕ぎ。

進むと楽しいんだけどね。



ピヨと一緒に遊んでるっていうのがたまらなく楽しい。

スタッフのおじさんが、忘れ物したっていいだした。

せっかく1/3くらい進んだのにカヤックで店へ戻って行った。

なので、ピヨと2人で広い海を

目的の洞窟にむかってかけ声しながら

「イチ ニー イチ ニー・・・・」って漕いでたよ。

スタッフは上手なのでしばらくしたら戻ってきた。

どれくらい漕いでたんだろうか40分ぐらいかな。

洞窟が近づいてきた。

洞窟横の砂浜にカヤックを置いて休憩。

スタッフが用意してくれた飲み物が疲れた体に

しみわたりとてもおいしい。

少し休憩して、スノーケリング。

海に入りたかったんだよね。

ざぶ~ん。

気持ちいい。

海の中をのぞくとお魚が泳いでる

それでは、洞窟探検だ!!

まぶしい外から真っ暗な洞窟はなかなか目が慣れなくて

ちょっとなんだかぼーっとする。

そして、ここは人気スポットとなってしまっているので

ここは、渋谷ですか?というくらい大渋滞。

でも、大量ツアー客がひと段落してのんびりしていると

誰もいなくなった。

洞窟の奥はほとんど光がささずに真っ暗でこわい。

ピヨの手を握り一緒に進む。

そして奥からUターンして洞窟の入口付近にもどると

青の洞窟といわれる光景があらわれた。

ピヨと2人で感動した。

言葉ではうまく表現できないし写真でも動画でも

現すことのできない青い光だった。

ミルキーな青い光。

たまらなかった。

ピヨと一緒に見れた青い光。





今回は、日程的に午後からとなってしまったが

本当は午前からの方がもっとキレイに見えるらしい。

それでもきれいだったよ。

沖縄は、また行きたいと思う場所があまりにも多すぎる。

だから、ふららとピヨは沖縄に魅せられて何度も何度も

行ってしまう。



最高だねOKINAWA(2)

やっほーーい。

出発だぁ~。


東京は、雨でした。

今回、手配できた飛行機の便は始発から2本目

集合時間はやっ。

遊びのときの早起きは問題ナシねぇ。

今までは、空港付近の駐車場会社に予約したんだけど

最近かな?空港内の駐車場がとても安くなったんだよね。

1日1,500円で駐車できちゃうのだ。

問題は、予約ができないこと
(数台は予約場所あるんだけど空きがない)

どれくらい混んでるのか使用したことがないので

ちょっと心配だったのと空港内の道路が

難しそうだったのでピヨとあっちだぁ~こっちだぁ~。

と朝からワイワイしておりました。

早朝すぎるので、高速も混雑してないし駐車場もガラガラ。

無事に到着して二人ともほっとした。

早く到着しすぎて、空港施設に鍵がかかってたので

車でゴロゴロ一休み。

手続きして、飛行機に乗ってAM6:20 羽田をぶ~ん。

一眠りしたら、AM8:45に那覇到着

暑いぜ沖縄。

沖縄の空港に到着すると空気が違い沖縄を肌で感じる。

いつもこの瞬間が大好き。

今回、ふららがどうしても行きたい場所があった。

それは、「青の洞窟」

昔は、一部の人にしか知られてなかったんだけど

今は一般の人も簡単に参加できちゃう。

昔は、ふららもピヨも海に潜ったりしてなかった。

そのときに、真栄田岬(まえだ)というところに

洞窟があってとてもきれいだという噂は聞いていた。

なので、昔行ってみた。

すごい崖を降りて少し泳いで行くとあるらしいという噂だけで。

崖を降りたはいいが、すごい波で海に入ってみると

「やばい死ぬかも」と感じたのでふららとピヨは退散した。

その後も、ツアーに入ったが天気が悪くて洞窟には行けない。

なんてことがあったのだ。

だから、その場所にどうしてもふららはピヨと行きたかったのだ。

この場所のツアーは、空港には迎えにきてくれないので

レンタカーを手配してドライブすることに。

沖縄の道路って空いてると思ったら大間違い。

渋滞だらけなのだ。





日焼け止めを購入してたのに持ってくるのを忘れてしまい

ドラックストアに寄って購入し

沖縄で飲むとおいしい「さんぴん茶」(ジャスミン茶)も

購入してるるるるるん♪





ふららは、「おきなわぜんざい」(カキ氷)が大好きなので

甘いものに興味のないピヨの付き合ってもらい

ガイドブックに乗ってるお店に向かった。

ふららが今のところお手軽で好きなお店は富士家

そのほかにもふらっと入ったお店でおいしいところも

色々あったんだけど忘れちゃった。

今回は、ガイドブックに掲載されてた

読谷村のぜんざいやさんへ。

ふららがどうしても食べたいと言うもんだから

ランチ前だというのに、食べに行ったよ。

車のクーラーで体が冷えており

食べる順番を間違ってしまった・・・

泳いだ後にすればよかった・・・

なんて思いながら店を後にした。





白玉あずき入りのカキ氷が甘すぎずで素朴で

ふららはこれが大好きなのです。

(今回のお店はちょっと甘すぎたんだけどね)

バカンス気分を味わいたくて次は海を見ながらのランチ。

レンタカーのカーナビの案内があまく

ちょっと行き過ぎるとアチコチ遠回りさせられ

やっとの思い出店に到着した。

いつもだったら、沖縄に到着したらまずは、

沖縄そばを当たり前のように食べていたんだよね。

今回は、いつもと違うプランで考えたふらら。

そしたら、想像してた以上にステキングなお店

ピヨが喜ぶ喜ぶ。

青い空、青い海、テラスで飲むオリオンビール。

ロケーションがすばらしくて、ここは地中海ですか?

ってな感じで、ピヨがとってもとっても機嫌なのです。

ピヨが喜ぶとふららは、もっとうれしいので

ふららもご機嫌ご機嫌。







島野菜とエビの冷製パスタ(海ぶどうも入ってたよ)

と近海魚のソテーとパイのミルフィーユ


また、このお店に行きたいなぁ。






最高だねOKINAWA(1)

ちょっと、短いバンバンバカンス

4月からピヨと休暇がほとんど合わず、

お休みが一緒でも、ピヨは仕事で疲れてるし、

お勉強もいっぱいしなくちゃいけなくて、

ふらら、遊べなくてパニックパニック。

大変なのはわかってるけど、つまんない

つまんないとふてくされておりました。

ピヨも新しい仕事に慣れてきて

休みの調整も少しできるようになって、

ちょっと短いけど3日間休暇を取ることが

できたのだぁ~ パチパチパチ

楽しむぞぉ~。

ピヨの休暇が決定してネットですぐに検索。

数週間前の予約だから飛行機の便もほとんど埋まっていた。

色々検索して、良さそうなホテルと飛行機も無事に予約完了。

結局、いつも予約してる旅行会社で手配。

行くと決ってからは、なんだか楽しい。

今度、沖縄の時に何を着ていこうって

どんな格好がいいかなぁなんておしゃべりしながら

買い物に行ったり、なんだかおだやかな時間。

ここ数年は、週末になったらどっか遠くに

ドライブしたりと行動的な感じだったからね。

普通の人になった感じww


いつもだったら、沖縄は4,5日間して

リゾートホテルに宿泊してレンタカーっていうのがパターン。

今回は沖縄なのに3日間。

それでも、ふららは遊ぶのだぁ~。

めっちゃ遊ぶのだぁ。

と、いうわけで都市滞在というプランを選択。

もう、何度も大好きな沖縄に行ってるのに始めて。

ちょっと、不安な感じもするが新しいことは楽しみ。


旅行日の3日前、ピヨの携帯に旅行会社から連絡が
(ピヨの名前で予約したので)

担当者:「ホテルの手配がこちら側のミスで予約できていませんでした
     ホテルの変更のお願いをしていただきたい・・・・ 」



家に帰ってから、ピヨからこのことを聞かされた。

ホテルの変更は、ゴネても仕方ないので

ホテルの変更を受け入れた。

そんな、ギリギリの変更にワナワナもしたが

ピヨと一緒に遊びにおでかけだーーーい。

ワーーーーイ!!


自分が思ってる以上に・・・・(2)

えっ、1回目ってことは2回目も?

そうそう、2回目は5月26日(土)

4日しか過ぎていません。

ピヨと一緒にどうしても行きたかったのね。

ピヨさんは、メンドクサガリなので

混んでるとなんか行きたがらない。

仕事も大変で疲れ果ててるしね。

良い返事がなかなかもらえない。

でも、ふららは遊びたい。

土曜日の朝、ピヨのご機嫌をうかがいながら


ふらら:「ねぇ、お昼食べにでスカイツリーに行こうよ」

ピヨ: 「・・・・・・」



    「いいよ」

そんなわけで、今風にいうと

ポタリングしてきました。

=『自転車での散歩』


オープンして初めての週末

どれぐらい混むかわからない。

なんとなく、朝起きて

遠出の自転車散策。

到着したら、店内はたくさんいた。

それでも、11時頃だったので

本当の混雑の一歩前。

昼食難民にならないようにレストランへ向かう。

こんなに、スカイツリースカイツリーと

ワイワイ言ってるがどこにどんなお店があるか

まったく知らないし、調べもしてない。

でも、報道されてるテレビはなんとなくみてる。

とりあえず、天空レストランみたいなのがあったのを

思い出した。

エスカレーターに乗ろうと思ったら

誘導員がいて、エスカレーターでさえ

アトラクション待ちのような状態。

でも、少し待っただけですぐに案内された。

このエレベーター、とても静かで早い。




30階スカイツリービューからの眺め↓(地上150m)





↑ なんかミニチュアな世界
タワーとプラネタリュウムが見えたよ


とりあえず、昼食、昼食。

混んだら大変。

景色の良いお店を見つけたので
とりあえず こちらのお店に。
イザーレ シュウ チエロ
えーっと、こんな写真しかありませんでした。

Bコースでいろんな料理が出てきたよ。





予約してなかったので窓際の座席ではなかったけど
天井が高くて大きな窓から見える空の景色は
最高に気持ちがいい。
ひさしぶりにピヨとゆったりした食事ができたので
2人ともご機嫌。

夜は、30,31階は用意したほうがいいかもしれないけど
ランチは下町価格でリーズナブルだよ。

1~4階のお店はとても混んでたけど。
天空エリアはすぐに入れるので行ってみて。

料理を食べなくても30,31階からの景色は最高だから。
眺めにくるだけでもとてもいいよ。

新宿や港区のような景色とは違って
空間が広がっていつもの景色とちょと違う。
東京をすべて見渡す感じ。

午後を過ぎるとすごいたくさんな人。
ピヨと色んなお店やブースをめぐって楽しかった。
いっぱい歩いたなぁ。
それでも、まだまだ見てないお店はたくさん。
また来るね。



帰り道自転車で移動して水辺に移動。





ふららは、ソラマチで購入した
スティック焼きドーナッツを食べ
ピヨは 元気になる水分を補給して
そんな休日でした。




ふららは、スカイツリーのことが自分が思っている以上に好き。

ふららが大好きなのは
東京タワー
富士山
そして、もう一つ増えた。

ふららはスカイツリーが好き。

みんながカメラを持って、天を見上げ
でっかさに感動して
またカメラで撮影してニコニコしている。
その姿を見るのが好き。

みんなバラバラで生きてるけど
このタワーを見るとみんなが天を見上げる。
なんか、それってステキング。

この建物には日本の技術がいっぱい詰まっている。
それだけで、うれしくなる。
自分が建てたんじゃないけど
「すごいでしょう」って自慢したくなる。

昭和33年の東京タワー建設のときに
自分の親世代が何かを感じたように
ふららも、スカイツリーと共に
色々なことを思い出しながら人生を楽しみたい。
ピヨと一緒に楽しみたい。




2回目の数日後、ピヨと3回目の散策に
行ってたりするのです。
夜景、キレイだよ。
やっぱり、好き。

自分が思ってる以上に・・・・

どうやら、自分が思っている以上に

スカイツリーが大好きです。

そんなに好きだったのかと、自分でびっくりです。

5月22日のオープンの日は、行く予定にはなっていなかった。

ピヨを夕方誘うと、気持ちよく断われた。

大雨だったし、平日の火曜日だし、仕事だったし、

テンションあがらないし。

普通ならふららは、行かない。

ピヨが行かないんだもん。

でも、ふららの中のワクワクがとまらない。

どうしても、オープン日に行きたい。

そんなわけで、1人でタワーへ仕事帰り向かったよ。

別にふららの家からタワーはとても近いわけでもない。

駅を降りると人がたくさん。

ショッピングタウンの1F,2Fだけをささっと見た。

それだけで、ふららは満足。

楽しみはピヨと一緒に。

タウンから外に出ると風は強いは、大雨だはで

写真撮影どころではない。

とってもでっかいので、空を見上げての撮影なんだけど

大量の大粒の雨が降ってきて傘も風で引っ張られ

必死に撮影したのがこれ↓






せっかく、ここまで遊び来たのだから

ピヨにお土産と思ったが、ピヨさん

お菓子にほぼ興味がない。

有名パテシェ本人が来ちゃったりして

お祭りさわぎだ。

なんだか、不景気な世の中。

みんながワクワクしている姿をみるのは

幸せな気持ちになる。

そうそう、ピヨさんのお土産はこれにしました↓








↑ 10切 634円 の銀鮭

やすっ。

なんか、かわいくないお土産。

この金額はスカイツリー634mということで。

「むっさしおがきいてるから」ではありません。
あっ、レ子さん、鮭は減塩でした。


その他、かわいくないお土産を色々買って参りました。

そんな1回目の5月22日(火)スカイツリー訪問。



今日は6月6日なので、AKBの第4回総選挙
誰のファンでもないのに思った以上に興奮している。
変なテンションでテレビを見ながら朝食中ピヨに
AKBのことをしゃべってた。

ピヨ:「興味ないし・・・」



以上

ピシャリと言われ無口で朝食をすませました。

「金星の太陽面通過」は雨曇りで
何もなかったことになってます。

春ですね スキーに行きましたね

さーて、なんでしたっけ。

そうそう、スキーに行ってきました。



2月・・・・に  エヘヘ

あぁ、みんな知ってたか。

(3月末に書いてた途中のブログ
 この時点で書くのが遅れてる)


今回の内容、色々思い出しながら

かなり脱線しながら思い出したことを

書いちゃってるので読みづらいけどごめんね。

最初にペコリしておきます。

そうそう、コチラを↓を見てください。

遊ぼオバケ襲来! その壱
遊ぼオバケ襲来! その弐
遊ぼオバケ襲来! その参
遊ぼオバケ襲来! ラスト(phあり)

shinとハニーにお世話になって

とっても楽しい時間をすごしたんだよ。

shinの運転は、おっとこまえで

ピヨがすごい、帰ってきてからほめてたもん。


11月になんだかピヨが「久しぶりにスキーしたいなぁ」と

勝手に1人で目をキラキラしながらふららに話しはじめた。



ふららは、昔、スキーのフルセットを持っていたものの

ほとんど使うことなくピカピカなまま眠ってしまった。

このフルセットは、まだピヨと親しくなり始めのときだった。

ピヨ先輩に

「スキーを購入したいので休日に買い物に付き合ってください」

ということもできないくらい初々しい

先輩と後輩の関係だったときだったなぁ。


ふらら後輩からは、言い出せず 

ピヨ先輩が、気さくな感じで

「週末ヒマだから、ついていってあげるよ」って

言われたんだった。

このとき、めっちゃうれしかったんだよね。

恋愛って感じではなく、憧れの先輩と思って

接してたんだけどね。


内容が脱線したが

スキーは、10年以上前に数回

行ったぐらいの実力で。

初心者っていうことなのです。

ピヨとスキーに行ったのは

会社の仲間と一緒に行った1回キリだったかも。

ピヨは、スキーは上手らしく

スキーには、飽きたということで

その後は、ふららと一緒にスノボーしか

しなくなったんだよね。

スノボーの2人の実力は

シーズンに1,2回程度って感じだよ。


ふららは、スキーの実力がないので

ピヨが目をキラキラしてスキーをしたいと

いわれても、全然ワクワクしなかった。

それでも、ピヨが楽しそうな顔をしていることは

ふららも一緒に楽しみたい。

そんなときにちょうど、ステキな集まりがあった。

そこに、shin&ハニーも遊びに来ると

いうことなので、ひらめいてしまった。

長野に行くので、スキーして一緒にあーそーぼー。

そう、ふららがあそぼーーってひらめいてしまったら、

それは、一緒にいる人もとても楽しいこと。

だから、みんなで遊ぶのだの法則。

うわぁー勝手ぇ~

巻き込まれちゃった人は一緒に楽しんでちょ。

このとき、一緒にスキーしたいよーーって

言ってた仲間もいたのにごめんね。

今度は、みんなで行ける方法もみっけたから。

11月にひらめいて、年末っていうことと

お互いの日程の関係で2月だったね。

そのあいだ、ふららは打ち合わせの連絡もすることなく

数週間前になって動き始めてたね。

行きは新幹線、バス、スキー場直行バスと色々な手段があるが

いっぱい遊びたいので夜行スキー場直行バスに乗って行くと

決めたんだよね。

オススメのホテルを予約した。

宿泊内容も確認せずにね。

だから、shin&ハニーの部屋の格差のすごいこと。

金額は、そんなに変わらなかったのにねぇ。

ふらら&ピヨの部屋も値段以上の部屋なので

通常でいうとお得な部屋だったんだけどね。

ハニーが上手に調べた結果 ラグジュアリーだったのね。

その差があまりにも楽しくて

おなか抱えて大笑いしたのでまぁいっか。


最近、スノボーに行くってなったら車で行くことはなかった。

新幹線、飛行機、電車 。

宅急便で荷物を送ったりと面倒だった。



ふららは、スキーができないので不安だった。

shin&ハニーと行く前にちょっと練習したいなと思ってた。

スキーウエアを購入したときに

スキー場のパンフレットを手にとっていた。

そのパンフレットは、バスツアーだった。

なんか、ふららの中で

あんまり良いイメージじゃないバスツアー。

でも、車で行くのはちょっと怖いのと

何回行くかもわからないために10万位出して

スタトッレスを購入する気にもならい。

急に思い立って予約できるのはバスツアーだけだった。

そんなわけで、1月半ばに1泊2日でスキー旅行。

そしたら、このバスツアーがとても楽チンで

スキーのレンタルもついてるし、金額も安いしと

いいこと尽くめ。

朝出発で1泊して昼過ぎスキー場を後にして帰宅。

楽チン楽チン。

ここまでが3月末に書いた内容

このだらだら書いたブログの続きが
何だったかわからないが
とりあえず放出。
スキーって楽しいので
またバスで行くよってこと。
みんなで、行くよってこと。

shinとハニーにありがとうっていうのを
伝えたかったんだなぁ。
めっちゃ楽しかったんだもん。



春ですね夏が近づいてきましたね スキーに行きましたね
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふらら

Author:ふらら
♀x♀
ふらら、ピヨのことが大好き
*・;・^;・:\(o^▽^o)/:・;^・;・*
ふらら :年下
ピヨ  :年上

Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
カテゴリ展開メニュー
  • はじめまして(5)
  • ふらら年表(1)
  • ピヨとの出会い(6)
  • 出会いそれから(5)
  • 家族(24)
  • 思い出してみよう(24)
  • 日常(272)
  • おでかけ(179)
  • 山(9)
  • ひとりごと(50)
  • リアルタイム(18)
  • この指とまれ(100)
  • 趣味の一覧表(0)
  • 未分類(2)
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター アクセス
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
メール追加してみました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。